手指のジストニア改善に大事なことは?ー反復練習は逆効果!

こんにちは。

ステージに上がる音楽家のためのパーソナルトレーナー進藤浩子です。

 

音楽家の局所性ジストニアには、演奏で指が曲がったり伸びってしまって思うように動かせないタイプと、

バスドラムを叩けない、管楽器で口を思うように動かせないなど、イップスのように慣れた動きができなくなるタイプがあります。

(イップスとは、ゴルファーがパターできなくなったり、野球で普通に投球することができなくなること)

 

どちらのタイプも、筋肉に問題はないので筋肉で解決はしません。

前回書いたように、脳は機械的、過剰な繰り返し、楽しくない体験を刻み込みやすいです。

「絶対に直さなくては」など強迫的な感情で持って反復することや、うまくいかないのを繰り返して味わうストレスは、逆効果となります。

ここでは、主に鍵盤、弦、キーなどで指を思うように動かせない、指が不随意に動いてしまうタイプのジストニアについてです。

手のフォーカルジストニア

体の動きは変わりにくい

私たちが動きや色んなことを学ぶ際、脳の神経細胞にシナプス(つながり)が作られていき、決まったパターンを作ります。

同時に活性化した脳の神経細胞は、やがて決まったパターンを作り、いろんな能力を身につけると考えられています。

これによって、動き、読み書き、日常生活などあらゆる場面で、行動や思考ができるようになります。

 

一方で、脳にできたパターンは、変化させる可能性のあるニューロン(神経繊維)を拒み、新しいパターンを作りにくくします。

同時に活性化した脳の神経細胞は、決まったパターンを作るので、「同時に動作すること」を学んでしまう性質があります。

 

体のクセや奏法が変わりにくいのはこのせいです。

たとえば、ギターで指板を見ながら弾く人は、視覚と顔の向きがセットになって手が動くので、見ないと手が動きにくくなります。

 

ただでさえ指は、解剖的に元々つられやすいところで、ある指が動く時に、他の指が同時に曲がったり伸びたりしやすいです。

楽器で指が他の指の動きで曲がったり伸びたりする脳のパターンを作ることで、演奏で指の動きをコントロールできなくなります。

よくしようとして楽器で指の動きを反復させることで、多くは症状を強めてしまいます。

 

新しい神経回路

主に手のフォーカルジストニアでは、脳が楽器での動きを新しいパターンになる必要があります。

異なる秩序のもとでプロセスをしっかり踏んで、脳は新しいパターン、新しい動きの神経回路を作ることができます。

 

人が指同士を別々に動かせるのは、脳が「違い」を読み取れるからです。

動きを改善するために、神経可塑性の研究からわかっていることは、感覚、動き、考え、識別する脳の力を使います。

脳で感知される違いは、脳が新しいつながりを作るための情報です。

 

脳に情報を与えるには、体が動いて感じるその「違い」に気づくことで、新しい神経回路をつないでいく種となります。

それには意識、注意を向けることで、力、刺激を弱くすると違いをわかりやすくなります。

 

力や速さは、関節や筋肉と脳とのやりとりを邪魔していると考えてください。

力を抜いた状態を知ったり、ゆっくり動くとわずかな違いを感じられたり、脳が感覚の違いを読み取ることを助けてくれます。

脳は違いを読み取るようになり、より動きを組み立てるチャンスができます。

安心して柔軟な姿勢で

結果への執着を手放す

結果への執着を手放し、柔軟な姿勢で向き合うことで、脳は変化しやすくなります。

小さなことでも喜ぶことで、脳は神経回路を選び取りやすい、動きを学びやすいです。

無理なことがあっても成否などの判断せず、自分を責めず肯定的でいましょう

 

私たち日本人には、間違ってはいけない、正確でなくては、という真面目さがあります。

多くのジストニアの方は、小さな進歩でも「まだできない」と考えてしまいます。

ジストニアになる方は、真面目にたくさん練習を積んできた方な訳ですから。

自分に愛情を持つ

弾けなくても進歩がなくても、自分を非難したりダメだと思わないでください。

自己卑下、自信喪失、不安や恐れ、精神的な疲れ、脳は学びません。

自分のペースで進歩していけるよう自分を安心し、自分に愛情を持つことが大事です。

「自信よりも大切なこと、自分を尊重すること」


無料メール講座
📩「思い通りに奏でやすい訳 〜音楽家が痛めない秘訣」

📩「音楽家のための腰痛、肩こり講座」

メンタル系のメール講座も準備中です^^

《ミュージシャンボディトレーナー進藤浩子》

ステージに上がる音楽家のためのパーソナルトレーナー

思うように動かせない、痛みや悩みを抱えている音楽家の方が、

動きを回復して能力を伸ばし続けるよう、支援いたします。

長年医療に従事したのち音楽家専門のフィジカルセラピストに。

バイオリン、ピアノ、トランペット、アコギ歴。

趣味は、大人から始めたクラッシックバレエ、英会話、カラオケ

詳しくは プロフィール

 ページ先頭に▲

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)