演奏前にストレッチするほどいいか?ー演奏に必要な柔軟さとは

柔軟というと、よく前屈で手がついたり開脚できるような、大きな角度の可動域と思いがちです。

ギターやピアノ、ドラムの演奏前にやたら手首を曲げたり、肩を引っ張るストレッチも見ます。

でも大人にとって「かたくない」って、単純に「動きやすい」ことなはずです。

楽器に向かって演奏するのに、体や手が「動きやすい」といいですね。

動きやすいとは?

動くとき、筋肉が縮んで、骨と骨を寄せます。

動きやすいとは、筋肉が縮んで、関節が屈伸しやすいことです。

 

首の骨や背骨も、一個一個の骨が縦に連なって、頭を載せて姿勢を保ったり体が動きます。

“体や足が動ける背中”なら、腰痛も起こしません。

柔軟というとどうしても大きな角度を目指してしまいますが、大きな角度よりも、筋肉が適切に伸び縮みできることが大切です。

かたくないとは?

私たちは重力に逆らって動きます。

きちんと逆って動けていないと、姿勢が悪くなったり、肩こりや腰、首に痛みを起こします。

姿勢が良くてもかたい人は、腰痛を起こします。

 

年齢が上がると、体の弾力成分が減って、背骨の間のクッション、椎間板がつぶれます。

重力に逆らえず、背が縮んだり、背中がかたくなりがちです。

自分を支えきれず動きが悪い、かたいと首や腰を痛めやすくなります。

 

ひどいと、手のしびれやヘルニア、脊椎管狭窄症など脊椎から出る神経症状が出ます。

「かたくない」とは、自分をちゃんと支えて動けることです。

演奏前のストレッチは力でしない

私たちは柔軟体操を、引っ張って伸ばしたり、角度の大きさを目指します。

それよりも、筋肉が骨の周りでちゃんと伸び縮みして、パーツが動いたり、かたくない背中から、手足が動きやすいことが望ましいです。

 

手をきつく引っ張るストレッチをやったり、腕を引っ張って肩の動きをよくしようとします。

手首や指のように小さな筋肉や腱は、引っ張ると、筋肉が伸びてすばやく縮まなかったり、偏って動いたりします。

また腱(筋肉の端で骨につくところ)が引き伸ばされた状態で動いてしまいます。

 

ストレッチが習慣になってしまうと、いつも腱が引き伸ばされた状態で動き、腱鞘炎につながります。

肩も極端に引っ張るよりも、胸や背中をほぐしたり、肩甲骨がいろんな方向に動きやすい方が、腕を動きやすくします。

 

本当の可動性は、関節を痛めません。

もとの骨格を大事にすると、痛めなくて済みます。

演奏前は、強く引っ張って大きな角度にするよりも、かたさを無くして、適切に伸び縮みする方がいいです。

演奏前のストレッチ、要点

可動性は、痛めず動けること

柔軟な背中で腰痛を起こさない

手や肩は、過度なストレッチをしない

《ギターやピアノ演奏前の手首ストレッチ効果は?》

(クラッシックのピアニストで、わざと力が入りにくくする人はいます)

音楽家の運動、ストレッチ

パーソナルトレーニング

柔軟、コアトレーニング教室


メルマガ登録で、講習優待や限定動画ほか♪
メルマガ登録 

《ミュージシャンボディトレーナー進藤浩子》

誰もが健やかに自分らしく奏で、音楽を通して明るい未来を目指します。 

医療系の大学卒業後長年医療に従事したのち、音楽家に体の指導やケアを行っています。

バイオリン、ピアノ、トランペット、アコギ歴。
趣味は、クラッシックバレエとライブに行くこと♪

詳しくは プロフィール

ページ先頭に▲