腕が疲れる練習は上達しない

ギターやベース、ピアノなどで、腕が疲れたり痛くなることがあります。

スラスラ手を動かせる人がいる一方で、練習しても上達しない人がいます。

手が小さい人や力が足らない人は演奏に不利で、あきらめるよりないでしょうか?

練習のやり方によっては、上達を阻むことがあります。

 

自分の手の力には気付けない

演奏で手に力を入れている人は、腕や肩に疲れやこりを起こします。

(前回「肩こりの意外な原因ーガチガチ運指」

演奏している人は、自分の動きが当たり前なので、自分の手の力に気付きません。

動きにくい手を動かそうとすると、知らないうちに力んで余計動きにくくなります。

疲れや痛み、弾きにくいなど、結果ばかりに目がいきます。

 

演奏での痛みの本当の解決策

痛みで医者にかかると、よく言われるのが「痛いなら休んでください」

ごもっともです。

筋肉使いすぎたり、炎症を起こしていると痛いので、動かず安静にしておけば痛みは治まります。

でも動かさないこと、弾かないことは、本当の解決に繋がりません。

腱鞘炎でも腕の疲れでも、原因があるから症状が出ます。

演奏での痛みの本当の解決は、痛くなく弾けるようになることです。

 

自分の経験ですが、かなり昔、バレエで右足の付け根を痛めました。

歩くのも痛くて、ちょうど整形にかかっていたので言ったら「休んでください」

休んでも痛みは消えず、日々焦りが膨らんでいきました。

ダンサー専門のストレッチを見つけて(その時は静止画)やったらすぐに良くなりました。

体を使うパフォーマーにとって、休むことは解決になりません。

痛くなく動かせるようになることです。

 

本当なら、痛みや病気にならないことが医学の目的です。

動かなくなって腱鞘炎だの、歩けなくなってヘルニアだの狭窄症では遅いです。

痛める原因を取り除くこと、痛くなく動かせることです。

手にある元々の動きやさすさを取り戻して、パフォーマンスをさらに上げることです。

 

「私の手は小さいから」は改善を阻む

人によっては「私の手は小さいから」「自分の指は動きが悪い」「力が足らない」と、思い込みます。

指の動きやすさに、手の大きさは関係しません。

動きにくさを「手が小さいせい」「私はこうじゃないと弾けない」と思い込むと、改善することをあきらめます。

本当ならスラスラ動くはずの指を、例えば鍵盤や押板を押さえたら、手は動きにくく、反作用を受けて腕や肩が力みます。

手や指は、小さな力でこそ速く動きやすいです。

原因をきちんと取り除かないと、演奏も症状も良くなりません。

 「演奏しやすい手は脱力している理由」

 

練習で遠回りする

楽器の構え方、手の持っていき方、楽器や道具へ入れている力で手が動きにくくなります。

自分では負担をかけている手に気づけません。

ギター、ベースで弾きやすい手

弾き方がよければ上達しますが、悪ければ負担をかけて、疲れや痛みを起こします。

動きにくい状態で練習をすれば、余計な力での動きを身につけ、弾きにくい手を育てます。

上達しにくく、練習で遠回りします。

解剖的に負担のある動きを積み重ねれば、腱鞘炎など故障を起こします。

 

昨年の夏にギター、ベースの奏法の講習会をしました。

詳しいことは省きますが、動きやすい手やそれを身につけるための基礎練習でした。

8ヶ月後、受講してくれた方にメールでその後を聞きました。

—————————————————

「ギターをおいての押弦や紙の筒を持つことで、演奏に必要な力が思っていたよりも小さいということに気づけたのもよかったです。

テンポ40の基礎練習をしているうちに、両手のフォームのムダが無くなっていくので、10分取れないときでも可能な範囲でやるようにしています。

以前より小さい力で弾けるようになったぶん強弱の幅が広がりました。」

Aさん 30代(ロックギタリスト)

—————————————————
—————————————————

「以前よりも格段に小さい力、リラックスした状態で、どのギターも弾けるようになりました。

楽器を置いて、最小限の力で。
これは、本当に大事なお話です。

クロマチックでテンポ40も同じですが、とても意味があると思います。

40だから、ゆっくりで簡単…ではなく、40だから逆に難しいです。

指自体の動きは楽ですが、初心者さんには難しい内容だと思います。」

Bさん 30代(ギター講師、サポート)

—————————————————

姿勢や手のフォームを直すことはできます。
だから、スポーツ選手でもフォームを改善して向上します。

上達への近道は、負担のある動きを改善することです。

自分では気づかない余計な力が入らなくなると、本当に動きやすくなります。

まとめ

・疲れや痛みは結果、自分の手の力、動きにくさを自覚できない

・手や指は、小さな力でこそ動きやすい
動きにくい手で練習をしても上達しにくい

・負担のある動きを改善する
痛くなく動かせることで、パフォーマンスをさらに上げることが大切

「ギターやベースで薬指が独立しないワケ、腕が疲れるワケ」

パーソナルトレーニング、手の改善


エレキギターの方は「エレキギター登録」を♪

メルマガ登録で、講習会優待など特典♪

受信したいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。


メルマガ登録
            

ご質問ご相談は ≫お問い合わせ 
またはメール info☆music-body.com
(☆を@に変えてお送りください)

友だち追加

ミュージシャンボディトレーナー進藤浩子

健やかに奏でたり、音楽を聴いて力をもらったり、音楽を通して幸せに生きることに貢献します。

就学前よりバイオリン、小2よりピアノ、小4よりトランペット、高校でアコースティックギター歴。 

医療系の大学卒業後長年医療に従事したのち、音楽家に体の指導やケアを行っています。

趣味は、クラッシックバレエとライブに行くこと♪

ページ先頭に戻る▲