左手のバタつき2

前回の4つめのパターン
押さえてない指が離れてしまう

 


物をつかむ、握る
何気に物を持つとき
指は同時に同じ方向に向いて
必要な力で持ってくれます


普通は鉄棒を握る様な安定して力が入りやすい握り方をします
写真は逆手(掌上向き)ですが順手(下向き)でも
つかんだまま指を押さえたり離したり
小学校のときリコーダーでしてました
久々にやってみよう!
これを親指側を伸ばして握ると、、


ギターの二枚目の写真と同じ形に
指は動かし辛くなります
指を動かしにくい状況で押弦すると
ギターの人のように押さえてない指が
伸びやすく少し異様な形になります

こんな手のもっていき方になってしまう
鍵盤やSAX、ドラムにもいらっしゃいます
指を力で動かしていったり
薬指や小指を動かす筋を鍛えたり
指を動かす筋が変に鍛えられてしまう

体の元の動きが損なわれて
何気に物を持つような握り方じゃなくなってしまう

結果として楽な運指をしない手になる
弾けなくはないのですが
疲労しやすくて故障につながりやすい

左手がバタついたり
腕や筋、手首が疲れたり痛む人は
指が動きにくい状況の可能性が

指は指の腹方向にしか動かない
それ以外は手や腕の動き
指が押しやすい状況にしてやる
手からもっていく
手首をノビノビさせる

ビブラートやチョーキング
ハンマリング、プリングも優しくなります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)