ジャコ・パトリウス 奏法分析 

Jaco Pastoriusの奏法

左手
1 どの位置でも手首が曲がらない
2 指はいつもゆるいカーブで押弦

右手
1 前腕はベースに軽く置くか離してる
2 手首があまり曲がらない
3弦を弾く指はゆるいカーブ

エアでやってみよう!
右手首をグッと掌側に曲げて指を動かしてみる
普通は動き辛くなる
さらに手首を小指側に曲げると
ますます指は動き辛くなります

ベースに前腕を載っけて手首がグッと曲がると
指を動かし辛い状況で指弾きすることになる
弾く指に曲げる力が要るのでよく小指が巻き込みます↓

Jacoさん、背中が丸くて姿勢はあまりよくないけど
腕をよく動かして手首が曲がらずにすんでる
常に指がよく動かせる状況に腕をもっていってます

だから指を開くのもラク
押弦で力まずふんわり押してます
ハイポジションでも小指が巻き込みません
どの位置でもきれいにゆるくカーブ

Jacoさんいつも歩き回って動いてますね
最大のポイントは常に指がスラスラなとこ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)