ハミングでの発声練習

ハミング

「ん」は他の五十音と違って、口唇を閉じたまま発音できます。

ハミングは鼻腔、咽頭腔などを響かせて歌うので、息の量が少なくてすみ喉の負担が少ないです。

高音でもファルセットや地声が気になりません。

口を閉じてスケール練習されるボイトレの方もいらっしゃいます。 

ハミングでのボイストレーニング

口を閉じて「ん」のような音を、体のあちこちの腔、唇、鼻、胸部や頭部に共鳴させます。

指で唇の周りを触ると、皮膚がブルブルと震えているのがわかるようにやります。

前胸部を響かせて低音を出したり、頭上を意識して高音を出します。

ロングトーンと声量コントロール

口を閉じた状態からゆっくり口を開けて発声します。「んまあー」と伸ばしてロングトーンで長く発声します。

舌根があくびをするときのように、下方に押し付けられ喉頭が広がるのがわかります。

小さな声量からだんだん大きくしていき叫ぶ手前でやめ、そこからだんだん小さくして、声量のコントロールをします。

「パブリックスピーキング」より、著者は演劇出身の方。

ハミングで歌の練習

ハミング、鼻歌で音程をとったり、喉に負担のない方法でレッスンできます。

歌うことにはいろんな要素が入り、歌詞の発音、音程、リズム、息など一度にコントロールしなくてはいけません。

難しいと無意識のうちに力んだり、声を張り上げてしまうことがあります。

 

「ん」でスケール練習もおすすめです。

息の量や発音の要素を取り除いて音階練習できるので、喉を痛めがちな人にいいです。

できるだけ低音や高音を口を閉じて出すことで、喉に負担なく出せます。 

 

実際、ハミングで鼻腔や気管は広くなります。これについてはまた書きます。

ハミングでの聴覚訓練法

トマティス聴覚訓練法という、障害がある子供にハミングさせる訓練法があります。

耳鼻科医トマティス氏によるものですが、私はこの訓練法はやったことがないので具体的にはわかりません。

齋藤孝さん、ソプラノの川井弘子さん(「うまく歌える「からだ」のつかいかた」)らは、実際やったと著書の中で書かれています。

Barbra Streisand、息が長い〜@@

最後に

私は口が小さい、歯列や舌も小さい。首も細いから気管も細いから、大きな声は出ないと言い訳をしていました。

すぐに喉が枯れて喉が痛くなっていたのに、滑舌の練習や発声練習したことで、痛くなく歌えるようになりました。 

「歌や吹奏楽では腹式呼吸で音が出やすくなる」


無料メール講座
📩「思い通りに奏でやすい訳 〜音楽家が痛めない秘訣」

📩「音楽家のための腰痛、肩こり講座」

《ミュージシャンボディトレーナー進藤浩子》

ステージに上がる音楽家のためのパーソナルトレーナー

思うように動かせない、痛みや悩みを抱えている音楽家の方が、

動きを回復して能力を伸ばし続けるよう、支援いたします。

長年医療に従事したのち音楽家専門のフィジカルセラピストに。

バイオリン、ピアノ、トランペット、アコギ歴。

趣味は、大人から始めたクラッシックバレエ、英会話、カラオケ

詳しくは プロフィール

 ページ先頭に▲