英語の発音をよくすると歌が上手くなる

英語の歌を上手く歌いたいなら、カタカナ発音でなく、英語の発音をよくすることをおすすめします。

なぜなら英語はもともと腹式呼吸で息の量が多く、日本語とは発声が違うからです。

英語の発音をよくすることで、息の量が増えて声の出方、滑舌もよくなります。

英語は呼吸や口の動きが大きい

英語は腹式呼吸

had、haveの過去形の発音は、Native先生曰く「はーっと息を吹いて、dはfrom somach、お腹から息を出して」

dは「ド」じゃなく、子音のdは舌の動きと息を圧で出さないと音が出ません。

英語はもともと腹式発声です。

英語は子音で終わる

日本語は母音で終わります。

終わります→お、わあ、りい、まあ、すう。

英語はm、t、v、sなど子音で終わり、その子音が聞こえるように舌の動きとともに吐く息が必要です。

その子音が繋がってリンキング、スラーします。

口や舌の動きが大きい

日本語は鼻から下、口周りしか動きませんが、英語は目の下全部がよく動いて、口の開き方が大きく唇がしっかり動きます。

日本人は上唇が鼻に普通つきませんが、英語圏の人は普通つくんだそうです。

 

英語は rで舌を巻いたり、舌をはじいたりします。

thで舌を咬んだりv、fなど歯で唇を咬まないと発音できません。

日本語より唇や舌の動きを大きして、息を使わないと発音できません。 

 

私たちはm、t、sなど子音が聞き取れないので、発音しなくてもいいと思っていますが、発音できる人は聞き取れるので発音していないとダメです。

発音をよくするとリズムがよくなる

リズムが違う

get outをカタカナ発音すると「ゲットアウト」タッタタタタ 5拍

英語の発音だとtとoが連なって発音されるので「ゲラゥ」タッ 1拍

こんな風に、音の長さやリズムが違ってきます。

音程やアクセントがつく

日本語だと音程が比較的平坦ですが、英語だとアップダウンもアクセントもあります。

文節や文章になるとリズムがつきます。

 

「私の名前は鈴木です」タタタタタタタタ…

My name is Suzuki.  ねーめずうきぃ

英語だと音の高低やアクセントがついてリズミカルです。

英語の発音がよくなると

発音をよくすると呼吸や滑舌がよくなる

→発音よくなると英語を聞き取れるようになる

→聞き取れるようになると、さらに発音がよくなる、と好循環です。

リズム感や歌が上手くなると素晴らしいですね。

 

英語なんて話せない? でも逆な立場で考えるとわかります。

TVで歌の上手い外国人がきれいな日本語で歌っていますよね。

歌がうまくても発音が悪い日本人の歌を、英語圏の人はなんて思うでしょう。

 

以前から弾き語りの外人が、すごく胸やお腹が動いて息してるとは思ってたんですが。

私自身、英語を習って納得な上に、英語の歌詞がかなり聞き取れるようになりました。

吹奏楽、歌での姿勢、ストレッチ

「ハミングでの発声練習」

「滑舌よく発声しやすくなるーあめんぼの歌」

「ライブで声が不調なとき体と喉のケア」

「プロの声の障害〜メカニズムと治療法」

「歌や吹奏楽では腹式呼吸で音が出やすくなる」


メルマガ登録 

《ミュージシャンボディトレーナー進藤浩子》

健やかに奏でることを楽しみ、音楽を通してより幸せに生きることに貢献します。 

医療系の大学卒業後長年医療に従事したのち、音楽家に体の指導やケアを行っています。

バイオリン、ピアノ、トランペット、アコギ歴。
趣味は、クラッシックバレエとライブに行くこと♪

詳しくは プロフィール

ページ先頭に▲