横隔膜ってわかりますか?

イブです
いかがお過ごしですか?

山野楽器銀座店♪♪ ^^


体を側屈するストレッチで
「横隔膜を伸ばしましょう」と歌の本に

体の横側、脇を伸ばしてます

「横隔膜を弛めましょう」って指導

横隔膜は感じられません

息をしたときに肋骨が広がったり
周りの皮膚が引き伸されたりしてるのを感じてます

横隔膜を感じられるのはしゃっくりしたとき
思っているよりだいぶ上なのがわかります

解剖図を見て思っているのと体の実際の差は大きいです

私達は横隔膜そのものを感じないし動かせません

息を吸ったり吐いたりして動くので
「横隔膜を動かしてる」って言う人、
あやしい宗教と思っていいです

息を吸ったら
胸がふくらんで上に上がります
だから上がる感じがあります

だけど肺が膨らんで横隔膜は下がります
下がった感じってしません

横隔膜を絵で見ても
横隔膜の上下の動きは逆に思い違いしやすいです

解剖の勉強することはいいことです

でも腹式呼吸とか解剖とか
頭で理解しにくくて体でわかりにくい

大切なのは、実際に
歌や管楽器で呼吸しやすくなること

吸ったら空気が上から下に入って
吐いたら下から上に出ます

って言う方が息しやすくなりませんか?
^^

私がよく使う「安定」や「重心」は
抽象的で難しい言葉です
理解できません

でもやると体でわかります

私が音楽の体系の本で、いいなと思う本は
解剖や運動生理があまりなく
すごーく単純な基礎的な練習方が載ってるものが多いです

ではでは
Merry Xmas
すてきなクリスマスをお過ごしくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)