音楽のためのコーチングって?

パーソナルトレーニングでの
音楽家コーチングってどういうものか?
についてです。

ビジネス系の「目標達成します!」
というヤツではないです。

スポーツ系の「絶対王者!!」でもないです。(笑)

若い方の中には「ピアノで留学したい」とか
目標を言われる方もいらっしゃいますが、
私の方から目標を聞くことはありません。

 

音楽で伝える、自分を表現することは
マズローの人の心理学的欲求の「自己実現欲求」

人の欲求の中で最高レベルのもので
”自分の能力を最大限に発揮して生きる”
幸せと言われます。

人はみんな体、声、違います。
好きな服装も音楽も違います。

自分らしく音楽を奏でたいのに、
上手くいかない、痛い…

 

上手くいかないと、
自分はもっと音楽をやりたい、
これから先も音楽をやりたい、
という気持ちが強くなります。

不安や苦悩はありますが、
自分のやりたいことがはっきりします。

gahag-0007051279

私に、ご自分の痛みや不調などを訴えられます。

とともに、ご本人の中には「よくなって
これから先、音楽とともに人生を歩いていきたい」
という意欲がおありです。

 

世の中パーソナルトレーナーはたくさんいます。
トレーニングやストレッチを指導する人なら。

音楽家にとって目的は
「歌や演奏しやすくなる」ことです。
“歌や演奏しやすい状態”がわからないとできません。

その人の体のどこが問題なのか?
その原因は何か?わからないといけません。

 

私は、ご本人が問題点をわかるように説明をして、
改善するためのエクササイズや
日常や演奏での指導をします。

パッと見で気づく点もありますし、
何年分もの動画を一つ一つ見て
この時の体、手はこうですが、
別なときこう悪くなっていますなど
ご本人で比較すると納得していただけます。

原因は演奏そのもの以外に、
生活習慣の中にあったり、
本人が演奏や体のためによかれと思って
やっていることが原因なこともしばしばです。

体は、日常生活で大きく左右されるので、
意外かもしれませんが、当然です。

当人はよかれと思う音楽の練習でも、
結果としては上手くいっていないので
考え方に問題があるわけです。

ストレッチが逆方向だったり、
基礎練のやり方がよくなかったり。

 

大切なのは、
音楽家本人が自分の問題点をわかって、
改善していこうという意思を持てることです。

ご指導していくには
改善目標をはっきりさせて、そこに向かって
やっていただくよう申し上げます。

改善していく運動をしたり、
音楽練習や生活の中で実際やることで
考え方のずれもいい方向へ向かいます。

 

手や体を動かしやすくなっていくから、
自分の体をどんどん生かしやすくなります。

もとの自分らしさが輝ける体で、
最高の自分を引き出せます。

弾きにくさなど、
今ある障害を取り除いて
自分らしい未来へ歩けるようになります。

 

痛み、障害があるからこそ、
モチベーションが高まる。
改善しようと行動していける。

自分の体や声を生かせるからこそ、
自分らしさを表現していけます。

 

私自身、二度体を動かせなくなった経験から
本当にやりたいことをやる、
奏でる人が動けるよう仕事をしています。

 

どんな立場のミュージシャンでも
自分の音楽、演奏を楽しんでいけること

それが私の自己実現欲求です。
^^

 

関連ページ「FAQと指導例」

「弾きやすくなる音楽のためのストレッチ教室6月7月」
6/25(土)10:00~12:30
7/5(火)11:00~13:30 @大久保駅4分
今なら早期割引中 ご参加お待ちしています

 

この記事を直接あなたにメールで届けます。

あなたの実力をもっと引き出せるように、
応援メッセージを送ります。

登録特典『大人から始めて、上達できる練習』ほか
ご登録は→ 無料メルマガ【レベルアップ講座】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)