音楽家の肩こり腰痛対策、自分で体をコントロールできる

こんにちは。

ミュージシャンボディトレーナーの進藤です。

 

「あー肩こってるなあ、腰が痛い。

もともと自分は体がかたいし、運動やった効果が出てるのか?

しかし、この楽器の重さ、疲れる

また整骨院行ってほぐしてもらうか」

寒いと、肩や背中、腰にきますね。

ストレッチしてもまたすぐかたくなって、辛いですよね。

 

逆に言うと、体や手がかたいまま無駄に力んでしまっています。

かと言って、毎日整骨院に行くわけにもいかない。

 

そこで、根本的に体を動きやすくしましょう!

 

私達は、体育やジムのおかげで、動きやすくなるには筋力アップやストレッチすることと考えます。

動きやすくなるのに、筋トレやストレッチをがんばらなくてもいいんです。

(あっさり)

 

音楽家に欲しい動きやすさは、その場で体が軽く動かせてパーツを自由に使えること。

外に出す力や曲がる角度ではなく、体自体が動きやすくなることです。

体を使って音を出す音楽だからこそ、内部のかたさを減らした動きやすさが望ましいです。

 

体自体が動きやすくなる運動は、野口体操、操体法、フェルデンクライスなどいくつもあります。

でも、こういった教室に高いお金を払って参加しても、よくわからない。

筋力や大きな柔軟性=動けるという固定概念があるから、小さく動いても動きのがわからず音楽に活かせません。

 

だから、やりやすいエクササイズ風にして、動きやすくなる効果がわかるようにしました。

とても簡単な動きで、肩や腰がラクになります。

体が軽く動きやすく、パーツが付け根から動きやすくなります。

 

お風呂上がりに温まると、体が軽く動きやすくなるのと同じです。

太極拳や気功も似ています。

ゆるく動いて動きをよくし、メンタルも落ち着きます。

 

体がかたい、痛い、コントロールできない、動きが良くない、手が動きづらい…

あなたの体の主はあなた、自分の体の操縦主は自分自身です。

誰かに動かしやすくしてもらったり、悪くなったら誰かが直してくれるのではなく、自分で動かせるようにしていけます。

 

とても簡単な動きで、体は驚くほど動きやすくなります♪

「音楽家向け体改善教室」2月“肩こり腰痛対策”やりましょう^^

《ミュージシャンボディトレーナー進藤浩子》

ステージに上がる音楽家のためのフィジカルセラピスト。

思うように動かせない、痛みや悩みを抱えている音楽家の方に 

動きを取り戻して、音楽的能力を伸ばし続ける体に。

長年医療に従事したのち音楽家専門のパーソナルトレーナーに。

バイオリン、ピアノ、トランペット、アコギ歴。

趣味は、大人から始めたクラッシックバレエ、英会話、カラオケ

詳しくは プロフィール

 

無料メール講座
📩「歌や演奏しやすくなる腰痛、肩こり講座」

📩「思い通りに奏でやすい訳 〜音楽家が痛めない秘訣」

 ページ先頭に▲

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)