ミュージシャンがテニス肘になるワケ

肘の痛みについて

昨年ドラムマガジン8月号にテニス肘を書いたら
ドラマーの方から「肘、痛かったんです〜」
って連絡いただきました

中年でもないテニスもゴルフもやらない
若いプレイヤーが肘痛めちゃうんです

テニス肘とは
椅子を持ち上げたり手を伸ばして中指を押すと、肘から前腕にかけて痛い

参照、日本整形外科学会ーテニス肘

手のムチャぶりのせい
指を曲げる(握る)筋は前腕の中にあります
筋の端っこが肘に付いてるので、手に負担をかけて動かすと、肘が痛んでしまう

手を伸ばす筋に負担で肘の外側が痛い
ちょうどバックハンドで力を入れる様な

曲げるための筋だと肘の内側が痛く
ちょうどフォアハンドでの負荷みたいな

上手い人はテニスやゴルフで痛めません
道具の持ち方や動きが悪ければ、肘や親指を痛めてしまいます

プレイヤーが肘が痛いときも
道具も持ち方が不適切だったり
余計な力がはいってる状態で動かしています

持ち方や手の使い方を見直しましょう

痛めたら

肘伸ばした状態で機材とか持たない
キャスターは後ろに引かずに前に押す

指や手の使い方を改めれば治ります

音楽で多い体の不調、肘の痛み

ドラム&打楽器の姿勢、手足


メルマガ登録で、講習優待や限定動画ほか♪

メルマガ登録 

《ミュージシャンボディトレーナー進藤浩子》

個人が健やかに奏でて自信と幸せを取り戻して、音楽を通して明るい未来を目指します。

医療系の大学卒業後長年医療に従事したのち、音楽家に体の指導やケアを行っています。

バイオリン、ピアノ、トランペット、アコギ歴。
趣味は、クラッシックバレエとライブに行くこと♪

詳しくは プロフィール

ページ先頭に▲

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)