音楽の脳科学〈前編〉手を動かしているのは神経系

動きは、手や筋肉から始まるわけではありません。

動く時、筋肉に命令を出して動かしているのは脳です。

演奏で、手足の筋肉をコントロールして動かしているのは、脳をはじめとする神経系です。

話したり書いたり、スマホを操作するのも、脳のコントロールで動いています。

すっかりこの神経系の存在を忘れられていますが、音楽、演奏する際には、この概念がとても大切です。

動きをコントロールしている神経系

神経系とは

体を動かしてるのは神経系で、コンピューター制御みたいに、神経系で各部位の動きをコントロールしています。

脳のプログラムを元に、各部位の筋肉に命令したり調整したりして、手を使ったり声を出したり、体を動かします。

中枢神経系ー脳、脊髄(背骨、脊椎の中)
⇅ 命令を出したり感覚をフィードバック
末梢神経系ー感覚神経、運動神経    

 

脳や脊椎から、筋肉へ動く命令が神経を伝って動きます。

動くと筋肉や関節にある受容器や手足が触る感触を、 脳や脊椎にフィードバックして伝えながら、動きを調節します。

手や足のことを意識して考えなくても、神経系で動きを司っています。

背骨の中にある脊髄神経(下)
皮膚など神経で繋がっている

熟練、器用とは

手が動きやすいとはどういうことでしょう。

器用について、久保田競『手と脳』から引用します。
筆者は、京都大学霊長類研究所の所長も務めた神経科学者、手と脳神経の第一人者

手の力の配分は、強すぎずも弱すぎずもしない適度なもので、手の機械受容器からの神経パルスが適度に発生して、反射のメカニズムがうまく働いているので、肩や肘に余計な力が入って姿勢がかたくなることもない。

手や体の機械受容器や筋肉受容器からのフィードバック・バランスがとれた状態である。

適切な筋肉が適切な力を出せるように、動作の時間的、空間的パターンがうまくできていることを意味する。

動作を行う直前に、前頭前野のなかに動作のプログラムができていて、つぎに行う運動の強さ、方向などの予測がされている。

うまく手を使えるとは、動作のプログラムで、力を入れなくても正しいタイミングや位置に動けること、とされています。

※『手と脳』久保田競2010 紀伊國屋書店

演奏では

演奏で筋肉に命令を出すのも神経系で、聴覚や動く感覚、手の皮膚感覚で動きます

練習して神経回路ができることで、手が自動で動いて音を出すようになります。

次回に続きます〜♪

手の動きの学習について

『手と脳』によると、繰り返し運動することで、時間的・空間的パターンが神経回路にくみこまれ、それが安定して運動学習が成立する。

 

筆者は、研究成果から一般法則はつくれないと書いた上で、手を器用に使えるには、 

・まとめて訓練するより、継続的に少しずつくり返したほうが成績がよい。

・前頭前野を使うためには、手も足も、体の筋肉も使わなければならない。

 

同じ動きを日々繰り返して、無意識でも動けるようしていきます。

手の左右差、利き手

左右の感覚差

字を書く方を、利き手とされています。

点字を指で読むときには、右利きの人は左手で読み、左利きの人は右手で読むほうが正しく早く読めます。

左右の手で、運動や感覚に差があるのは、左右の脳の働きが異なるからです。

左手は空間認知が得意

また『手と脳』より

左手は、全般的に器用ではないが、空間認知を基にして手を使うことに関しては利き手より優れているのである。

つまり多くの人では左脳が言語優位性で、右脳が空間認知脳となっているから、言語を媒介として手を使うかぎりは、右手が優れており、空間認知をして手を使うかぎりは左手が優れているのである。(言語脳については省きます)

「左手、左足、左利きの楽器練習」

私的におすすめの本


パーソナルトレーニング

メルマガ登録で、講習優待や限定動画ほか♪
メルマガ登録 

《ミュージシャンボディトレーナー進藤浩子》

誰もが健やかに自分らしく奏で、音楽を通して明るい未来を目指します。 

医療系の大学卒業後長年医療に従事したのち、音楽家に体の指導やケアを行っています。

バイオリン、ピアノ、トランペット、アコギ歴。
趣味は、クラッシックバレエとライブに行くこと♪

詳しくは プロフィール

ページ先頭に▲