体が安定するとは〜コロンブスの卵

急に寒くなってきましたね
熱を逃がすまいと背中が丸くなってしまいます
寒いと筋は硬くなります
手も動きにくくなりますね
逆にあったかいと筋はやわらかくなります
だから寒いときはお風呂上がりにストレッチやると効果的

そう
寒くて筋が硬いと動きにくい
柔らかいと動きやすいです

手が動きやすい、息しやすいために
“体が安定していてゆるんでいるといい”とは

↓じゃ〜ん 生卵は立ちます


下が安定して中が柔らかければバランスをとります
中が固ければバランスはとれません
ゆでた固体の卵は立ちません

人の体も同じです
重力を利用してどっしりすれば安定します

安定して立つか座ると
胴体の筋は姿勢のための負担がなくなります
肩や腰の筋が収縮弛緩しやすく
腕や足を動かしやすくなります

“腕が動きにくい”というのはわかりにくい感覚ですが
例えば上手なマッサージ屋さんに行くと
体がほぐれて動きが軽くなる感覚がわかることがあります
脱力とは違います
脱力は腕がダランとなって楽器には向かえない

動くのに抵抗がない、動きやすい状態
そもそも動きは中が変化する結果です
安定して座って上がゆるんでいれば
腕を動かす肩や胸筋が収縮弛緩しやすく
腕は本当に動きやすくなります

上半身がゆるむと膨らみやすく息しやすい
重力のおかげでお腹の下からの圧力が横隔膜上げて
息も出やすくなります

黒人はどっしりして安定してます
大きくて筋や皮膚が柔らかいからよくノります

どっしりしてる人は膨らみやすく
逆に重力に逆らわないと猫背に
前屈みな人は胸、腹膨らまず
首も手も力が入ってヘトヘトに

音のために必要なのは動きやすいパーツ
出したい音に向かって動ける手、息です

体が安定していてゆるんでいると
動きやすい、息しやすい

体が硬くてもわからないからそのまま演奏してしまいます
演奏する前に柔らかくしておきましょう

追記
トレーニングを受けてくれたドラマーの感想より
『元々もっていた「なんとなくのイメージ」と
「実際の位置」との乖離が大きく、その結果、
正しく意識することによって得られる安定感には驚きました』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)