息が続かないのはなぜ?実は呼吸しすぎ【呼吸の調節】

こんにちは。

ステージに上がる音楽家のためのパーソナルトレーナー、進藤浩子です。

 

歌や管楽器で息が出せる人、出せない人がいますね。

腹筋を鍛えたらいいのか?呼吸法を学んだらいいの?

そもそも息が続かないのは、なぜなんでしょう?

それは、息のしくみ、「呼吸の調節」が鍵です。

息しすぎていると

誰しも口でフーフー息しすぎて、頭がクラクラした覚えがありますよね?

呼吸し過ぎると、血管が狭くなるので、脳や体全体の血流が減って、めまいやふらつきを起こします。

過呼吸を起こしたことがある人は、よくわかると思います。

 

疲れやすい人は

疲れやすい人でも、吸う空気は他の人と同じですし、血液中に酸素はたっぷりあります。※

血液中に酸素はちゃんとあるのに疲れやすい。

なぜでしょうか?

 

※普通に生活している私たちの血液の酸素飽和度は、パルスオキシメーターという器械で測ると95〜99%を示します。

酸素飽和度とは、赤血球のヘモグロビンが酸素と結びついてている割合。

 

呼吸の調節

まず、簡単に息の調節のしくみを知りましょう。

呼吸は、酸素と二酸化炭素の交換です

酸素を空気中から体に取り入れて、体内の二酸化炭素を体外に出します。

(以下、酸素はO2、二酸化炭素はCO2)

 

血液中のO2は、赤血球のヘモグロビンによって全身の組織や細胞に届けられます。

ヘモグロビンは、CO2が少ないところだとO2と結びつきやすくなります。

酸素と結びついたヘモグロビンは、CO2がある組織でO2を放します。

血液中のO2が組織に放たれる調節(ヘモグロビンの酸素解離度)

・血液の酸素分圧と二酸化炭素分圧

・血液のph (7.365~7.45)

 

肺ではCO2が薄いので、ヘモグロビンはO2を受け取ります。

CO2があるところに行けば、O2を放します。

息しすぎると、体からCO2が出て行き薄くなります。

吸う量が多いと吐く量も多くなるので、吐き出されるCO2も多くなり、血液のCO2濃度が下がります。

組織や細胞のCO2が少なくなると、ヘモグロビンがO2を放さなくなります。

 

CO2は、酸素が細胞に放たれる、気道と血管の壁を広げる、血液のphを調節します。

息しすぎていると、気管が狭く、血流が悪くなります。

呼吸が多いと、息が続かず、めまいを起こしたり、長期に続くと高血圧になります。

 

呼吸は、酸素と二酸化炭素の交換です。

O2を届けるためには、吐き出されないで残るCO2が必要です。

息が多いことによって、体からCO2を多く排出します。

 

呼吸しすぎても特に気づくことなく、これが続いて、血液中のCO2の濃度が下がったまま息をします。

呼吸は無意識にするので、大きな息をしていることに、自分で気づきません。

そのまま呼吸調節されて慢性的に大きな呼吸をして、酸素がちゃんと末端まで届けられない状況が続きます。

 

歌や楽器で息が出ない、あがる、疲れる

寝ているときも口呼吸をして、眠りが浅くて疲れが抜けない、息切れや体のだるさにつながります。

歌や管楽器、他の楽器でも、息が続かない人、本番であがりやすい人は、このような状態です。

よく話す職業の人、先生や営業の方なども、激しく動かさないのに疲労感があります。

 

息が続いたり声が出せないというのは、息の量や回数、息のやり方によって左右されるものはありません。

無意識にされる呼吸の中枢による調節によるものです。

呼吸しすぎるほど、息は出せなくなります

 

「本番前のあがり、深呼吸はするな!メンタルと呼吸の関係」に書きましたが、緊張して交感神経優位になると、呼吸が大きくなります。

普段息しすぎている人は、本番前あがるとさらに呼吸が大きくなって、あがりが落ち着きにくくなります。

学生さんが試験などで、歌っている最中に歌詞が飛んで真っ白になるのは、息し過ぎて脳の血流が減ったせいです。

 

「呼吸トレーニング」内の限定のスライド動画、公開!

 

まとめ

大きな息や口呼吸していることで、呼吸しすぎている

息しすぎて、二酸化炭素が出すぎて酸素を届けられない呼吸調節

息が続かない、あがりやすい、疲れやすい人は、息しすぎ

 
体調改善「呼吸で変わるステージ」無料メルマガ
 

《ミュージシャンボディトレーナー進藤浩子》

ステージに上がる音楽家のためのパーソナルトレーナー

思うように動かせない、痛みや悩みを抱えている音楽家の方が、

動きを回復して能力を発揮し続けるよう、支援しています。

19年医療に従事したのち音楽家専門のフィジカルセラピストに。

バイオリン、ピアノ、トランペット、アコギ歴。

趣味は、大人から始めたクラッシックバレエ、英会話

詳しくは プロフィール

 ページ先頭に▲