奏法改善を成功させる練習のコツ、脳科学から

ピアノやギター、ドラムなど楽器でフォームや奏法を変えたい、もっとスラスラ動かせるようになりたい。 
 
でも奏法改善の練習は、なかなか続けられません。
 
脳科学から、手の動きの身につけることや、続けられないのはなぜか?
 
地味な基礎練習を続かせるコツを、一流アスリートに学びます。
 
 

演奏の脳内プログラム

記憶は3種類に分けられるそうです。
 
1、知識記憶ー本で読める 勉強、暗記、暗譜
2、経験記憶ー自分の経験 思い出
3、方法記憶ー自転車に乗れる、泳げるなど
 
3の方法記憶は、言葉にできないものとされています。
 
楽器のスキル、技術は体で身につけるものですね。
 
言葉にできないので人に伝えにくく、人から教わりにくいです。
 
本で読んだり教えてもらうことができますが、動く感覚は人に伝えることができません
 
あくまで自分の体でできること。
 
動きを繰り返すことで、脳に動きのプログラムができます。
 
脳科学の本によると、
 
運動野の椎体路ニューロンや脊髄の運動ニューロン、前頭前野の出力ニューロンの樹状突起に変化が起こってシナプス棘の数が増え、神経回路が有効に働くようになって器用な運動ができるようになるのである。
 
『手と脳』久保田競2010紀伊國屋書店
 

ナビゲーションは音

楽器が弾けるのは、音のために手がタイミングや位置を予測して動きます。
 
音程やリズム、音の大きさや音色へ正確に動けるよう、自分の音感が正確であって、出た音を聞いて判断しないといけません。
 
ギターで指板を見ながら出ないと弾けない人がいます。
 
指板を見ながらでないと左手が移動できない、左右が合わない。
目で見て手を動かすプログラムになっています。
 
身につけ方って大事です。
音楽の脳プログラミングは聴覚で。
 
 
反復することで無意識でも体が動けることを「ナビゲーションニューロン」というそうです。
 
酔っ払っても自宅に帰れるような無意識でも動けるものです。
 
私はピアノでしか経験がありませんが、譜が飛んで頭真っ白になっても手が動いてくれます。
 
自動で手が動いてくれるのは誰しも経験あると思います。
 
こういうの、知っておくと本番安心ですね。^^
  
 

一流に学ぶフォーム改善のコツ

グリップを変えたい、手を軽く動かせるようになりたい。
 
でも身についた奏法を変えるのは、なかなか上手くいきません。
 
ゆっくりな練習を続けられない。
面白くないからですね。特に大人は。
 
自分の動きのプログラム、すでにできてる神経回路でつい動いてしまいます。
 
ジョギングなど体の運動も、新しい習慣は続きにくいです。
だから三日坊主。
 
アスリートはフォームを変えて結果を出します。
 
錦織圭選手もマイケルチャンコーチについたとき、
 
「サービス一つで、グリップ、ラケットに当てる位置、腕の振り上げ…全部じゃないか、泣きそうだ。」
 
って書いてました。
 
いやな基礎練習でも積み重ねれるから、ラインぎりぎりのボールに当てられる正確なサーブが打てるんですね。
(そういう練習をしているCMありました)
 
 
地味な練習が続かないのは、効果がわからない、スラスラ手が動かせる感覚がわからないせいもあると思います。
 
これに関して、サッカーの本田圭佑選手がすごくいい事言っていました。
 
『1年後の成功を想像すると、基本の地味な作業に取り組むことができる。』
 
成果がわかっているから、地味な基本練習が続けられるんですね!
 
 
『才能を伸ばすシンプルな本』より
ーーーーーーーーーーーーーーー
 
単なる繰り返しではなく、本物の練習をすること。
 
(SAXの練習を例にあげて)基本的なスキルを身につけて次に進むことではなく「もっとも重要なこと」が並外れて上手くなること。
 
ハードスキルを磨いておくことが全ての基盤にある。
ーーーーーーーーーーーーーーー
 
『才能を伸ばすシンプルな本』
ダニエル・コイル2013サンマーク出版
 
演奏の基本的な動きをよくするのは、音質や音楽レベルを向上させるためです。 
 
基礎練習は、タイミングや音の大きさなどを耳で確認して音の粒を揃えながら、力が入らないよう左右の手をゆっくり動かします。 
 
曲にはいろんなテクニックが必要です。
 
速さだけでなく、指を開いたり、離れた所へ移動など、軽く動かせる手だとどんなテクニックもやりやすくなります。
 
毎日、繰り返します。
やったりやらなかったりではなく、10分でもいいので毎日。
 
人によりますが、数ヶ月は続けないと体は変わりません。
 
数ヶ月も?と思われるかもしれませんが、この先何十年上達しにくく腱鞘炎になるより、よほど効率いいです。 
 
 
 

まとめ

奏法がよくないと、手が動きやすい感覚がわからない
 
毎日繰り返して、今ある動きのプログラムを上書き
 
1年後スラスラ手が動かせて上達した自分を想像


エレキギターの方は「エレキギター登録」を♪

メルマガ登録で、講習会優待など特典♪

受信したいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。


メルマガ登録
            

ご質問ご相談は≫お問い合わせ 
またはメール info☆music-body.com
(☆を@に変えてお送りください)

友だち追加

ミュージシャンボディトレーナー進藤浩子

健やかに奏でたり、音楽を聴いて力をもらったり、音楽を通して幸せに生きることに貢献します。

就学前よりバイオリン、小2よりピアノ、小4よりトランペット、高校でアコースティックギター歴。 

医療系の大学卒業後長年医療に従事したのち、音楽家に体の指導やケアを行っています。

趣味は、クラッシックバレエとライブに行くこと♪

ページ先頭に戻る▲