ドラムのための筋肉学ー自分を支える力、インナーマッスル

ドラムを叩く人であれば、腕や脚をもっと動かしたいと思います。

より動かすためには、筋力アップ、筋トレ!と考えますが、一方で脱力しろとも言われます。

より叩ける、ペダルを踏めるためには、筋力アップでしょうか?脱力でしょうか?

実は、気づかない力、インナーマッスルが働いています。

体を支えている筋力

私たちは起きていると、脚や背中の筋肉で自分を支えています。

脚や背中の筋肉を使って、重力に抗って姿勢を保っています(姿勢反射)。

電車の中や、駅で寝ている人を見ると、体を支えていないのがわかりますね。 

 

そして、手を使うときには、土台の体が安定している必要があります。

手で荷物を持ち上げるとき、体を支える力がないと、体が倒れてしまいます。

 

座っていても、片方数キロある腕を動かし始めると、体幹の深層筋が働いて体を安定させます。

四肢を動かすとき、インナーマッスルの腹横筋が、自動的に収縮します。

インナーマッスルは手足を動かす「元」です。

インナーマッスルとは

アウターマッスル

表層筋、グローバル筋とも言います

体幹の浅いところにある筋や、腕や足、大胸筋など体を動かす筋

 

体幹の腹直筋、外腹斜筋と内腹斜筋、脊柱起立筋など

腹直筋は前屈、腹斜筋と背中の筋肉は側屈、ひねるなどの姿勢に働きます

インナーマッスル

コア筋、コアマッスル、深層筋とも言います。

肩や腕などの深部につく筋を言うこともあります。

腕を動かすだけでも常に体の重心は変わるので、腹横筋が体を背骨の方に寄せるように、常に自分を支えています。

 

腹横筋;お腹の一番内側、腹直筋や腹斜筋より内にあります

横隔膜;腹と胸の境、呼吸で動きます

骨盤底筋;股間で、尿道や直腸が通ります

多裂筋;背骨同士に付く筋肉

大腰筋、腸骨筋;背骨、骨盤と足の骨を結ぶ深層の筋肉

腹横筋↓

横隔膜、大腰筋、腸骨筋、骨盤底筋↓

多裂筋↓

 

大きな力を入れるときは、息で腹腔内圧を上げて脊椎や体幹をしっかりさせます。

体幹を保って表層の筋肉の柔軟さが適切にないと、ドラムで腰を痛めやすいです。 

 

インナーマッスルは自分ではわからないので、意識できません。

横隔膜はしゃっくりした時わかるくらいで、自分で動かせません。

深呼吸すると、肋骨や皮膚が動くのが感じられますが、横隔膜の動きはわかりません。

 

アウターマッスルみたいに、脳からの命令で動きません。

骨盤底筋がゆるいと、女性だとくしゃみ時に尿漏れしたり、男性でもバッティングで尿漏れします。

外の力が強くて、内の力が弱いと言うことですね。

 

筋肉なので、使っていないと収縮しにくく弱くなります。

ちなみにボイトレや尿漏れで、お尻の穴閉めろとか見ますが、お尻の筋肉を使ってます。

「歌や吹奏楽では腹式呼吸」腹式呼吸のトレーニング

筋トレで鍛えると

動かすのは、演奏で身につけた神経回路で、動きの命令を筋肉に伝えて動きます。

負荷をかけてパーツを鍛えると、神経系による筋肉への伝達を邪魔します。

これはイチロー選手のトレーナーの小山裕史氏、故橋本敬三氏、故ジョセフ・ピラティス氏らが言っています。

「演奏で動くメカニズムー筋トレが演奏やドラムに効果あるか?」

筋トレで重い荷重を動かすのは、かたくボディビルダーのような筋肉で、俊敏に収縮しません。

一方、バスケットや空手、武道のように姿勢が変化しやすく、体のバランスを保ちながら、手足が俊敏に動きやすい体。

ドラムでの手足の動きは、後者のように、安定した体幹から、四肢が動きやすいことが望ましいです。

「ドラムで腕や足が疲れない筋肉学」

力んでしまうのは

人は自分のかたさ、動きにくさを自覚しません。

思うように音を出せないとき、動きにくいことに気づかずに力んでしまいます。

 

私たちは、体育教育やスポーツ産業の影響で「筋力が大きいほど動ける」と思い込んでいます。

演奏で動きにくいと、「力不足、筋トレしよう」と思ってしまいます。

 

力んで演奏したり筋トレでパーツを鍛えると、アウターマッスルの筋力ばかりで演奏して、インナーマッスルとのバランスを崩してしまいます。 

体側からしなやかに手足が動いて、手や足底でスティック、ペダルの当たる感覚で俊敏に反応できるような、末端で力まないことが脱力と思います。

インナーマッスル、まとめ

腹部のインナーマッスルが働いて、自分を支えている

動きが悪いのは、力が足らないせいではない

パーツを鍛えると、脱力しなくなる

「腰痛や姿勢をよくする、ドラムで骨盤を立てる方法」

ドラム&打楽器の姿勢、手足

パーソナルトレーニング

柔軟、コアトレーニング教室


メルマガ登録で、講習優待や限定動画ほか♪
メルマガ登録 

《ミュージシャンボディトレーナー進藤浩子》

誰もが健やかに自分らしく奏で、音楽を通して明るい未来を目指します。 

医療系の大学卒業後長年医療に従事したのち、音楽家に体の指導やケアを行っています。

バイオリン、ピアノ、トランペット、アコギ歴。
趣味は、クラッシックバレエとライブに行くこと♪

詳しくは プロフィール

ページ先頭に▲