テクニックや練習など上達のための記事

痛い、動きにくい…【楽器の腱鞘炎】はガンバらない

ピアノやギター、ベース、管楽器、打楽器で親指の付け根が痛んだり、指を曲げる時痛い“腱鞘炎”。

また、演奏で腕が疲れたり腕や肘が痛い、テニス肘になるなど腕や肘に痛みを起こすこともあります。

手や腕に痛みや疲れを起こす人は、手に負担がかかる奏法をしていてそれゆえ動きにくいのですが、頑張って練習したり指を鍛えたりします。

無理に指を動かすような、指に負荷をかけた奏法を続けていくうちに、腱鞘炎につながったり動かなくなってしまいます。

手に負担のない使い方をしていくことで、指が動きやすくなって故障を遠ざけて、より演奏しやすくなります。”。

また、演奏で腕が疲れたり腕や肘が痛い、テニス肘になるなど腕や肘に痛みを起こすこともあります。

手や腕に痛みや疲れを起こす人は、手に負担がかかる奏法をしていてそれゆえ動きにくいのですが、頑張って練習したり指を鍛えたりします。

無理に指を動かすような、指に負荷をかけた奏法を続けていくうちに、腱鞘炎につながったり動かなくなってしまいます。

手に負担のない使い方をしていくことで、指が動きやすくなって故障を遠ざけて、より演奏しやすくなります。