『演奏不安・ジストニアよ、さようなら:音楽家のための神経学』紹介動画と目次

おちら『演奏不安・ジストニアよ、さようなら:音楽家のための神経学』

2022年3/22に、春秋社さんからいよいよ発売されます♪

 

動画で内容をざっくり説明してます♪

Amazon↗に項目が載っていないので、こちらに挙げます。

紹介動画

本の内容についてざっくり話しています。予習にも。

1’10”  1章、音楽家に起こる解決しづらい、理解できない症状

3’30”  2章、身体と心理を理解する神経学、ポリヴェーガル理論

9’00”  3章、なぜ、音楽家がそのような問題を抱えるのか?

11’45”  4章、改善について

13’56”  5章、見えない心理的負担に苦しんだ音楽家、ミュージシャンの症例

項目

第1章 音楽家が抱える問題 自分をコントロールできない

1 本番が怖い あがりとステージ恐怖症
2 演奏部位を動かせない フォーカルジストニア

・指のジストニアの病理
・歌手の発声障害
・スポーツにおけるイップス

3  がんばって克服しようとする音楽家 熱心に練習する
4 自制が効かない うつ病やアルコール依存症など

 

第2章 心理と身体を理解する神経学「ポリヴェーカル理論」

1 恐怖で動けなくなる反応がある
2 「ポリヴェーカル理論」、神経学
3  自律神経の三つの階層

(1)安全なとき「腹側迷走神経系」

・腹側迷走神経系の役割
・見る、聞く、声と生理状態
・顔と心臓をつなぐ腹側迷走神経複合体 ほか

 

2)危険なとき「交感神経系」

・交感神経系が亢進すると
・環境のリスク評価
・聴覚の重要性 ほか

 

(3)極度の恐怖状況のとき「背側迷走神経系」

・消化器と背側迷走神経複合体
・あがりとステージ恐怖症
・自制が効かなくなる、依存症
・ステージ恐怖症の本質
・恐怖が大きくなるわけ

 

4 ポリヴェーカル理論で身体を理解する

・出来事よりも反応―反応は正しい
・自律神経と免疫系、内分泌系―恒常性と疾病
・迷走神経刺激療法ー電気治療との違い ほか

 

5 動きの神経メカニズム

・姿勢と動きのコントロール
・動きを身につける
・演奏の神経制御

 

6 音楽と脳

・よいフローと危険なフロー ほか

7  鰓弓から発声へ

第3章 音楽家の脳に隠れている傷 歌や演奏を妨げるもの

1 音楽家が受ける心理的な傷
2 記憶にないトラウマ
3 脳に閉じ込めた傷み
4 意識しないところから起こる症状
5 知っておきたい心理的な障害

・社交不安障害・パニック障害・インポスター症候群
・急性ストレス障害・心的外傷後ストレス障害
・愛着障害・摂食障害

6 意識的なコントロールは効果がない

第4章 音楽家のリラクゼーション 心と身体のレッスン

1 音楽家の回復とは
2 リラックスの方法

※QRコードで、実践動画が見れます^^

第5章 音楽家の苦悩 見えない心理的負担による病い

1 27年間ステージ恐怖症だったバーブラ・ストライザンド
2 拒食症で夭逝したカレン・カーペンター

 スターにおけるメンタルケア

3 腱鞘炎で100以上ものコンサートをキャンセルしたランラン
4 大ブレーク後、吃音が直ったスキャットマン・ジョン
5 うつ病になり何度も休養したホロヴィッツ

 

出版元の春秋社が、目次を全部載せてくれていました。

こちらは詳しすぎです。笑

Amazonのページはこちら

《ミュージシャンボディトレーナー新堂浩子》

ステージに上がる音楽家のためのフィジカルセラピスト

音楽家の不調を根本的に神経系から改善して、心技体トータルで向上していけるよう支援しています。

19年医療に従事したのち音楽家専門パーソナルトレーナーに。

バイオリン、ピアノ、トランペット、アコギ歴。

趣味は、大人から始めたクラッシックバレエ

詳しくは プロフィール