バスドラムはストレッチで、ペダルを踏みやすくなる

バスドラムでふくらはぎや腿が疲れたり、筋肉痛になったりします。

ペダルを操作するときは、足裏の感覚で、ペダルの踏み離しを繰り返します。

足首、足指がかたいと上下に反復しにくく、動きにくくなります。

ペダルを踏みやすくなるストレッチのご紹介です。

ペダルを踏みやすくなる

ペダルを操作するときは、足裏の感覚で、ペダルの踏み離しを繰り返します。

膝から下に付く筋、 すねやふくらはぎ、足裏の筋で、足首、足指が小さいながら屈伸して、上下に反復します。

 

足首、足指がかたいと上下に反復しにくく、動きにくくなります。

膝下や足裏の筋肉を動きやすくして、足首や足指を動きやすくしよう!

 足首の屈伸ストレッチ

ペダルではあまり足首が伸びないし大きな力も要りませんが、足首が屈伸しやすいと、踏みやすくなります。

普段、歩きやペダルを踏む動きしかせず足首や指を伸さないと、筋肉がかたく、動きにくくなります。

膝からつま先までの筋肉が伸び縮みしやすいように、足首の関節を動きやすくします。

足首、つま先ストレッチ例
「ドラム・マガジン」記載記事

座って足首をしっかり曲げたり、つま先を伸ばします。

椅子に座って両手で足首と甲を持って、足首を動かしてもOK。

立って、足を前後開脚、後ろの足のふくらはぎを伸ばします。気持ちいいレベルで。

体を正面に向けて腿の付け根も伸ばします。上半身ストレッチと腿の付け根からの動きもよく。

 足首から先のトレーニング

 《足首ストレッチ、足指トレーニングでペダルを踏みやすく》

足の指を伸ばしたり甲をほぐしたら、指に力を入れます。
足の指、足首を動かします。

踏みにくいとき

力んで動かすと、足首が屈伸せず、力づくで上下させてしまいます。

演奏では、自分の動き方が当たり前になるので、力んでいることに気づけません。 

 

力んで動かすことで、屈伸しづらいかたい足首になってしまいます。

私が見たドラマーの中には、足首がかたい人や、若いのにつま先立てて座れない、正座で足首曲げれない人もいました。 

 

動きが悪いと「力が足らない」と思いがちです。

人によっては、動きにくい足を動かせるように、筋トレしてしまいます。 

筋トレでできた筋はかたく収縮弛緩しにくく、反復しにくくなります。 

 

足首足指が屈伸しやすい柔軟性を活かして、上下に動きやすい足で、踏みやすくなってください。

「バスドラムを踏みやすくなる解剖学とコツ」

「ドラムは足の向きで変わるー座り方とガニ股改善の筋トレ」

「ドラムで腕や脚が疲れない筋肉学」

ドラム&打楽器での体

パーソナルトレーニング

柔軟、トレーニング教室


メルマガ登録で、講習優待や限定動画ほか♪
メルマガ登録 

《ミュージシャンボディトレーナー進藤浩子》

誰もが健やかに自分らしく奏で、音楽を通して明るい未来を目指します。 

医療系の大学卒業後長年医療に従事したのち、音楽家に体指導やケアを行っています。

バイオリン、ピアノ、トランペット、アコギ歴。
趣味は、クラッシックバレエとライブに行くこと♪

詳しくは プロフィール

ページ先頭に▲

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)