誹謗中傷する人から学ぶ「自尊心」の大切さ

こんにちは。

ステージに上がる音楽家のためのパーソナルトレーナー、進藤浩子です。

 

コロナ禍、自らの命を絶った女子プロセスの木村花さんはじめ、誹謗中傷が増えました。

有名人や意見が違う人への誹謗中傷、You Tubeやインスタなどへの嫌がらせ的コメント…

私は音楽家の体、フィジカルに対するトレーナーですが、身体的な問題にはその人の考え方が大きく作用します。

誹謗中傷してしまう考え方から「自分を大切にする」こと、自分を伸ばすことのヒントになれば幸いです。

今回は、💌メール講座 音楽家のためのメンタル講座「自分を大切にする」の一部を深堀します。

誹謗中傷は自尊心の低さ

今、気軽にコメントできるが故に、相手への批判をSNSに書き込んでしまい、多数のコメントが一人の心を大きく傷つけます。

反論や反対意見はあってもいいのですが、なぜそう思うのか?

あまり深く考えずにコメントしたり、理由もなくただディスったり、やっかみのようなコメントもあります。

 

根底には、自分と違う意見や考え方を認めない考え方があります。

相手の立場や状況をよく考えずに、自分の正論を押し付けて相手を正そうとしたり、罵倒します。

 

人を攻撃することで、自分が勝とうします。

誹謗中傷してしまう人は、自分の価値や尊厳を認められない自尊心の低い人です。

自分の心の小ささから他人へ批判、怒り、嫉妬の感情をぶつけます。

 

思い込んで、考えない

私達日本人は、人と違う意見は恥ずかしいもの、自分らしくあることをよしとされません。

自分らしくてはダメ、みんなと同じように。その中で人に勝つように教えられます。

その結果、自分自身を殺し、大切にしなくなります。

 

そして、自分とは違う人や意見を受け入れなくなります。

自分が反対意見であっても、なぜそう思うのか、自分の意見の理由をきちんと考えません。

「こうであるべきだから」と思い込むだけで、それ以外の考え方を受け入れることができず、違う意見の人を攻撃します。

 

このような考え方をしてしまうのは、教育や文化によるものです。

自分の考え方を絶対的なものと考えて、狭い範囲の考え方しかできず、他の考え方があることに気づきません。

自分とは違う立場の人の気持ちや状況を考えたり、尊重したり思いやりを持つことができません。

 

自分を尊ぶ

人は誰しも価値ある人で、あなた自身も尊い存在です。

あなたが自分の価値を理解して認める。

あなたが自分を大切にしなくてはいけません。

 

わかりにくい概念ですが、知っている人が亡くなればとても悲しいですし、知らない子供でも亡くなればかわいそうに思います。

命あるものには何兆円出しても買えない、作れない、尊厳があります。

 

自分にある尊厳に気づいてないと、自分をつまらなく感じ、人をやっつけたり上に立つことで喜びます。

自分の真の価値を理解することができず、自分らしさを失ってしまいます。

 

「上を目指させ」なんて、単なる週刊誌の見出し、社会の刷り込みで、勝つ人、稼ぐ人、人より上の人が価値あるわけではありません。

子供や学生のように稼がず技術が未熟でも、人の価値は計り知れません。

自分の演奏レベル、容姿、収入、業績に関わらず、あなた自身が自分の価値、尊厳を認めてください。

 

もちろん、よりよくなろうと努力することは悪いことではありません。

ただそれが、人に勝るためや誰かに認められるためであれば、ありのままの自分の価値を理解していないことになります。

自分の真価を知らず、正しいことや優劣を判断し、それが劣等感や争いに繋がります。

 

私自身、以前は「頑張っている。でも、もっと頑張らなくては」と、考えていました。

人と比べては、ダメな自分を非難して、家族や周りのせいにしていました。

自分を好きになれない、根本的なところになかなか気づくことができませんが、意外と多くの人がそうです。

 

