ピアノの座り方は、手をリードする腕に影響し手の動きやすさを左右するのでとても大切です。

長時間動かないでいたり、猫背で背中を丸めたり首の後ろを引っ張っていると、肩こりや腰痛の原因になります。

肩こりは、気づかないうちに腕、手の動きやすさを邪魔し上達を妨げます。

ピアノでの椅子の基本的な座り方、肩こり腰痛の原因や解消法について。 

 

ピアノ、鍵盤楽器の姿勢、座り方、ストレッチ

弾きやすい姿勢

足を腰幅に開き、椅子に浅く腰掛け、一旦下腹を意識して腰を据えます。

腰で安定して座ることで上半身がリラックスし、肩甲骨、腕が動きやすく弾きやすくなります。

 

基本的なピアノ椅子の座り方

まず、肩幅に立ちます。 

おへそを真ん中のドに合わせ、椅子の前の方に腰掛けるように、お尻の下の骨、座骨で座ります。

肩幅に立って座ると、右足がダンパーペダルに、 左足はペダルの外側にきますね。

両足は軽く床に付いてます。

腰から下で上半身を支えていると、腕が動きやすいです。

頭を下げず背中の上に載せて軽く顎を引くと、背中の緊張がなく肩から腕が動きやすくなります。

大人は座ったら弾く前に 一旦、座り心地を確認してみてください。

 

前後的な位置

腕が動きやすいように、肘を少し前に出します。 体から上腕を10度ほど前に出します。

体格にもよるので、 自分の腕が左右に動きやすければいいです。

無理なく指が鍵盤に触れる位置に、前後的に合わせます。

一般的に、鍵盤の奥より手前側を打鍵する方が、テコの原理で効率よく弾けます。 

 

椅子の高さ

肘から手先が大体水平か手首のところで軽い凸。指を動かすのに抵抗がありません。

椅子を下げる場合一気に下げると違和感が大きいので、 調節レバーを1日ずつ下げるといいです。

奏法によっては、 比較的高い位置から打鍵したり、低い位置から手首を凸にして弾くピアニストもいます。

 

低音側、高音側を弾く

骨盤から下が固定源となって、上半身がリラックス、左右へ柔軟に動けます。 

 

ピアノのための肩ストレッチ

腕の付け根が胴体の左右外側にくるように、肩の位置のリセットもかねて。

肩を上に上げて数秒、後ろに数秒、力を抜きます。
『現代ギター2013,8月号』記載写真

IMG_2716

ピアノの肩こり、原因と改善

ピアノは肩こりを起こしやすい

腕から先以外、動かないでいると体がかたくなり、肩こりを起こしやすいです。

猫背やうつ向きすぎは、首、肩の筋肉を引っ張った状態でこります。

肩甲骨や腕の動きが悪くなり、気づかないうちに力が入りやすくなります。

 

肩はこらないように、先に対策をとることが大事です。

適切なストレッチで、前もって首、肩、背中、足腰を柔軟にしておきましょう。

腰を据えた安定した座り(↑弾きやすい姿勢)で、首、肩に負担のない姿勢で座りましょう。

休憩をはさんで、適切なストレッチでリラックスを。 猫背は改善しておきましょう。 

 

鍵盤を押さえつけない

鍵盤を押さえつける人は、肩がこります。

手に力を入れると、重い荷物を持つ時のように腕や肩、首まで力が入り(反射応答)、肩がこりやすくなります。
「肩コリの意外な原因ーガチガチ運指」

寒冷をさける

寒いと、熱を逃がさないようかたくなります。肩がこりやすく、手に力が入りやすいです。

弾く前に手浴(お風呂くらいの温度のお湯に 手首から先をつけてしっかり温める)。

湯船で体を温めるなど、肩を冷やさないように。

 

ピアノでの腰痛、原因と改善

腰痛を起こす要因

・背中、腰を丸める姿勢

正常では、背骨や背中は、おへそあたりで前弯しています。
猫背、車やソファなどで背中を丸めていると、前弯せず腰の筋肉が張り腰に負担。

・かたさ、姿勢が良くても柔軟さが足らない
・ヒールの高い靴、スマホで下向きなどバランスの悪さ
・重いものを運ぶ  

弾く前に、背中、足腰を適切なストレッチで座りやすく、ペダルを踏みやすくしておきます。

休憩をはさんで椅子から立ち、背中、足腰ともリラックスを。

普段から、適切な柔軟体操で背中を柔軟に。


パーソナルトレーニング  ≫姿勢、こり、腰痛 

柔軟、トレーニング教室

メルマガ登録で、講習優待や限定動画ほか♪
メルマガ登録 

ページ先頭に▲