B.B.King 奏法分析

B.B.Kingです

左手のビブラート押弦した指を支点に
親指も他の指も離して腕をプルプル振ってVib
高音で薬指小指でも同じ
写真は人差し指↓



ギターがちゃんと安定してるのと
指に必要以上力が入っていないのと

この二つはお互いさまですが
ギターが安定してるから
手にネックを負担させず
押弦した指先だけで押せます
指の腹の柔らかい部分を活かして
力を使わずに優しく押弦できます
(指の腹の柔らかい部分は
親指と向かい合わせて輪っかにして当たる部分
左指先がかたくなってるとわかりにくいかも)
追記
指を立てて指の頭で押弦するのを
否定してる訳じゃありません
BBKingの場合はこうと言う話

チョーキング
中指中心にグイッと


ビブラート、チョーキング
どちらも手首が曲がっていないので
指を使いやすい、押し出しやすい

チョーキングしにくいとき
指を押し出しにい状態になっているかも
手首から指を伸ばせるように腕からもっていく

ビブラートでギターごと揺すっている人は
ギターが安定していないです
力が入ってギターが動くと効率が悪い

練習のときからいつもギターを安定させよう

お腹とギターの接触面が大きく安定しています
^^;
体の柔かい部分は”安定”に繋がります

例えばスマホ、二本の指で持てます
指の腹の柔軟な部分がつぶれて把持できます
スマホをお箸で持つと結構な力が要ります

鍵盤もスティックもピックも
やわらかい部分がつぶれて密着
力を入れなくても安定します

ガッツリ力を入れると逆に安定さに欠け
手や腕が動きにくくなります

B.B.Kingも声が出やすいです
体が安定してお腹や首がゆるんで
お腹に力を入れて声を出そうとしなくても
自分の重みで足底で抵抗してるので
声が出やすく息が入りやすい

お茶目^^

ありがとう 涙涙
ご冥福をお祈りいたします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)