エレキギター上達できる練習は基礎にコツ

エレキギターを弾きにくい、練習しているのに上達しにくい人がいます。

運指もピッキングも力まないことが望ましいですが、弾きにくいと力でコントロールしてしまいます。

弾きにくいところを繰り返し練習したり、ただ速く弾く練習をすると、力んだ奏法を身につけてしまいます。

ギターの基礎って何でしょう?

手が動くメカニズムから、上達する練習のやり方がわかります。

練習しても上達しないのは、ギターの基礎に問題

エレキギターを弾きにくい原因

■まだ動きが身についていない

まだ自然に手が動いていかない段階で、手が動く神経回路がまだできていないです。

すぐにできるのものではなく、日数かけて手が動いていくようになります。

PCタッチなど知的な作業では、毎日繰り返すことにで精巧な動きができるようになります。

 

指はものを掴むように同時に動く性質があるので、手に力を入れると指が分離しにくくなります。

薬指小指は力が入りにくいですが、その分細かく動かせます。 

 

■手が動きにくい状況で弾いている

これは手が動きにくい状況を取り除くことで、弾きやすくなります。

速く弾けない、あるテクニックが苦手な場合、本当は元の動き方が弾きにくい状況かもしれません。 

 

手が思うように動かないと、力が足らない、練習が足らないと思ってしまいます。

動きにくいところを、力でコントロール、無理をして動かします。

音が出せるから繰り返し練習して、弾けるようになります。

 

繰り返すことで、手が動きにくい状態での弾き方を身につけ、その弾き方を普通に感じます。

練習の量に関係なく、動きにくい状況を取り除かない限り力みは解消しません。

 

初めからいい弾き方でないと、上達を阻んでしまいます。

力んだ奏法で身につけると、苦手なテクニックができたりや疲れたりで練習効率が悪くなります。

弾けても手が動きにくい状態を続けることで、中高年で腱鞘炎や肘の痛みを起こします。 

ギターで手が動くメカニズム

脳にプログラムされている

私たちが動けるのは、動き方の神経回路ができていているから。

字を書いたり話したりできるのも、動く神経回路ができていているから考えなくてもできます。

演奏も、脳に手を動かすプログラムができていて、考えなくても神経が筋肉に命令を出して弾いていきます。

 

演奏を身につけるということは、 弾く動きの神経回路を作ること。

弾き方を変えることは、できたプログラムを書き換えるようなものです。

スポーツのフォームを直すように、動きの癖は、意識して動かすことで直すことができます。

 

押弦やピッキングの指の感覚

手は物に当たる感覚を利用して動きます。

ギターでは指板やピック、弦の抵抗を感じて手を動書かします。

押弦に力を入れると指板からの反力を受けるので、手に力が入り手首や腕までかたくなり、運指に余計な力を使います

 

力を入れてピッキングすると、手首や腕までかたく動きにくくなります。

手指がかたいと弦を弾いた抵抗を吸収しないのでピックが外れやすく、外すまいと手に力を入れてしまいます。

力んで動かさないことで抵抗が少なく、手が動きやすくなります。 

 

《ピックの外れる原因と弾きやすい持ち方》 

最初はぎこちなく力が入ります。

すぐに弾けるようにならなくても、だんだん力が入りにくくなります。

指の感触や柔軟さを活かすと、指板やピックからの抵抗が少なく手が動きやすくなります。 

エレキギターの基礎って?

演奏の基礎とは、その人が自然な弾き方ができる手や体の使い方と言えます。

柔軟で動きやすい手で弾いていることが大事です。

 

弾けるとは、出したいタイミングに正確な音が出せること。

ただ速いなど目指して練習するのはあまり意味がありません。

速く弾けても、他のテクニックやいい演奏に繋がらないからです。

 

力でコントロールのではなく、どんなテクニックも弾きやすい自由にコントロールできる手を目指しましょう。

基本的な動きがよくなることは、多くのテクニックの向上につながります。

 

手、体の使い方をよくすることで、弾きやすく上達しやすなります。

「弾きやすくなるエレキギター講習会」6/25

構え方、指が動きやすい手、腕、スローでのクロマチック練習などです。

 

速いと手の感覚がわかりづらいのと聞かない。

正確に音が出せているか? あまり見なくても弾けるように基礎練習から。

聴覚で動かせることを磨くと、音楽的な実力は伸びます。

 

毎日ゆっくりなクロマチックを10分。動きの神経回路を強くするために3ヶ月続けます。

基礎の練習は面白くないので、一人だと3日と続きません。

でも続けると、ふっと指が軽く動いていくのを感じます。それを定着させるために3ヶ月は続けます。

三日坊主にならない、続けれるプログラムです。
^^

「弾きやすくなるエレキギター講習会」6/25(終了しました)

メルマガ登録 

《ミュージシャンボディトレーナー進藤浩子》

健やかに奏でることを楽しみ、音楽を通してより幸せに生きることに貢献します。 

医療系の大学卒業後長年医療に従事したのち、音楽家に体の指導やケアを行っています。

バイオリン、ピアノ、トランペット、アコギ歴。
趣味は、クラッシックバレエとライブに行くこと♪

詳しくは プロフィール

ページ先頭に▲