世界一不安を感じやすい日本人〜日本人があがるワケ

こんにちは。

ステージに上がる音楽家のためのパーソナルトレーナー進藤浩子です。

 

セロトニンって聞いたことありますか?

精神の安定や快眠に欠かせない「幸福ホルモン」とも言われています。

足らないと不安を感じやすく、うつ病だと少なくなります。

実は日本人、このセロトニンが少ないんです。

 

セロトニンと不安

セロトニンとは

脳内の神経伝達物質のひとつで、ドパミン・ノルアドレナリンを制御し精神を安定させる働きをします。

他の神経伝達物質であるドパミン(喜び、快楽など)、ノルアドレナリン(恐怖、驚きなど)などの情報をコントロールします。

セロトニンが低下すると、これら2つのコントロールが不安定になり、

攻撃性が高まったり、不安やうつ・パニック障害などの精神症状を引き起こすといわれています。

厚労省e-ヘルスネットより

セロトニンが不足すると

セロトニンが不足すると、血管の拡張を促すので片頭痛を起こしやすくなります。

セロトニンの低下に、女性ホルモンの分泌の減少が関係していることが判かり、更年期障害と関わりがあることが知られるようになりました。

冬に日照時間が減ると、セロトニン分泌が少なくなります。

 

セロトニンが不足すると、不安感を持ちやすい精神状態になります。

うつ病の薬はセロトニントランスポーターの作用を阻害して再吸収を邪魔します。

そうすることによりシナプス間のセロトニンの量を増やします。

 

日本人が不安を感じるのは

遺伝子レベルで差

セロトニンの量を調節するセロトニントランスポーター遺伝子には、セロトニンを多く作るL型と少なく作るS型の2種類があります。

どれを多く持つかによって、遺伝子の型を大きくLL型とSS型に分けると、

 

LL型;非常に楽観的な性格、ストレスを感じる状況でも精神的に安定

 米人32% 日本人1.73%

SS型;慎重で不安を感じやすい、

 日本人80% スペイン人47% 米人45% 南アフリカ人28%

国民性の違い

欧米では、親の出身国が他国であったり、色んな人種の人がいます。

自分と他人のバックグランドが違っている、人と自分が違うことを気にしません

特にアメリカでは、自己主張することを子供の頃から求められます。

 

日本は、周りに合わせることを重んじられます。

自己主張するよりも、空気を読むことが大切です。

結果、自分の考えを持たず、個性を抑えて育つはずの創造性まで削いでしまします。

 

日本の場合、ほとんどの家庭で親が日本人、少数ながらアジア人です。

他の人と自分のバックグランドが同じなので、話しをする必要がなく、人と自分が違うことが気になります。

日本人は慎重ですが失敗を許されなくなります

チャレンジしにくくなります。

日本人のあがりのワケ

不安、恐怖に思う理由は、日本以外の国では「自分が低く思われる」ことを怖がります。

自分が劣っていると思われる、規律や宗教の戒律上、自分が不安に感じることを恐れる、「自分」を恐れます。

 

日本人の場合「人の目、世間の目」を怖がります。

周りからどう思われるか? 自分が人に与える影響が不安です。

この日本人の不安の特性は、精神科の本や前に紹介した「内向型人間の時代」の本にも書かれています。

社会不安障害

問題となるのが、人前に出なくてはならないとき不安が大きくなることです。

「社会不安障害」とは「不安症」ともいい、あがって人と話せない、乗り物に乗るのが怖いないなど、「〇〇恐怖症」ともいいます。

 

赤面恐怖症、発汗恐怖症、対人恐怖症、書痙(人前で字を書こうとすると緊張して手が震える)など。

場面によって怖さ、緊張を感じ、体に症状、手や体の震えや吃音などが出ます。

発症は10代半ばから20代前半で、エスカレートすると症状が出る状況を避けようとする「回避行動」になります。

 

日本人はこの社会不安障害の割合が、他国と比べて高いです。

 ステージ恐怖症は≫ステージフライト

不安を減らすには

セロトニンを増やす

必須アミノ酸トリプトファンから生合成されるので、トリプトファンを含む食べ物を摂る。

カツオ、レバー、パスタ、チーズ、落花生、胡麻、バナナなど。

風呂につかる、リズミカルな運動、日光を浴びるなど、心地いいと思えることをする。

心地いいことしたら、脳内のセロトニンが増えるそうです。(中野信子氏著書より)

 

心地いいことしたら、精神状態良くなって当たり前と思います。

心地いいとセロトニンは増えるのか、セロトニンが増えるから心地いいのか、

どっちでもいいです。

自分の考え方や体から

日本人に不安を感じやすい遺伝子が多いのは、昔から自然災害が多いからという説もあります。

国民性に影響を与えたかもしれません。

いずれにしても、遺伝子なんて誤差の範囲です。

 遺伝子について「ラ・カンパネラ」の奇跡ー才能が目覚める

 

不安を抑え精神を安定させるには、動いてちゃんと食べて寝て、好きな曲を聞いて楽しんだり笑えばいいです。

周りに流されないで自分で考えること、そのために視野を広く持つことも日本人には必要です。

《ミュージシャンボディトレーナー進藤浩子》

ステージに上がる音楽家のためのパーソナルトレーナー

思うように動かせない、痛みや悩みを抱えている音楽家の方が、

動きを回復して能力を発揮し続けるよう、支援しています。

19年医療に従事したのち音楽家専門のフィジカルセラピストに。

バイオリン、ピアノ、トランペット、アコギ歴。

趣味は、大人から始めたクラッシックバレエ、英会話

詳しくは プロフィール

 ページ先頭に▲