腱鞘炎、ジストニア、音楽家の病気が教えてくれるもの

こんにちは。

ステージに上がる音楽家のためのパーソナルトレーナー、進藤浩子です。

 

手が痛い、ジストニアで思うように動かせなくなった、声が出せない、どこか痛くて満足に弾けない…

痛くなったり動かせなくなって、初めて体を意識します。

 

そして、この痛みは消したい、病気なんてイヤ、逃れたいと思います。

「演奏家なのに動かせない手はダメ」痛みがあることや病気である自分にダメ出しをしてしまいます。

痛みの意味

例えば、胃が痛いと感じたとします。

胃がなんとも不快な感じ、これはよくない、この症状を消し去らなくては。

胃薬がないか探して、なければドラッグストアに買いに行って飲みます。

 

症状は軽くなってヨカッた。これでまた食べれる。よしよし。

でも胃の痛みを起こした原因があったはずです。

食べ過ぎとか消化のよくない物だったり、精神的な負担だったかもしれません。

 

胃痛でも何の病気でも症状を消すより、原因を改善することが必要ですよね。

症状をあってはならないものと考えて、原因をそのままにしてしまいます。

どんどん原因と傷が大きくなってしまう可能性があります。

 

人は動きにくさを自覚しない

手が痛い、肩がこる、腰が痛い。

人は自分のかたさ、動きにくさを自覚しません。

痛みやこりなどの症状は、あくまで結果です。

 

例えば歌や演奏で動きにくいと無自覚で力んでしまいます。

結果、手や喉が痛くなります。

腕が疲れ、続けてしまうと筋炎や腱鞘炎を起こします

 

ゆっくり、普段の何倍も遅いテンポで動かしてみてください。

色んなことに気づけます。

 

肩がこったり腰が痛い時、対症療法をとりがちです。

コリや腰痛はあくまで結果で、かたくなったり負担がかかって痛みが出ます。

原因が姿勢、楽器の構え方や、スマホなど生活習慣の中にあったり、じっとして動かなかったせいもよくあります。

 

体がかたくならないようにして、コリや腰痛を起こしにくくすることはできます。

焦り、プレッシャーがあったり緊張したり、精神的な負担も手や体をかたくします。

 

病気や痛みが教えてくれるモノ

私たちは、痛みや思うように動かないという体の合図で、体の異変に気づきます。

症状は、体や心に負担があると言う体からのサインです。

動き方、姿勢、その時の気持ちに、自分では自覚できない負担があったはずです。

 

あなたが過去、痛めたことがあったら、その時の精神的、身体的な状況がどうだったか、思い出してみてください。

痛みや病気は、自分の動き方や生き方を見つめる機会です。

 

腱鞘炎でもジストニアでも、演奏家なのに早く動かせない手はダメ、病気の自分はダメと思わないでいてください。

演奏できなくなっても、自分を責めない、自分に厳しくしないことが大事です。

自分が安心していることで、身体的にいい方向に向かうことができます。

 

病気や痛みは、自分がよりよい方へ行けるよう道を示してくれるもの。

自分を思いやり、いたわる気持ちを持ってください。


音楽家のジストニア 、なぜ指が動かせなくなるの?

💌メール講座
音楽家のためのメンタル講座「自分を大切にする」

《ミュージシャンボディトレーナー進藤浩子》

ステージに上がる音楽家のためのパーソナルトレーナー

思うように動かせない、痛みや悩みを抱えている音楽家の方が、

動きを回復して能力を伸ばし続けるよう、支援いたします。

長年医療に従事したのち音楽家専門のフィジカルセラピストに。

バイオリン、ピアノ、トランペット、アコギ歴。

趣味は、大人から始めたクラッシックバレエ、英会話、カラオケ

詳しくは プロフィール

 ページ先頭に▲

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)