痛い人がより叩ける体になるーなぜ40代ドラマーの9割が痛めるのか?

こんにちは。

ミュージシャンボディトレーナーの進藤です。

 

「腕が思うように動きにくい。力が入りにくくなってきた。」

「前のライブでの足の筋肉痛が尾を引いて、今日、動きにくい…」

「叩いてると腰にジーンとくる。ギックリ腰が怖い…」

「本番で緊張して力んでしまう。思うような演奏ができない」

「年齢のせいか、疲れが抜けないままステージに立って、精神的にも参る…」

動きやすくなろうと、筋トレしたり、グリップを変えようとしたりします。

お疲れ様です。

痛々しいですね。。。

今回から、痛みがあるドラマーの方が、より叩ける体になれるよう、お伝えしていきます。

体教室5月「動きやすい脚、安定した座り」

筋トレで叩きやすくなるか?

動きにくいと、多くの人が筋トレ!と考えます。

実は、叩きやすくなるためは、筋トレをしなくてもいいんです。

 

ドラムには、大きな力が入るような筋力はいらないです。

というのは、その場で腕や足が動きやすくなるには、力まないことやかたさを取り除くことが大事だからです。

ドラマーが痛めるわけ

人は、かたいことや動きにくいことを自覚しません。

痛い、痒い、暑い寒いは危険として察知しますが、力んでも動きにくくても、危険とは察知しません。

力が必要な時があるので、気づくのは痛くなってからです。

 

体がかたい、年齢的にかたくなっていても、気づかずに演奏してしまいます。

若いときよりだんだん回復力が落ちてきます。

だから、動きにくいと「力が足らない」と考えます。

 

鍛えてかたい筋肉は、大きな力は入りますが、素早く伸び縮みしません。

反復するのに抵抗が大きいです。

また、痛めているところに負荷をかけて動かせば、より痛めてしまいます。

 

力が入ると、ダイナミクスは出ます。

でも、力で叩くと反力、衝撃も手や腕に大きく受けてしまいます。

繰り返すことで、筋肉や筋肉の端の腱にダメージを受け炎症を起こします。

ストレッチ、がんばるわりには

かたさを減らそうとして、ストレッチを頑張りますね。

でも、きつさを我慢してストレッチするわりには、効果が出ません。

 

柔軟になることはいいことですが、きついストレッチをがんばるほどのものではない。(あっさり)

筋肉は、関節をまたいで付いてます。

縮んで骨と骨を引き寄せ、ゆるんで骨同士を離します。

 

動きやすいのは、一ヶ所大きな角度開くよりも屈伸しやすいこと、つまり筋肉が伸び縮みしやすいことです。

伸び縮みしやすい筋肉なら、素早く反復します。

動くには、一つの筋の筋力アップや一つの関節の大きさよりも、連なりやすいことです。

 

手足の動きは、体の方で大まかな動き、末端で繊細なコントロールをします。

それが上手くいかないと腕や手を痛めます。

手先の方だと腱鞘炎、肘の方だとテニス肘になります。

まとめ

かたいこと、動きにくいことを自覚しない

重いものを動かせる力や大きな角度の柔軟性よりも、動きの連なりが大事

筋肉が伸び縮みしやすいと、反復して動きやすい

 

体教室5月「動きやすい脚、安定した座り」

無料メール講座
📩「音楽家のための腰痛、肩こり講座」

📩「思い通りに奏でやすい訳 〜音楽家が痛めない秘訣」

《ミュージシャンボディトレーナー進藤浩子》

ステージに上がる音楽家のためのフィジカルセラピスト。

思うように動かせない、痛みや悩みを抱えている音楽家の方に 

動きを取り戻して、音楽的能力を伸ばし続ける体に。

長年医療に従事したのち音楽家専門のパーソナルトレーナーに。

バイオリン、ピアノ、トランペット、アコギ歴。

趣味は、大人から始めたクラッシックバレエ、英会話、カラオケ

詳しくは プロフィール

ページ先頭に▲

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)