欠点だらけでも自分を受け入れ、できなくても自分を責めることを止めました。

不十分でも欠点だらけでも自分を大切にする。

そうすることで、人と比べなくなり、周りに寛容になることができました。

 

違いを認める

世の中には、音楽が好きな人もいればスポーツが好きな人もいます。

クラッシックが好き、JAZZが好き、ロック、ポップス、民謡が好きな人もいます。

違いがあるからそれぞれが際立ってそれぞれがすばらしく、全部で世界を創造しています。

 

一人ひとりが唯一無二の糸で、周りの世の中を一緒に創っています。

私達は織物の糸のようにつながっているので、一人のあり方が他の人の人生にも影響します。

 

自分の周りで起こる問題は、自分の内面を表しているに過ぎません。

つまり、人を批判したり攻撃したりすることは、自分に対する批判や否定から起こっていることになりす。

自己批判をやめれば、人を批判したり攻撃する必要はなくなります。

 

自分を尊重して、自分らしさを出していいんだと言われたら、どうなるでしょうか。

人の評価でなく、自分の喜びから独自性を伸ばしていくことができます。

 

一人ひとりが自分を肯定し個性を表わせば、互いのユニークさを分かち合えます。

互いに違う存在でそれぞれ価値があり、互いに認め合い尊重しあうことができます。

一人ひとりが自分を尊ぶことで、人も尊重することができます。

 

争いや攻撃はずっと減り、世の中はもっと楽しくなると思います。

不安やストレスが減れば、病気も少なくなるでしょう。

 

世界一嫌われたマドンナ

マドンナは、アルバム“エロティカ”を出した後、激しくバッシングされ、活動を一時やめてしまいます。

自分は世界一嫌われていると思っていたそうです。

 

アーティストとして表現したことが非難されてしまう、どれほど苦しかったことでしょうか。

今、踊りながら歌う露出度が高い女性歌手達から比べると、彼女のステージは上品で全体が芸術的です。

40年前、時代が早かったんでしょうね。

 

彼女が傷つきながらも生き延びて、2017年のbillbord賞に輝きました。

<billbord賞のスピーチから抜粋>

アルバム“エロティカ”と本を出した後、あらゆる新聞と雑誌の見出しになって、私は娼婦や魔女、サタンと呼ばれました。

“ちょっと待ってよ、プリンスだって網タイツとハイヒールを履いて口紅をしてケツを出してるじゃない”と思いました。

その時初めて、女性は男性と同じような自由が許されていないということを真に理解したのです。

 

世間から辛辣な言葉を浴びせられていた頃、サポートしてくれる女性の仲間がいればいいのにと願ったこともありました。

だけど、著名なフェミニストが、私が性的な表現することによって女性全体の立場を後退させているとコメントしたのです。

 

ここに至るまでに私を愛し、支えてくれた人たち……。

どれほど皆さんの支えが私にとって大切だったか、きっと分からないでしょう。

 

と同時に、私を否定した人、ひどい目にあわせた全ての人、私に向かって“できない”とか“やってはならない”と言った人に言いたいです。

あなたの抵抗が私を強くし、もっと努力させ、今、このような闘志あふれる人間にしてくれました。

 

もっと詳しく知りたい!読みたい方は、
💌メール講座
音楽家のためのメンタル講座「自分を大切にする」

次回は、パニック障害を克服した有名人の実話です^^

《ミュージシャンボディトレーナー進藤浩子》

ステージに上がる音楽家のためのパーソナルトレーナー

思うように動かせない、痛みや悩みを抱えている音楽家の方が、

動きを回復して能力を発揮し続けるよう、支援しています。

19年医療に従事したのち音楽家専門のフィジカルセラピストに。

バイオリン、ピアノ、トランペット、アコギ歴。

趣味は、大人から始めたクラッシックバレエ、英会話

詳しくは プロフィール

 ページ先頭に▲