肩がこりすぎてガチガチ。弾くのがしんどくなるなぁ。

腕が動きにくい。何だか力が足らなくなってきた。

なんてことないフレーズなのに、思うような強弱が出せない。

力んでいないのに、なぜかよくミスるし。

手や腕が痛い。ちょっとやばいかも…。

運動やってるんだけど、腕、腰が痛いのはなぜ?

 

真面目に練習しているのに、しんどいですよね。

体や手が思うように動いたら、どんなにいいでしょう。

でも、今まではそうだったけど、この先は変えていけます。

奏でやすくなるために、がんばらなくてもいいんです。

“動きにくさ”、体のかたさや手の動きの抵抗を取り除くと、軽く動きます。

納得できる歌や演奏ができる!

肩こりや腰痛が減って、パフォーマンスがあがる!

疲れず気分爽快!

自信を持ってステージに立てる!

出演のオファーや仕事が増える!

年齢にかかわりなく活躍できそうですね。

 

歌や演奏で動きやすいワケが、読んでわかります。

無料メール講座「思い通りに奏でられる訳 〜音楽家が痛めない秘訣」でお伝えします。 

「思い通りに奏でやすい訳 〜音楽家が痛めない秘訣」内容

1回 肩こり改善すると手が動きやすくなる

2回 医療が進歩しても、なぜ、肩こり、腰痛、腱鞘炎になってしまうの?

3回 筋トレしたら動きやすくなれると思っていませんか?

4回 自分の体、動きは意識しないという恐ろしさ

5回 3年後、もっといい演奏している自信がありますか?

6回 「力んでいない」のに弾きにくい理由

第7回 緊張すると体がかたくなります

第8回 音楽家にもっと活躍してほしい~あなたへのエール

 

このメール講座で、体や手が動きやすい理由や音楽家が痛めるワケがわかります。

歌や演奏しやすくなるには、力まないことやかたさを取り除くことが大事です。

 

それがむずかしいのは、人は自分の体の中の感覚がわからないからです。 

体の中の感覚というのは、泳いだり自転車に乗っているときの“感覚”です。

こういう体の感覚を言葉で言えないように、自分の動きにくい感覚を自覚できません。

 

体が動きやすくなる方法は、身体技法のフェルデンクライスやピラティスなどあります。

指や手が動きやすくなる奏法もあります。

 

でも、音楽家が身体技法を実践したり理解して活かすのは、とても大変だし時間がかかります。

だからまず、動きやすさについて読んでわかるようにしました。

 このような音楽家、ミュージシャンの方に

□ 腕が疲れる、手や腕が痛い。

□ 腕や手が思うように動かせない。

□ 肩こり、腰痛、首や背中が痛くて弾き続けられない。

□ ステージであがらず実力を出したい。もっと活躍したい。

□ いろんな身体教室に参加したけど、効果がイマイチ。

このメール講座で得られること

・こり、手が動きにくい、痛める原因と回避する方法がわかります。

・奏でやすいために何が必要かがわかります。

・音楽のためにどんな運動がいいか、その理由がわかります。

・体と心のつながりがわかります。

・音楽家として将来のための体への意識が高まります。

 

このメール講座は、弾きにくさや痛みなどに悩む音楽家に向けて書きました。

体の不調や手の故障を遠ざけて、よりもっと活躍してくださいね!! 

今なら特典動画つき

特典動画『肩と手の使いやすさについて』

◇ 楽器別、肩と手の使いやすさを解説。
・あぐらをかくと、ギターで運指に不利なワケ。
・バイオリンで左肩のせいで運指がバタつく。
・超猫背のグレングールドの手は?

◇ 肩ウォーミングアップ紹介。

 

この動画は、訳あって間も無く非公開にする予定です。^^;

なので、お早めに。

ドラマー向けメール講座

腕が痛い、足が筋肉痛、腰痛、力が足らなくなってきた…
 
そんなドラマーの方に「ドラマー向けメール講座」をお送りします。
 
パート選択をドラムにしてご登録ください。

登録はもちろん無料です。

ご本名での登録をお願いしています。

無料メール講座「奏でやすい訳」登録
ご氏名又はご苗字  *
メールアドレス  *
パート  * パート別案内受け取り

 
ご登録頂いたメールアドレスはプライバシーポリシーに基づき管理します。

解除はいつでも簡単にできます。

進藤浩子 プロフィール

就学前よりバイオリン、小2よりピアノ、小4よりトランペット、高校でアコースティクギター歴。 

19年歯科医師をした後、音楽家に体指導やケアを行っている。

医療、スポーツ、療法や身体技法に加え日舞やバレエの経験も含め音楽での動きを追求し続ける。 

自身の両肩の故障、両足の怪我や腰痛ののち、アラフィフにして趣味のクラッシックバレエを再開。

どんなにストレッチを頑張っても動きを取り戻せなかったが、簡単な運動で動きやすくなった経験から、力や角度の大きさなど体育的な発想でなく、体が動く原理を大切にする。 

簡単なエクササイズでかたさを無くし、体が本来持つ動きやすさを引き出す。

抵抗のない動きで音を出しやすくし、聴覚と末端の感覚による動きの神経コントロールを改善する。

心理学や精神医学を学び、カウンセリング、コーチングを包括するコンサルティングにより、音楽家を望ましい未来へ向かわせる。

≫ 詳しいプロフィール

 
ページ先頭に▲