腱鞘炎、ジストニア、音楽家の病気が教えてくれるもの

手が痛い、思うように動かせなくなった、声が出せない、どこか痛くて満足に弾けない…

普段私たちは、自分の手や体を意識することなく動いて生活をしています。

痛くなったり動かせなくなって、初めて体を意識します。

 

そして、この痛みは消したい、苦しみなんてイヤで逃れたいと思います。

「演奏家なのに動かせない手はダメ」痛みがあることや病気の自分にダメ出しをしてしまいます。

痛みの意味

例えば、胃が痛いと感じたとします。

胃がなんとも不快な感じ、これはよくない、この症状を消し去らなくては。

胃薬がないか探して、なければドラッグストアに買いに行って飲みます。

 

症状は軽くなってヨカッた。これでまた食べれる。よしよし。

でも胃の痛みを起こした原因があったはずです。

食べ過ぎとか消化のよくない物だったり、精神的な負担だったかもしれません。

 

胃痛でも頭痛でも症状を消すより、原因を改善することが必要ですよね。

症状をあってはならないものと考えて、原因をそのままにしてしまいます。

どんどん原因と傷が大きくなってしまう可能性があります。

人は動きにくさを自覚しない

手が痛い、肩がこる、腰が痛い。

人は自分のかたさ、動きにくさを自覚しません。

 

例えば歌や演奏で動きにくいと無自覚で力んでしまいます。

結果、手や喉が痛くなります。

腕が疲れ、続けてしまうと筋炎や腱鞘炎を起こします。

 

腱鞘炎でもジストニアでも、演奏家なのに早く動かせない手はダメ、失敗してると思わないでいてください。

ゆっくり、普段の何倍も遅いテンポで動かしてみてください。

色んなことに気づけます。

 

肩がこったり腰が痛い時、対症療法をとりがちです。

コリや腰痛はあくまで結果で、かたくなったり負担がかかって痛みが出ます。

原因が姿勢、楽器の構え方や生活習慣の中にあったり、じっとして動かなかったせいもよくあります。

 

体がかたくならないようにして、コリや腰痛を起こしにくくすることはできます。

本番で緊張していたり、プレッシャーなど精神的な負担も手や体をかたくします。

病気や悲しみが教えてくれるモノ

無痛症と言う痛みを感じない人がいます。

子供が傷だらけだったり、大人の人で友人がいないそうです。

無痛症だと、人を傷つけることを言ってしまうことが自覚できないらしいです。

 

体や心の痛みを感じることは、自分のためだけでなく人の痛みがわかることにも必要です。

辛い思いや不自由な思いをしている人の気持ちや、家族を亡くした人の悲しみなどを理解することができます。

生きているとポジティブなことだけではなく、大人になるにつれて悲しみ、苦しいことを避けて通れないことがわかります。

 

裏のないコインが存在しないように、悲しみや辛さがあるから本当の幸せや喜びがわかります。

思うように動かせない辛さは、普通に動けたり演奏できることのありがたみや幸せに気づけます。

 

極端な例になりますが、愛する人がいなくなる悲しみは、愛する人が存在するという幸せです。

ネガティブな出来事や感情は人にとって当たり前なことで、消さなくてはならない感情ではありません。

 

私たちは、痛みや思うように動かないという体の合図で、体の異変に気づきます。

それは、体や心に負担があると言う体からのサインです。

人の体は機械ではなく、センシティブな心を持った人間ということでしょう。

 

もしあなたに異変が起こったら、その時の精神的なストレス、身体的な状況がどうだったか、思い出してみてください。

病気は自分や体を見つめる機会です。

 

病気を災難に感じてしまいますが、敵とか病魔と見なさないでください。

たとえ癌など重病であっても体は戦場ではなく、自分の体に勝ち負けはありません。

病気に負けたから死ぬのではなく、病気であってもなくても何らかで誰でもその時が来れば死にます。

 

体の一部が失われることがあっても、自分を認め受け入れることで痛みから抜け出せます。

障害者の方がパラリンピックに出たり社会活動をされて、「障害は自分への贈り物」と言う発言をよくされます。

絶望から自分を受け入れることで、自分らしく人生を高められることを教えられます。

 

痛みは、自分がよりよい方へ行けるよう道を示してくれるもの。

痛めているのに、病気の自分はダメだと自分を否定しないでください。

自分をいたわる気持ちを持ってください。

 

この記事はメール講座「歌や演奏しやすい体 〜音楽家が痛めない秘訣」

「第3回 思うように奏でられない、痛みはサイン」の拡大版です。


無料メール講座
📩「思い通りに奏でやすい訳 〜音楽家が痛めない秘訣」

📩「音楽家のための腰痛、肩こり講座」

《ミュージシャンボディトレーナー進藤浩子》

ステージに上がる音楽家のためのパーソナルトレーナー

思うように動かせない、痛みや悩みを抱えている音楽家の方が、

動きを回復して能力を伸ばし続けるよう、支援いたします。

長年医療に従事したのち音楽家専門のフィジカルセラピストに。

バイオリン、ピアノ、トランペット、アコギ歴。

趣味は、大人から始めたクラッシックバレエ、英会話、カラオケ

詳しくは プロフィール

 ページ先頭に▲

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)