腰痛や姿勢をよくする、ギター、ピアノ、ドラムで「骨盤を立てる」

姿勢をよくしたり腰痛対策に「骨盤を起こしましょう」「骨盤を立てて」という言葉を聞いたことはありませんか?

ギターやピアノ、ドラムで座って演奏するときや、立って歌うときも姿勢で骨盤は意外と大事です。

「骨盤を起こす」と腰痛対策だけでなく、手足を動かしやすくなったり呼吸しやすくなったりします。

でも、骨盤を立てるってどうやる?どうして姿勢や腰にいいのでしょう?

骨盤は動く中心

骨盤の働き

骨盤には、脊椎(背骨)と頭がのっています。

この上半身の重さを、骨盤で左右の足に分担させています。 

脊椎は、たくさんの骨が連なってゆるやかにS字カーブしていて、間に椎間板というクッションを挟み、そこから神経の枝が出ます。

たくさんの骨が連なって体が前や後ろ、ひねったり傾いたり伸びたり、動くことができます。

骨盤から上半身と足が動きます。

骨盤のつくり

骨盤は、3つの骨が合わさっています。

腸骨 ベルトがかかる左右の骨の出っ張り
坐骨 体育座りした時のお尻の底の骨
恥骨 体幹の一番下の前

左右の腸骨の間に、背骨の一番下の広い骨の仙骨があります。

足の骨が付く所を(左右の)股関節といいます。

骨盤と腰痛の関係

骨盤が傾く、寝る

ソファなど柔らかい椅子、あぐらをかく、指板を覗き込む→腰が丸く、骨盤が後ろへ倒れる

猫背「猫背のパターン」
 お腹を突き出す→反り腰
 背中が丸い→骨盤が後ろへ倒れる

足を組む→左右片側が上がって腰が上下にねじれる

肩こりや腰痛を起こしやすい

ダラけた姿勢や猫背は楽ですが、腰や肩には負担がかかります。

長時間足を組んだり無理なポーズで骨盤と腰椎が傾くと、腰の筋肉や椎間板を刺激します。

 

椎間板が潰されると、足にいく神経が圧迫されます。

腰部椎間板ヘルニア;お尻や足に電撃用のビリっとした痛み、力が入らない

脊柱管狭窄症;足の運動神経が障害、長く歩けなくなる

腰椎の椎間板が潰れる(赤い所)
足に行く神経(細い黄色)に障害右が前(おへそ)

骨盤を起こす、立てる

いい姿勢で座るには、背中の下にある骨盤を立てて起こします。

骨盤を起こすと、背中の凹みが適切になって背中の張りがなくなります。

頭が前や下方にいかず、背中の上に頭を載せやすくなります。

   ↓骨盤が寝る、倒れる   ↓骨盤を起こす    

骨盤を立てるには

・坐骨で座る
・下腹やヘソ下を意識する
・左右の腸骨と恥骨の3角形を垂直に立てる

下腹、体幹の下の方を意識するだけで、重心を下げて背中の緊張がなくなります。

「腰を据える」と言いますね。^^

いい姿勢は歌や演奏しやすい

腰を丸めない、いい姿勢だと胸、背中に緊張なく頭がバランスよく背中に載りやすく、肩や腰の負担がなくなります。

背中の余計な緊張がなくなると、肩甲骨が動きやすく、腕、足を動かしやすくなります。

・背中に張りがなく、腕や足を動かしやすい
・ピアノで高音側低音側に体を傾けやすい
・ドラムで腕が動きやすい、足の体を支える負担が減る
・胸、腹が動きやすく呼吸しやすい
・腰痛や肩こりを遠ざける

骨盤を起こすとはーまとめ

◆骨盤を起こすと、背中の緊張が減って肩、腰の負担がへる

◆下腹を意識して背中をリラックス

◆いい姿勢だとパーツが動きやすく、歌や演奏しやすい

ギター、ベースの肩こり、腰痛、姿勢 

ドラム、打楽器  ≫管楽器とボーカル

ピアノの姿勢、肩こり腰痛


📩 無料メール講座
「思い通りに奏でやすい訳 〜音楽家が痛めない秘訣」

《ミュージシャンボディトレーナー進藤浩子》

音を出しやすい体づくりと、それぞれの方の本質を引き出して

音楽家としてステージをアップさせていくパーソナルトレーナーをしています。

長年医療に従事したのち、音楽家専門のパーソナルトレーナーに。

バイオリン、ピアノ、トランペット、アコギ歴。

趣味は、英会話と大人から始めたクラッシックバレエ♪

詳しくは プロフィール


ページ先頭に▲

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)