誰も教えなかった【猫背】の本当の原因と直し方

スマホを下の方に持って、首が直角に曲がって見てる人、見たことありませんか?

猫背は肩が凝ったり、見た目もよくないです。

直そうとして、ぎゅーっと手を後ろにストレッチ。しても直りません。

強く引っ張ると、戻って猫背です。

なぜ猫背になるのか? なぜ、猫背は楽で直りにくいのか?

猫背を直すと、スタイルよく見えるだけでなく、動きやすくなるので、運動効果が上がってスタイルが本当によくなります。

猫背とは

猫背のパターン

・背中が丸く大きく出っ張っているタイプ

       

・頭がうつむく、お腹を突き出す、この写真だと反り腰

↓        

・顎が突き出ている

猫背の背中

頭が下がったり前に突き出て首が引き伸ばされると、多くの場合、肩甲骨あたりの脊椎は丸くなります。

その影響が背骨の下の方にも及んで、腰が反ったり丸くなったりします。(骨盤の後傾、前傾)

体のバランスが悪く、体幹の筋肉を圧迫します。

猫背になるわけ

頭が重いせい

体の一番上にある頭が、骨の塊で重いです。

デスクや端末機器、家事など、頭が前に傾きがちです。

自分を支えていない

体幹は、骨と背中につく筋肉でバランスをとって、重い上半身を支えます。

ちゃんと骨盤から上を支えていないと、背中を丸くしたり、うつ向く姿勢が楽になります。

 頭が大きく重くバランスが悪い
            

・姿勢を保つ筋肉、お腹や背中の筋肉、インナーマッスルの働きが悪い

・足首や股関節(腿の付け根)の動きが悪い、腿の力が弱い

足がしっかり動いていないと、どんどん姿勢を保つ筋肉が弱くなります。

大切な背骨のS字カーブ

背骨、脊椎は、首にある頚椎から骨盤につく仙骨まで、たくさんの骨が縦に連なっています。

間に椎間板というクッションを挟んで、緩やかにカーブをしていて、体や頭を動かします。

猫背は、この背骨の並びを崩し、腰が反ったり丸くなると、骨盤に付く足の動きが悪くなります。

体のバランスは、頭の位置に影響されます。

頭が傾いていると、筋肉や骨格、動きに悪く影響します。

猫背がよくない理由

身体的な影響

・肩こり
・背中の張り
・緊張性頭痛 首肩の筋肉を引っ張っている
・かたく動きにくい
・呼吸に不利
・声が小さくなる
・腰痛
・疲れやすい

脊椎には大事な「脊髄神経」が通って、手足などに細い神経枝を出しています。

脊椎の間にある椎間板がつぶされると、腰椎椎間板ヘルニア、頚椎ヘルニアなどは、足や手のしびれなど影響が出ます。

精神的な影響

・セルフイメージを弱め、自信が減る
・見た目も自信なさそうな印象

猫背を改善するには

頭が前に傾きがち、姿勢を保つ筋肉の働きが悪い、しっかり歩いていない。

この悪循環を絶ちます。

 

胴回りの筋肉が使えて、体幹を起こして、足がしっかり動かせるようにします。 

伸びにくい脇の筋肉、伸びっぱなしの肩の筋肉を、適切に伸び縮みできるようにします。 

《猫背改善のストレッチ、トレーニング》

5’50” できるだけ簡単にしました。

・足首の屈伸
・腿の付け根のストレッチ
・伸びにくくなった脇の筋肉(前鋸筋、小胸筋)を伸ばす
・伸びた肩の筋肉(菱形筋、僧帽筋など)を縮ませる
・姿勢の筋肉(脊柱起立筋、腹横筋、多裂筋など)を鍛える 

 

ぎゅーっと腕を後ろ側にストレッチしたり、ぎゅーっと上を向くストレッチ。

強く引っ張ると、戻ります。

ゴムを引っ張るとバチンと戻る感じです。

 

筋肉が強く伸ばされると、それ以上引き伸ばされまいと戻ろうとする反射で、伸張反射と言います。

(ストレッチがいけないのではなく、目的ややり方によります。)

40歳以上の人が、頭を強く後屈するのは、危険です。 

日常生活が大事

PCモニターやスマホ、本など目の高さより少し下で、顎を引くようにして見ます。

階段を使うなど、バランスを取りながら足を動かして、姿勢を保つ筋肉や足の筋肉や関節を使います。

ソファやあぐらをかくなど、腰を丸く座る生活をしない。

ネックの指板を覗き込まない。

譜面を下に見ない。

≫音楽家のパーソナルトレーニング


メルマガ登録で、講習優待や限定動画ほか♪
メルマガ登録 

《ミュージシャンボディトレーナー進藤浩子》

誰もが健やかに自分らしく奏で、音楽を通して明るい未来を目指します。 

医療系の大学卒業後長年医療に従事したのち、音楽家に体の指導やケアを行っています。

バイオリン、ピアノ、トランペット、アコギ歴。
趣味は、クラッシックバレエとライブに行くこと♪

詳しくは プロフィール

ページ先頭に▲