ハミングのススメ!音楽家に嬉しい効果とは

こんにちは。

ステージに上がる音楽家のためのフィジカルセラピスト、進藤浩子です。

 

そう。機嫌がいいとフンフン出ちゃう鼻歌です。

ハミングは、意外と健康やメンタルによかったりします。

ハミングは歌声とどう違うのか、どういいのか、見てみましょう♪

声とハミングの違い

息の出るところ

声の場合は、ほとんどの息が口から出ます。

発声では、声帯を通った息を口や舌を動かして色んな音にします。(構音、調音)

鼻音[m][n][g]では、空気が鼻の奥に共鳴していますが、息のほとんどは口から出ます。

 

ハミングの場合は口を閉じていますので、口よりも小さい鼻の孔から、少ない量の息が出ます。

自分の声の聞こえ方

声の場合、自分が聞いている音は、自分の頭の骨を伝わる音(骨伝導)と、出た声が空気を伝わって聞く音(気伝導)が合わさって聞こえています。

(一般的には、自分が聞いている声は骨伝導と言います。ここではハミングとの違いを理解します。)

 

ハミングは、自分の頭の中の音を直接聞いていて、鼻の奥の響きが大きく聞こえています。

鼻から出る音は、声よりも息の量が少ないので、空気を伝わって聞く音も小さいです。

 

nn〜♪のハミング音は、鼻の奥の粘膜が振動したり、副鼻腔(骨の空洞)が共鳴して、響きが耳に直接聞こえています。

副鼻腔は、頭蓋骨にあるほら穴で、上顎洞、篩骨洞、前頭洞、蝶形骨洞があります。

鼻の奥のすぐ上にある蝶形骨洞
(耳管の赤丸とかぶっている)
耳管、鼓膜と近い

 

黄色が骨の空洞(副鼻腔)
上顎洞、篩骨洞、前頭洞
紫色は鼻の空気の通り道

ハミングの意外な効果

ハミングは健康にいい

ハミングしてるとき、当たり前ですが、鼻で息してます。

もちろん、ハミングしてない普段も鼻で息してますが、鼻で呼吸できることはとても大切です。

 

鼻炎や風邪を引いて鼻がつまって口で息をすると、喉がかわいたり、頭がボーッとして集中力がなくなったりします。

いかに口で息することがよくないか、わかります。

ハミングは、気管を拡げる効果、そして、血液の流れをよくする効果があります。

ハミングによって増える一酸化窒素が、気管平滑筋を拡張する作用があり気管を拡げます。

 

一酸化窒素は、鼻腔でつくられて気管、肺へと送られて、血管の平滑筋を拡張、血液の流れをよくします。

高血圧や心疾患、脳血管障害の予防につながります。

ハミングで鼻腔でつくられる一酸化窒素は、普通に息を吐くのに比べて、15倍も多く生成されます。

「ハミングが副鼻腔炎を予防、鼻腔NO濃度の上昇が確認」

「鼻呼吸ができないなら要注意!血管にも「呼吸」が影響する」

 

なので、寝ているときに口を開けて息しているのが、よくないです。

ハミングはメンタルにいい

ご機嫌いいときには、鼻歌歌っちゃったりします。

落ち込んだりしたときに、ハミングすることで沈んだ気持ちをよくすることができます。

やってみるとわかりますが、不思議と気分がよくなります。

 

音には癒やし効果があると言われています。音楽もそうですね。

鼻の奥の部分は、聴覚、メンタルと、とても大きく関わります。

ハミングは音楽家にいい

ハミングは、聴覚にいい

ハミングすると、いいメロディが浮かぶ。(こともある。)

ハミングは、聴覚、音感にいいです。

 

自分の声が聞こえることは、とても意義が大きいです。

なぜなら、自分の声が聞こえる、聴覚のフィードバックがあることで、私達は声を発することができます。

聴覚のフィードバックがあることで、口の動き、声量、音程をコントロールできます。

 

ハミングするだけでは効果は実感できませんが、聴こえ、音感をよくする方法を講座で指導しています。

管楽器、歌の方のためのブレス改善講座

音楽家のための体調律プログラム(他の楽器向け

ハミングで歌の練習

鼻歌で歌うことで、まず音程やリズムをとったり、効率的にレッスンできます♪

歌うときには、歌詞、声量など多くのことを一度にコントロールしなくてはいけません。

難しいと無意識のうちに力んだり、声を張り上げてしまいます。

ハミングだと、力みが減って、ファルセットか地声か気になりません。

 

Barbra Streisand、この呼気の長さ!

英語は日本語とは発声の仕方が違ってもともと腹式呼吸で、話すときの息の量が長いです。

 
 
ハミングするだけでは効果はわかりづらい。
 
説明会のご参加お待ちしています♪
 

 

音楽家のための体調律プログラム

 

《ミュージシャンボディトレーナー進藤浩子》

ステージに上がる音楽家のためのフィジカルセラピスト

音楽家の不調を根本的に神経系から改善して、心技体トータルで向上してより高いステージで揮けるよう支援しています。

19年医療に従事したのち音楽家専門パーソナルトレーナーに。

バイオリン、ピアノ、トランペット、アコギ歴。

趣味は、大人から始めたクラッシックバレエ、英会話

詳しくは プロフィール

 ページ先頭に▲