「ラ・カンパネラ」の奇跡ー才能が目覚めるためには

ピアノ弾けない、譜面読めない50代の海苔漁師のおっちゃんが、フジ子・ヘミングさんの前で「ラ・カンパネラ」を弾いた!

こんにちは。

ステージに上がる音楽家のためのパーソナルトレーナー進藤浩子です。

 

なぜ、こんなアンビリバボーことが起こるのか?

今回、これを遺伝子から解説します。(笑)

と言っても、親が音楽家だからその遺伝子、という話ではないです。

 

遺伝子工学の村上和雄さん、筑波大学名誉教授によると、人間の遺伝子の99.9%は同じだそうです。

「能力に差が出るのは、遺伝子がオンになっているか、オフになっているか。

遺伝子オンにすることで、人は生まれ変わることができる。」

 

遺伝子と能力

その前に、遺伝子とは?

細胞の中の核という部分にある、組織を作って働かせる設計図です。

親から子へ形質遺伝したり、皮膚の細胞が皮膚を再生したり、心臓の細胞が心臓を動かす設計を伝えてます。

 

村上さんによると、

一つの細胞内の遺伝子が持つキャパシティを100とすれば、その3〜5%しか用いてない。

世の中には、優れた能力を発揮する人、ものすごく頭がいい、スポーツができる、絵が上手、な人がいます。

 

他の人よりほんの少し遺伝子の働きが活発なのです。

普通の人が遺伝子のキャパ3〜5%を使っている時、6〜8%使っている。

誤差と言って良いほどわずかなもの、だそうです。

眠っている遺伝子を目覚めさせる

自分にとって好ましい遺伝子がちょっと余計に働いてくれれば、それまでとは違う自分になれる。

遺伝子にはスイッチのようにオンオフの機能があります。

ガン遺伝子など好ましくないものには眠ってもらい、好ましい遺伝子をオンにしてどんどん働いてもらえばいいのです。

 

以前は遺伝子の働きは固定的、運命的で抗いがたいもの、と受けとられていました。

しかしそうではない、オンオフは一生固定されておらず、与えられる環境によって変化するもの。

高血圧、糖尿病、発癌性の遺伝子もそうです。

 

伸びる人は眠れる遺伝子を呼び起こす。

遺伝子をオンにするには、環境、つまり生活習慣、考え方、心や精神が変化すること。

そのためには

1、物事に熱中できるー何かに取り組んだら脇目もふらず、周りがどうあれお構いなし。

2、持続性

3、常識にとらわれないー規制されない自由な発想を持つ

 

3つ共、この方に当てはまりますね!

遺伝子オンにするには

村上さん曰く、

遺伝子のスイッチオンにするには、災害や病気などで死にそうな目にあったり、

ひどい空腹や囚われの身から自由になれたときだそうです。

でも、日常で満たされてるので、そんな目に合わない。

 

人間は快感を求める原則があるので、美しさ、楽しさなどを「すばらしい」と思う感動だそうです。

美しい、楽しいことで「すばらしい」と感じる。

感動するためには、対象ではなくこちらの感性の方が大切。

花を見てかわいいなと思える人の方が見逃す人よりもいい、遺伝子オンになりやすい。

 

 村上和雄さんの読みやすい本、アマゾンへリンク

「遺伝子オンで生きる」 (サンマーク文庫)

「スイッチ・オンの生き方」

心の作用

この方が始められたきっかけには「大きな感動」があります。

フジコさんの魂のこもった「ラ・カンパネラ」に感動。

そして、同じ曲を弾きたいという、とてつもなく大きすぎる夢

 

これが愚直に毎日7時間レッスンさせました。 

つまり、努力が苦でない、毎日7時間レッスンが努力でない。

ちょっとずつ弾けるようになる、そこに喜びがあります

地方のテレビに出たりしてさんまさんの番組までつながり、フジ子・ヘミングの前で弾くという機会につながりました。

 

感動、喜びがあって、大きな夢に届きました。

心の作用は、科学的に計ることがむづかしいですし、大事に思われません。

でも、これが本当に大きな力になって、とてつもない大きな可能性を開きます。

 

大きな夢をバカにしてはいけませんね!次回は、夢についてです。

↓メール講座も読んでみてね♪


💌メール講座
音楽家のためのメンタル講座「自分を好きになる」

パーソナルトレーニング

≫進藤浩子プロフィール

 ページ先頭に▲