ギター、ベース初心者が指が動きやすくなる練習法

ギターやベースで薬指、小指が独立しづらい、腕が疲れる人は、指が動きにくい状況かもしれません。

指が動きにくい状況では、どんなにたくさん練習しても上達が遅くなります。

弾く前に大事なことや指が動きやすくなるコツ、初心者が上達しやすい練習法について。

前回「ギターやベースで薬指が独立しないワケ、腕が疲れるワケ」の続きです。 

 

ギター、ベース初心者が指が動きやすい練習法

まず楽器をストラップ等で安定 

左手にギターやベースのネックを負担させて弾くのは、手の自由をうばい指と腕が自由に動きません。

運指を動きやすくするには、まず楽器を固定して手を自由にします。

背筋を伸ばして肩から腕が動きやすい状態で楽器を持つと、どのポジションでも手を使いやすくなります。 

≫ギター、ベースの姿勢、肩こり、腰痛

指板はなるべくのぞかない

赤ちゃんを抱っこして赤ちゃん見るように、首の上で顎を引いてネックを見ましょう。

指板を覗き込むと姿勢が悪く、左腕の動きが悪くなってしまいます。

 

PCのキーボードでも手元を見ると、力が入ってしまいます。

手元を見ないと手に力が入らずスラスラ速く打てるから、PCはブラインドタッチ。

 

音で弾けるようになるのが、ギターやベースの練習です。

押弦する位置を指に覚えさせるためにも、だんだん見ないようにしていきましょう。

間違えても、正確に指が覚えるまで毎日ゆっくり繰り返します。

 

左手は引き出しを引くようにネックへ

人差し指から小指を、前腕から指板に向かうように持っていきます。

腕から手をもっていくことで、 チョーキングやセーハで人差し指など指を伸ばしやすくなります。

 

親指を曲げてネックを掴まないで、親指人差し指にペグを回すような強い力を発揮させないと、指は独立して動きやすくなります。

親指で押弦するのは、手の大きな外人はできても、日本人はどうでしょうか。 

 

力で押さえず、浮かない

指の触覚と指の腹の弾力を活かして、強く押さえつけない。

弦がフレットに当たるまで何十kgも要りません。

スローテンポで、音を伸ばして、ビビらないように待ちましょう。

弾くことは速さだけでなく、リズムや休符などタイミングが必要です。

必要以上に押さえないことも、スラスラな運指を育てていけるポイントです。 

 

指に力を入れて押さえると、どうなるでしょう? まず力を入れるだけで手や手首がかたくなります。

弦から離れて次へ移動するのが遅れます。

さらに、押さえた力による指板からの反力を受けて手はかたく指は動きにくく、動かすのに余計力が要ります。

 

弾けても、速く弾きにくくなります。

ただ速弾きがしたいなら訓練すればできても、音楽で自然と動いていくような実力は早くはつきません。 

 

動きやすい手を育てよう

練習は、週に一度何時間もするより、毎日何十分かでもリピートして手に動きを覚えさせます。

日々繰り返すことで、動きの神経回路ができます。

軽く動かせる指なら、いろんなテクニックをやりやすくなるので上達しやすくなります。

指の力を鍛えるじゃなく、軽く動きやすい手を育てていってくださいね。

ギター、ベースで弾きやすい手

パーソナルトレーニング

柔軟、トレーニング教室


メルマガ登録で、講習優待や限定動画ほか♪
メルマガ登録

《ミュージシャンボディトレーナー進藤浩子》

誰もが健やかに自分らしく奏で、音楽を通して明るい未来を目指します。 

医療系の大学卒業後長年医療に従事したのち、音楽家に体の指導やケアを行っています。

バイオリン、ピアノ、トランペット、アコギ歴。
趣味は、クラッシックバレエとライブに行くこと♪

詳しくは ≫プロフィール

ページ先頭に▲

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)