弦楽器を演奏しにくい姿勢、手

猫背

背中や首を引っ張って、肩甲骨の動きが悪く、腕が動く範囲が狭まります。

弓を引くのに、胸部が開かず腕が肩先からしか動きません。

肩こり、腰痛を起こしやすくなります。

「弦楽器の弓の腕は、座り方でよく動くワケ」

《バイオリン、コントラバスの弓を弾きやすく、運指しやすくなる肩》

猫背やかたいと弓の動きに損だったり、左肩も運指しやすさに影響します。

軽く背中をほぐして、肩甲骨周りの動きやすさ、腕の動きやすさを実感してみてくださいね。

《バイオリンやコントラバス、弦楽器は姿勢で弾きやすさが変わる》

左手の運指、ビブラート

左手が自由になるように、楽器を構えます。

親指と人差し指で固定しすぎると、手首が反り、指の動きに抵抗が生じ、低音弦や高音へ移動しづらい状況です。

 

指は小さな力で動かしてこそ、各指が分離、独立して動きます。

指に力が入ることで、薬指がつられたり、指の独立や細かい動きを邪魔します。

慣れてないうちは押弦に余計な力が入りますが、慣れると指の腹の柔軟さで、適切な力で押さえられます。

 

強く押弦していると、ビブラートで腕を動かしにくいです。

余計な力を入れず、指の柔軟さを生かして押弦すると、腕を振動させやすくなります。(動画↓)

バイオリンやビオラでの巻き肩

左肩が胴体の外側でなく、体の前に丸って出る“巻き肩”は、上腕がねじれて骨格が変位し、ネックを持つ指が緊張します。

きつく巻き込んだり指が伸びたり、バタついた指になります。

左肩はリラックスして腕を降ろし、鎖骨に楽器を載せるだけ。

《バイオリンで運指しやすくビブラートかけやすくなるコツ》

肩こりや腰痛

柔軟な背中でいることが、腕が動きやすいためにも大切です。

肩がこると、かたく腕が動きにくく、力みがちです。

力むと腕や肩が動きにくく悪循環なので、ウォーミングアップや姿勢の改善をしましょう。

肩こり、腰痛  

バイオリンや弦楽器のためのウォーミングアップ

演奏前には、かたさをほぐして、体の中心から指先まで動きやすいといいです。

胸や背中の筋肉が、適切に伸び縮みできて、手まで動きやすいよう適切なウォーミングアップを。

 

指や手首を強く引っ張ってしまうと、筋肉や腱が引き伸ばされて、伸び縮みしにくくなります。

伸びて気持ちが良くても、動きやすいとは限りません。

《バイオリンなど弦楽器の演奏前ウォーミングアップ 》

《海外動画の紹介》

手首や指をきつく引っ張って曲げたり反らしてる動画がほとんでですが、それをやめましょうという動画もあります。

バイオリン、弦楽器での姿勢

腕を動かしやすく手を使いやすいために、緊張のない背中で肩甲骨が動きやすい状態が望ましいです。

弦楽器での立ち方 

足の余計な力がなくなると、背中の緊張がなくなり肩甲骨、腕が動きやすくなります。

X脚やO脚だと、立つだけで背中に余計な緊張があり、肩甲骨が動きにくく腕の動きにソンです

座るときも、このまま左右の足を平行にして座ります。 

 

靴や足の向きで、背中の張り具合は変わります。

楽器を持つ前に、背中の張りや腕を動かしやすいかを感じてみてください。

《ガニ股だと、弦楽器で腕が動きにくい 》

弦楽器での座り方

椅子に座るときに、左右の腸骨(骨盤の出っ張り)と恥骨を結ぶ3点が垂直になるように座ります。 

背中の緊張がなくなり、腰や肩が楽で、腕を動かすのに抵抗がなくなります。

 

猫背な人がこれにとれわれると、 逆に演奏しづらくなってしまいます。

あまりこだわらずに、背中に柔軟さがあるのが望ましいです。

「安定する座り方ー手足が動きやすくなるコツ」

《バイオリンなどでの椅子の座り方 》

 

本番前の緊張、あがり対策

≫ 

パーソナルトレーニング  ≫姿勢、こり、腰痛 

柔軟、トレーニング教室


メルマガ登録で、講習優待や限定動画ほか♪
メルマガ登録 

ページ先頭に▲