ボーカルがライブで声が不調なとき、体と喉のケア

私の楽屋トレーナーで意外と需要が多いのは、ボーカルさんです。

ガラガラ声、声が出ないなど喉の不調が起こる原因と、声が出るよう喉や体、歌うためのケアについてです。

gahag-0050118949

ボーカルの声の不調の原因

ライブ等で喉の使い過ぎ

無理な大声を出すと、喉を痛めます。

声の大きさ=呼気圧×呼気流
呼気圧、呼気流を大きくして空気の量が多くなっても、気管の直径(7m前後)や声帯の左右間の隙間の大きさは変わりません。

声帯やのどの筋の疲労、粘膜の炎症などで、共鳴腔が震えにくく響きにくくなります。

対策;声の出をよくする

「発声しやすくなる、あめんぼの歌」

移動

長時間、車中でじっとしていることで、体がかたくなります。

発声は体を使ってするので、体がかたいと胸郭の動きや背中の筋肉の動きが悪く、息が出入りしにくくなります。

腰痛や肩こりも起こしやすく、機内、電車内の乾燥もよくないです。 

風邪、アレルギー性鼻炎など

鼻やのどの粘膜の炎症や、分泌物のせいで響きにくくなります。

咳は、かなりのどに負担です。

酒、たばこ

お酒の席で大声で話すことで一晩でガラガラ声になります。

たばこー論外。

『声の障害~メカニズムと治療法~』

声が不調なときの対策

ガラガラ声対策

・のどを休める。しゃべらない。
・水をチビチビ飲んで潤す。
・ガム、のど飴で唾液を出す。
・マスク、保湿;
タバコやほこりなどはマスクで防塵。
乗り物や冬場の乾燥対策にマスク。

ちなみに、うがいしてるのは口蓋垂(のどチンコ)まで。声帯はもっと下なので、うがいは届きません。

イソジン(ポピトンヨード、殺菌剤)よりアズレン(アズノール、抗炎症剤)のほうが粘膜にやさしいです。

アズレンは皮膚炎や粘膜疾患にも使います。イソジンはキツいので、塩水やお茶がおすすめ。

のどにおすすめ

◆ハチミツ入りミントティー

ドライハーブでも、フレッッシュハーブでも可。

ペパーミントよりはスペアミント。

◆のど飴

おすすめは、森下仁丹の「鼻・のど甜茶飴」。
矢野顕子さん、森山良子さん、安田祥子さんらの必需品。

ハッカ味でノンシュガー、鼻がスーッと通ります。

IMG_6493

あめは砂糖のかたまりなのでおすすめでなく、ミント系のガムの方がおすすめです。 

体を呼吸しやすくする

◆しっかり寝る

のども体も休めます。
7時間でも8時間でも寝てください! 

 

◆体をほぐして柔軟にする

息は体を使って出るので、かたさを解消します。

足首、首、体幹、腰をゆっくりストレッチ。

寒いと体がかたくなるので防寒対策を。

管楽器、ボーカルの姿勢、手

あとがき

ライブで私ができるのは、体の外から息の出をよくすることだけです。

ボーカルさんの声が出るか?リハや本番中、私の胃が痛いときです(マジで)。

出るんですね。ガラガラ声だったのに。

これはやっぱり彼らが長年歌ってきた“ボーカリスト”だからだと思います。

これが20くらいの新人さんだと30分の持ち時間でも出ない。

(こっちが泣きそう;;)

パーソナルトレーニング

柔軟、コアトレーニング教室


メルマガ登録で、講習優待や限定動画ほか♪
メルマガ登録 

《ミュージシャンボディトレーナー進藤浩子》

誰もが健やかに自分らしく奏で、音楽を通して明るい未来を目指します。 

医療系の大学卒業後長年医療に従事したのち、音楽家に体の指導やケアを行っています。

バイオリン、ピアノ、トランペット、アコギ歴。
趣味は、クラッシックバレエとライブに行くこと♪

詳しくは プロフィール

ページ先頭に▲

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)