Pat Metheny 奏法 

好きな人は多いですよね かくいう私も^^


右手の特徴は
1 前腕をギターに固定
2 ピックを持って薬指小指が内側に

ここでやってみよう!
ピックを人差し指と親指で持つ
大抵親指以外の4指は人差し指と同じように曲がる
ピックをギュ〜ッと力入れて持つと
人差し指以外はグルッと巻き込みますね
4指の屈筋のせい
参照→あるある指の解説

PM氏はピックを結構力をいれて持ってるよう
ただピック弾きなので指は動かさないです

左手
1 脇を詰めてます
ギターの位置が高いこともあって
2 手首を曲げずにネックを持ってます
3 指は同じ方向に大きくカーブ

右1の前腕をギターに固定してるのと
左1の脇を詰めてるのと
これは
例えばカメラのシャッターを押したり
彫刻したりする時みたいに
脇を詰めて腕を固定させると
手先で細やかな作業ができるんですが
それに近いと思います

左2 手首は全く曲げていません
指の動かしやすいような位置に
ギターを構えているんでしょう


左3 指はいつも同じ方向に大きく丸い
写真のように人差し指、薬指を曲げて
机の上で指を立てて押してみよう
離してる中指小指は軽くカーブします
指の先、頭の方で押さえると力が伝わりやすく
そんなに力をいれなくても押弦できます
速く弾く時は親指を適宜離しながら移動
ビブラートではちゃんと手を大きく振ってます

パットメセニーさん、ギターを高く構えて
押弦しやすい状況にしているようです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)