体を変える方法

前回のブログから
体と練習のコツを分けました

姿勢を変えるというより
かたいところの柔軟性を回復して
体を起こしやすくし安定させます

前々回のE.Jさんのような猫背を直すなら
うつ伏せから肘を立てるスフィンクスのような
簡単な後屈のストレッチからスタートします
そして簡単なピラティスをします

夏休みのラジオ体操みたいにつけます
○×でもいいです
やらなかったことすら気付かなければ三日坊主
○が続けば嬉しいですね
×が続けばどうすればやれるか考える
1週間単位で客観的に振り返ります

自分で分析して対策を考えます
自分でどうしたらいいか考えるから
実行できて目標に近づけます

これは音楽の練習でも同じです

(追記 実際に私が指導するときは
○×よりもっと具体的です)

かたい人はスフィンクスのような
簡単なストレッチも最初はキツイですが
3週間続けば習慣化しますし
他のストレッチやピラティスもできます
3ヶ月続けば体は変わりますし
どんどん動きやすくなって
やるのが楽になります

やったのとやらなかった3年後を
比べたらはるかに体は楽でしょう

何をどうすべきかはっきりさせること
できることを繰り返すこと
続ける方法と振り返ることで
何でも効率よく向上していけます

簡単なことを重ねることで
体や手は変えられます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)