ドラムで動きやすい腕は体幹からー肩の造り

音を出しにくかったり、手を思うように動かせないと「力が足らない」と思いがちです。

では筋トレして筋力がついたら、本当に音を出しやすくなるでしょうか?

演奏では、次の音に向かって手が動き続けます。

動きにくい時、音を出す動きを邪魔しているのは何でしょう?

ドラムで叩きやすい腕や、肩の造りについて。

動いているのはどこ?

私たちは、筋肉や骨を使って動きます。

いくつかの筋肉で骨同士を寄せたり離したりして、動きが生じます。

動きが起っているのは関節です。

 

スティックなど道具は、手や指、体の先端で操作します。

なので、体から手の先まで全ての関節が屈伸しやすいこと、付いている筋肉が伸び縮みしやすいことが必要です。

音楽家のための体の知識ー動く仕組み

ドラムで動きやすい腕

体がかたくないこと

自分を支えて柔軟に動ける体。

まず、自分を支える筋肉、姿勢を保つお腹や背中、体幹の中のインナーマッスルが使えること。

これがないと、猫背になって背もたれが大好きになってしまいます。

 

猫背だと、脇の下の筋肉が伸びず、背中側の筋肉が引き伸ばされて、上腕と肩甲骨が動きにくいです。

姿勢が良くてもかたいと、胸や肩甲骨周囲の筋肉が動きにくく、手が力んでしまいます。 

特別に大きく曲がる柔軟さじゃなくて、体をひねって横に向いたり、腕を上げ下げできるよう、背中や胸が伸びやかに動けると、腕が動きやすくなります。 

 

じっとしていたり、年齢がかさむことで、体は自らの重みでかたくなります。

柔軟に動ける体でないと、腰痛やコリを起こしやすく、脊椎から出ている神経を圧迫すると、足や手に痺れを起こします(椎間板ヘルニア)。

つけ根が動きやすいことが大事

手を動かす時、腕の付け根から動いているように思いますが、腕を前に出すだけでも肩甲骨は動きます。

肩がかたいと、腕を動かす肩甲骨周りの筋肉が伸び縮みしにくく、腕の動きに余計な力を使います。 

 

手や指先が楽器に接するまでの腕のリード、手綱の動きが悪いと、手が力みがちです。

体幹からの動きがいいと、力みなく先端にスピードが出たり、手を使いやすく疲労しにくくなります。

 

大事なことは、腕の可動範囲より、肩甲骨周りの筋肉が動きやすい、伸び縮みしやすいことです。

腕の付け根の動きは小さくても、末端で細かい動きができるような造りになっています。

肩の造り

体幹の中で、呼吸する胸郭の上左右、鎖骨・肩甲骨・上腕骨の付け根、腕を動かせるところを肩と呼んでいます。

鎖骨は胸の中央の胸骨に付いていて、手のひらで触ると関節から動くのがわかります(胸鎖関節)。

背中に肩甲骨があります。鎖骨と肩甲骨は引っ付いて動きません。肩甲骨は背中で浮いている状態です。

肩甲骨の凹みに上腕骨が付いていて、体中で一番よく動く関節です(肩甲上腕関節)。

↓胸の真ん中に胸骨があって、左右に鎖骨が付きます

↓右の肩を前から見た図

上腕骨は肩甲骨に付きます
鎖骨と肩甲骨は引っ付いて動きません

手が力まないこと

スティックなど道具を、手でしっかり持つと、動きが遅くなります。

手に力が入ると、腕の筋肉や肩までかたく、関節が屈伸しづらく、動きにくくなってしまいます。

指、手首、肘、肩、脊椎、全部の関節が動きやすい状況にあることが大事です。 

 

力で動かしていても、本人にとって当たり前な動きになるので、余計な力を使っていると思えません。

手に力を入れると、腕や肩までかたくなるので、腕が疲れやすく肩がこりやすくなります。

動きにくい状況のまま動かし続けることで、腱鞘炎や肘の故障に繋がります。

動きやすいとは?

イチロー選手の場合

私たちは、学校の体育やスポーツ産業の影響で、力や角度が大きいことがいい、動きは筋力だと言う思い込みがあります。

力が入ることは、筋肉がかたく縮むこと、重いウェイト動かせるのは、大胸筋や腕の筋肉がかたくなることです。

ウエイトトレーニングをすると、筋肉がかたくなるので、終わったらよく柔軟体操をします。

 

大胸筋や腕の筋肉がかたくなるので筋トレを禁止しているのが、イチロー選手のトレーナーの小山裕史さんです。

「演奏のために筋トレしたらダメな訳、イチロー選手に学ぶ」

演奏で筋肉に命令を出すのは神経系で、聴覚や動く感覚、手の皮膚感覚で自動で動きます。

かたさや力み、どこかが滑らかな動きを邪魔していると、思うように音を出しにくくなります。

音を出すメカニズム、歌や演奏しやすい体

まとめ

肩甲骨が動きやすい体で、腕が動きやすい

腕が動きやすいと手の負担が減る

手元が力まない奏法で、関節が屈伸しやすく筋肉が伸び縮みしやすい

《肩の造りから、動きやすい腕》
大事なことは腕の可動範囲より、肩甲骨周りの筋肉がちゃんと伸び縮みしやすいこと。

《肩のウォーミングアッップの紹介》

ドラム&打楽器での体


パーソナルトレーニング

柔軟、コアトレーニング教室

メルマガ登録で、講習優待や限定動画ほか♪
メルマガ登録 

《ミュージシャンボディトレーナー進藤浩子》

誰もが健やかに自分らしく奏で、音楽を通して明るい未来を目指します。 

医療系の大学卒業後長年医療に従事したのち、音楽家に体の指導やケアを行っています。

バイオリン、ピアノ、トランペット、アコギ歴。
趣味は、クラッシックバレエとライブに行くこと♪

詳しくは プロフィール

ページ先頭に▲