演奏するのもあがるのも、すべては脳と神経のしわざ

こんにちは。

ステージに上がる音楽家のためのパーソナルトレーナー進藤浩子です。

 

中に神経だけある原生生物がいます。

人も同じです。

体はたくさんの部分がお互いに連絡とりながら機能しています。

それをつないでいるのが神経です。

原生生物と人を一緒にしちゃいけませんが、人は神経系のしもべです。

違いは、人には脳や手足があります。

文化や芸術を楽しみ、楽器や器具を使いこなします。

声を出したり人とコミュニケーションをとります。

 

動きが上手くできない、痛い、人前であがる…全ては脳と神経系のなす技。

痛みを感じるのも脳です。

症状があるのは手でも、痛みを感じているのは脳です。

(鎮痛剤は、脳で化学物質の伝達をブロックして効きます。)

 

あがるのも思考など高次な脳ではなく、生命を守る原始的な部分が恐いから逃げろって命令して、体や脳が逃げようとします。

なので意識してコントロールはできません。

 

人は社会的な動物なので、人とコミュニケーションをとることが必要です。

これが難しいと人と繋がれず、安心することができません。

逆に、人の役に立つことで幸せを感じます。

 

生きていると楽しいことだけでなく、悲しいことや辛いこともあります。

エルヴィスプレスリー曰く「心の痛みを癒すために歌う。そして、それを聴いた人の心の痛みが癒される」と。

(村上春樹さんがラジオで話してました)

 

私たち人の究極の能力は、自分の内面を表現することだと思います。

音楽が自分の内面を表現するものなら、その人は癒されます。

 

実は、音楽を聞いてなぜ感情が動かされるのかは解明されていません。

解剖や神経学でわかっているようで、私たちの体と脳はそれ以上のすごい能力があると思います。

 

アメーバと同じでありながら、計り知れないくらい凄いですなあ。


無料メール講座
📩「思い通りに奏でやすい訳 〜音楽家が痛めない秘訣」

📩「音楽家のための腰痛、肩こり講座」

《ミュージシャンボディトレーナー進藤浩子》

ステージに上がる音楽家のためのパーソナルトレーナー

思うように動かせない、痛みや悩みを抱えている音楽家の方が、

動きを回復して能力を伸ばし続けるよう、支援いたします。

長年医療に従事したのち音楽家専門のフィジカルセラピストに。

バイオリン、ピアノ、トランペット、アコギ歴。

趣味は、大人から始めたクラッシックバレエ、英会話、カラオケ

詳しくは プロフィール

 ページ先頭に▲

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)