村上Pさん語録

12/18松下マサナオさんと村上秀一さん
ドラムクリニックbyオトトイの学校から

わかりにくい箇所がありますが
ご了承ください〜

今ダイナミクスが足らない
カウントベイシーや
クラッシックのオケのダイナミクス

音符の革命児はいたけど
奏法の革命児はS.Gaddだった

ライブを聞きに来た
マイルス・デイビィスの家に呼ばれて
俺を描いてくれた
いつか売ってやろうと思ってる

Q「昔は椅子が高かったのに低くなったのは?」
高くて渡嘉敷と青山純の足が
届かなくてかわいそうだったから
(笑)
左股関節に人工関節を入れてから
俺はいつも一番楽なとこを探している
足が90度(足首?膝?股関節?)
踏まなくて落っことすだけ
最初はダイレクションなくてパンチなかったけど

動画は単なる映像
生音のダイナミクスがどんだけ気持ちいいか
生音、タッチが反影される
聞いたことより自分で味わう
自分で体感するのが大事

反動を利用する
一番楽な楽器はドラムだと思ってる
反動をどこで止めて次に行くかが問題
指は大事
指だけで使えたほうがいい プラムとか

手足が難しいって
単なる音符より歌え
右手チ 左手タ 右足ド
右手ハイハットでもいい
音符を自分で作って歌う
色んな歌い方
歌を絶えず意識する
1日80時間くらい 散歩しながら
半年やれ
ドラムに向かったら手が勝手に動く

(パラリドル)
歌うことで音符に
ティトト ティトト 全部均一に
耳のトレーニング
、歌のトレーニング
手首のトレーニング 手首に覚えさせる

チューニングは家に5日くらいこもって延々やった
耳と手が覚えてる
耳に気持ちいい音(とーん)と
マイク録りのいい音(どーん)違う


Q「どんなベースが好きですか?」
岡沢章がすばらしかった
ネーザン・イーストあまり聴かないけど
新譜、独特なベースラインだ
俺はウィル・リーかアンソニー・ジャクソンとやる
Willはどっちかと言うとジャスト
アンソニーはうねりまくる
岡沢章とかみんな合わせようと思ってやってない
俺はベースと合うとつまらない
100分の何秒かズレてるほうがおもしろい
ズレるからドベっと色っぽい
そうするとジャストがわかりやすい

クリックは合わせるモノじゃない
バンマスがいるからこっちでスピード感とか出す
計算じゃなくて
クリックは利用するもの

「ばかやろう」は愛の言葉だ 泉谷と

全部は書き切れませんが
村上さんが大きな箱のライブに出ず
若いミュージシャンのために
活動されている思いがよくわかります

自分が日頃言ってること(斜体にした部分)
を言ってくださってうれしい
リズムの方にシェア♪

読んでくださってありがとう
楽しいクリスマスになりますように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)