ドラムは足の向きで変わるー座り方とガニ股改善の筋トレ

ドラムの叩きやすさ、ペダルの踏みやすさは、足の向きで変わってきます。

ガニ股だと姿勢もよくなく、足が動きにくい状態でのペダル操作になっています。

足の向きで、脚の動きだけでなく、背中から腕の動きにまで影響します。

ペダルを踏みやすくなるために、座り方とガニ股を直すトレーニング方法について。

注)脚は、腿の付け根から長い脚、足は足首から先を言っています。

ドラムで叩きやすい座り方

足の向きが腕まで影響

つま先を外にひらいて立つ、座ると、背中が張って、腕が動きにくくなるのがわかります。

ガニ股だと、大きな腿の筋肉が張って、足を動かすのに抵抗があります。

腰や背中が張った姿勢になって、肩甲骨が動きにくく腕まで動きに抵抗がでます。

 

座ったら、脚をリラックスさせて、かかとから人差し指を結ぶ線をまっすぐにして置き直し座り直します

《ガニ股だと腕が動きにくい》

基本的な椅子の座り方

左右の腸骨(骨盤の出っ張り)と恥骨の3点を結ぶ平面が、垂直になるように座ると、腰や背中の緊張がなく、腕と脚が動きやすくなります。

骨盤には、脚と背骨が付きます。

座り方は脚の動きやすさ、背中の状態に影響します。

 

背中に余計な緊張がないように座ると、腕や脚を動かす抵抗がなくなります。

無理に形に当てはめずに、抵抗なく動けるように座れるといいです。

《ドラム、クラッシックギターなどでの座り方》

ガニ股を直すエクササイズ

膝同士が離れるガニ股は、腿の付け根や足首のところで外に向いています。

重力に逆らわず脚が変形しているのが、ガニ股や内股で、地面を蹴る力が弱く、上半身をうまく支えていません。

足首をしっかり動かしたり、姿勢の筋肉を使えることで、脚が動きやすく背中の張りも減ります。

つま先立ちでバランスをとる

つま先で立って、遠くを見てバランスとります。 

地面を蹴る力、踏む時に力が入る母指球で立ちます。

足首を伸ばす、かつ、脚の外側の筋肉より内側、親指側の筋肉を鍛えます。 

『リズム&ドラムマガジン』掲載記事
遠くを見てバランスを取るのがコツ

普通、片足やつま先で立つと、体の外側の力を使って立ってしまいます。

バランスをとって、アウターマッスルの力を使わず、体を支える深層の筋肉を使って体を支えます。

ガニ股を直すエクササイズ

ちなみにX脚の解消法も同じです。

重力に抗わず、骨格が変形したのがガニ股やX脚です。

(ほとんどの動画で、 膝に物をはさんでアウターマッスルを使ってガニ股の形だけを変えていますがね。 ) 

足の向きでドラムは変わる、まとめ

ガニ股だと姿勢も悪く、手足を動かすのに抵抗がある

脚が動きやすい座りで体を支え、余計な力を使わない

柔軟な足首、親指側の筋肉やインナーマッスルを鍛える

「バスドラムを踏みやすくなる解剖学とコツ」

「バスドラムは筋トレよりもストレッチで、ペダルを踏みやすく」

「ドラムの座り方で体の軸や重心とは?」

ドラム&打楽器の体

パーソナルトレーニング

柔軟、コアトレーニング教室


メルマガ登録で、講習優待や限定動画ほか♪
メルマガ登録 

《ミュージシャンボディトレーナー進藤浩子》

誰もが健やかに自分らしく奏で、音楽を通して明るい未来を目指します。 

医療系の大学卒業後長年医療に従事したのち、音楽家に体の指導やケアを行っています。

バイオリン、ピアノ、トランペット、アコギ歴。
趣味は、クラッシックバレエとライブに行くこと♪

詳しくは プロフィール

ページ先頭に▲