ジストニアやステージフライトでも楽しく!「気持ち」が大事なワケ

こんにちは。

ステージに上がる音楽家のためのパーソナルトレーナー進藤浩子です。

 

ジストニアやステージフライトの方が、楽しく気分良くいることって大事です。

そんなもんで変わるわけない!気分なんて動きに関係ないと思いますよね?

ところがどっこい、気持ちや考え方は脳や体に大きく影響します。

 

ニセ薬でよくなるプラシーボ効果

全く効果のない錠剤を「これは痛み止めです」「解熱剤です」と言って飲ませると、本当に痛みがなくなったり熱が下がったりします。

感染症のマラリア熱でも、薬がなくて薬と言って飲ませたら、良くなったという話があります。

ニセ薬を薬と思って飲む、気の持ちようや考え方が、体に強い影響を与えます。

プラシーボ効果はプラセボ効果とも言って、有効成分が含まれていない偽薬によって、症状の改善が20~30%の人に見られます。

理由は明確になっていませんが、エンドルフィン(快楽物質)の分泌が増加し痛みを抑え、気分をリラックスさせ免疫力を活性化させる、と考えられています。

 

期待や暗示から 脳内物質を変化させたり自然治癒力を上げます。

新薬の効果判定は、プラシーボ効果を考慮してそれを上回らないといけない、それくらい効果は大きいです。

病気に感情は関係ないと考えられていますが、動きの改善にも大きく関わります。

 

ジストニアでも楽しく

指のジストニアは、病理学的には原因はわかっていませんが、楽器を弾くという行為で起こります

真面目にレッスンしてきた人ですから、ジストニアになるとショックですし、焦りや不安も大きいのも当然です。

病気を忘れて、楽しくいること、幸せを感じることは大事です。

音楽家のフォーカルジストニア

 

思うように弾けないのに、楽しんだり幸せに思うなんてなかなかできないでしょう。

それでも、おいしいものを食べたりおしゃれを楽しんだり、たくさん笑うことをおすすめします。

精神的なものは動きに関係ないと考えがちですが、無意識のうちに脳や体へ大きく影響します。

 

癌など重い病気でも、心の持ちようは痛みの大きさに影響し、笑うことは精神的にだけでなく治癒力も向上させます。

病気の悲しみや辛さがあるからこそ、今を楽しく幸せに生きることは大きいですし、経過にも影響します。

 

なんの病気でも「やっつけるべき敵」「病気との闘い」ではありません。

動きの異常や痛みは、気持ちやレッスンのやり方や動き方が、本人にとって負担があることが、脳や動きの神経、筋肉に出てます。

 

自分の体に表れる異常は、本人に負担があったことを教えてくれています。

手が動かない自分はダメ、克服すべきと考えるより、傷めたことを受け入れ、弾けない自分を受け入れましょう。

 

自分の気持ちやレッスンなどを見直す機会です。

なぜレッスンしていたのか、どんな気持ちでレッスンしていたのか、どんなレッスンのやり方、手の使い方だったのか。

 

動きの改善にも感情や考え方が大きく影響します。

不安や恐れがあってもそのままにしておいて、病気よりも、自分を幸せにするものに目を向けてみてください。 

いい気持ちで楽しくいる方が、改善しやすくなったり、どの治療が自分にいいのか自分に合う治療法を選択できます。

ステージ恐怖症やジストニア

ステージ恐怖症や様々な恐怖症、腕や脚などのジストニアで、恐怖心や症状を抑えようとしてしまいます。

本能的な恐怖をコントロールしようとすることは、さらなる葛藤を生みます。

 

体は怖い、動くな、というサインを出しているので、ダメと思ったり自分を責めたりするより、自分が安心することは大切です。

(ちなみに不安や恐怖をコントロールするのではなく、自然なものとして症状を受け入れ、葛藤を起こさないようあるがままでというのが森田療法です。)

 

自分でわからない怖さの原因を根治することで、本来の能力を開花させることができます。

私が恐怖症の方に薬の治療をおすすめしない理由です。

ステージフライト、パーツのジストニア回復編

 

心の病と薬

うつ病の人は脳内のセロトニンが減少しているので、セロトニンをコントロールするSSRIという薬が第一選択です。

 SSRI ≫あがり、恐怖症に使われる向精神薬

薬で脳内物質をコントロールしているだけだと、軽くはなっても、すっかり完治はしません。

 

うつ病になるということは、本能的に心身がいやだと悲鳴を上げている状況です。

仕事とかに行きたくない、でも行かなくてはならない。

でも頭では、人に迷惑をかけてはいけない、仕事しなければならない、行けない自分を責めてしまいます。

 

根底に「自分は〜せねばならない」「ダメな人だと思われてはいけない」という思い込みがあって、真面目な日本人は時に過労死してしまいます。

自分の思い込みに支配されているので気づけませんが、体はサインを出しています。

 

体は、私達が考えるよりも深い心理を映し出します。

根治は、うつ病になった原因を排除すること、つらい仕事に復帰なんてせず、自分が幸せと思える生き方をすることです。

根底が覆ることで、薬でなくても精神的な病いは良くなります。

 

そうすることで、その人にとって本当に有意義で幸せな人生を歩めます。

このことは、精神科医の泉谷閑示先生の本にもかかれています。

『クスリにたよらなくても「うつ」は治る』Amazonへ

 

体と心、切れ離せないから、感情は大事

体の症状や指の動きにくさは、自分では気づかないところから起こる神経系のしわざです。

私達は体と心を切り離して考えてしまいますが、体と心は、切り離せない、一心同体です。

動きや恐怖症の改善に、感情は大事、楽しい気分でいることは、いい方へ向かいやすくなります。


💌メール講座
音楽家のためのメンタル講座「自分を好きになる」

《ミュージシャンボディトレーナー進藤浩子》

ステージに上がる音楽家のためのパーソナルトレーナー

思うように動かせない、痛みや悩みを抱えている音楽家の方が、

動きを回復して能力を発揮し続けるよう、支援しています。

19年医療に従事したのち音楽家専門のフィジカルセラピストに。

バイオリン、ピアノ、トランペット、アコギ歴。

趣味は、大人から始めたクラッシックバレエ、英会話

詳しくは プロフィール

 ページ先頭に▲