音楽練習するときに集中する方法

3月に入って花が咲き始めました。
冷たくされたあとの春が来た感、嬉しいです。

 

ギターでもピアノでも楽器を練習するとき、集中すると効率が上がります。
集中するにはちょっとしたコツがあります。

1、環境を整えておく

【音楽環境を整える】
光、暗すぎず、明るすぎず。
エアコン、加湿なども調整しておく。

【気の散る物は遠ざけておく】
スマホや電話、切っとく。
つい手が出てしまうSNSやメール、ゲームなど
邪念が入るものは手が出ない場所に。

【周りをスッキリ】
ピックなど道具、譜面のクリップや筆記道具、
必要なものが探さなくても定位置にある。
無駄なもの、不必要なものがない。

PAK86_shigotocyumangayomu20140125-thumb-autox1500-17586

2、座りごごち

集中する気になると、座り方や椅子の位置など
微妙なズレでも気になって直します。

たとえば書道をするとき
体はリラックスしてて手が動きやすい状態で
意識を集中させます。

座ってすぐ演奏を始めずに
最初ほんの一分でいいので、
座り具合いがしっくりしてるか感じてみてください。

椅子の上の上体を楽に、
足も床につけて体がリラックスしてるといいです。
立つ人も程よい足幅で体をリラックス。

そして、楽器に向かって自分の位置がベストな状態か?
椅子の位置、前後や高さで手や足を使いやすいか、
再度確認を。

音楽はその場で手などパーツを動かします。
その動きにくさになかなか気づけないので、
動きに抵抗のない状態に先になっておいて欲しいのです。

当然、軽くウォーミングアップをしておくと
座りやすくなって、やる気もアップします。
笑^^

3、休憩をはさむ

若い人は一時間以上続けても集中できますが
かたい人程、こまめに休憩するのがオススメです。

楽器から離れて立つ。
立ってる人は座る。
軽いストレッチもいいリラックスです。

この休憩でPCやスマホは見ない!!
頭をリフレッシュする休憩なので
できるだけ頭を使わない。

・環境を整える
・座りごごち
・休憩

「リラックスして集中」

同じ長さの時間でも練習が濃くなります。

卒業シーズン*

卒業ソングって変わらない。
いいですね〜^^

私の卒業ソングはバッハのカノンですが、
曲と共に体育館の情景や気持ちが蘇ります。

音楽って心に残りますね。

 

この記事を直接あなたにメールで届けます。
本当の上達はテクニックだけでなく、自分の魅力を引き出せること。
あなたの魅力をもっと引き出せるように、応援メッセージを送ります。

無料メルマガ【レベルアップ講座】

登録特典はこちら↑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)