子供

こどもの日ネタです
子供は体に比べて頭が大きくバランスが悪い
頭を支えて動いて成長します

小さな足で柔らかさを活かして
バランスをとるのが上手です

例えばスキーやスノボ、体操など
バランスや柔軟性が必要とされます
柔らかくてバランスをとるのが上手だから
大人より有利、幼くても上手です

だから
姿勢が悪い大人より息を出しやすい
声が高いのもありますが大きい声が出る
小中学生で背の高い子より
小さい子の方がトランペットで高音出せます
自分を支えて体がゆるんでいるから

子供は放っといても動きます
鉄棒や遊具に手でつかまったり
ぶら下がったり足でよじ上ったり
走ったりして体で楽しみます
柔らかさを活かして
手足を使って成長していきます

最近は遠足で長く歩けなかったり
姿勢の悪い子が増えているそう
机や楽器に向かってる時間以外は
ゲームやスマホじゃなく元気に遊ばせる

長友選手も「体幹トレーニング」の中で
子供にはトレーニングよりも
普通の運動をって書いていました
演奏や姿勢のために子供に腹筋や
体幹トレーニングさせるのは何か不自然と思います
子供は大人を小さい版ではありません

最近は子供の声を騒音って言ったり
公園に遊具もなくボール遊びできなかったり
う〜ん厳しいですねぇ

体で遊ぶ
子供は動いて成長します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)