ピアノ演奏での座り方とストレッチ

ピアノでいい姿勢とは、手が鍵盤を弾きやすい、腕が動きやすい状況で座れることと言えます。

ここでは基本的な座り方、椅子の高さや前後的な位置についてと、弾く前のウォーミングアップ、肩こり解消ストレッチの紹介します。

座り方
まず、腰幅に立ちます。 おへそを真ん中のドに合わせて座ります。
椅子の前の方に腰掛けるように、 骨盤の一番下の骨、座骨で座ります。
腰幅に立つと、右足がダンパーペダルに、 左足はペダルの外側にきますね。
両足でも支えています。
骨盤から下で自分を支えて座ると、 上半身がリラックスします。
背中の緊張がないと、肩から腕が動きやすいです。
大人は座ったら弾く前に 一旦、座り心地を確認してみてください。

前後的な位置

上腕が左右反対側へも動きやすいように、脇をあけ少し前に出します。
体から上腕が10度ほど前に出ます。
身長や胸板の厚みにもよるので、 自分の腕が左右に動きやすければいいです。

椅子の高さ

肘から指にかけて手首のところで軽く凸だと、
指を動かすのに抵抗がありません。
やや手先が斜めに下がるくらいか、水平。
子供は水平でいいです。

椅子を下げる場合、一気に下げると違和感が大きいので、
調節レバーを徐々に下げるといいです。
1段下げて1、2日弾く、また1段下げます。

奏法によっては、 肘と鍵盤が一致するくらい肘が低かったり、
比較的高い位置から打鍵するピアニストもいます。

低音側、高音側を弾く

上体がしなやかに左側、右側によじれます。
骨盤から下が固定源となって、上体が柔軟に動けるといいです。

肩のウォーミングアップ

腕の付け根が胴体の外側にくるように、肩の位置のリセットもかねて。
肩を上に上げて、 数秒 その肩を後ろに、 数秒 力を抜いておろします。

 『現代ギター2013,8月号』記載写真

IMG_2716  

肩こり解消ストレッチ例

両手を腰に当てて、吐きながら顔でどちらかに振り向きます。
体の力をぬいてゆ〜っくり、吐きながらふ〜っ。 反対側も。
休憩ではピアノから離れて立ってやりましょう。
手を腰に当てることで、肩や上腕の筋を弛めます。
背、首を大きくゆっくり伸ばして、 力を使わず筋をリラックスさせます。
こり症の人は前回載せたストレッチもどうぞ。  

『月刊ピアノ 2014,4月号』記載写真

IMG_3930

ピアノ、鍵盤の姿勢、肩こり、腰痛


メルマガ登録で、講習会優待など特典♪

受信したいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。


メルマガ登録
            

ご質問ご相談は ≫お問い合わせ 
またはメール info☆music-body.com
(☆を@に変えてお送りください)

友だち追加

ミュージシャンボディトレーナー進藤浩子

健やかに奏でたり、音楽を聴いて力をもらったり、音楽を通して幸せに生きることに貢献します。

就学前よりバイオリン、小2よりピアノ、小4よりトランペット、高校でアコースティックギター歴。 

医療系の大学卒業後長年医療に従事したのち、音楽家に体の指導やケアを行っています。

趣味は、クラッシックバレエとライブに行くこと♪

 ページ先頭に戻る▲

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)