ドラム、打楽器を叩きやすい姿勢

叩きやすい座り方

腕や脚が動きやすいように、上体のバランスをとって座り、背中に余計な緊張がないように座ります。

肩甲骨と足の付け根が動きやすいと、腕や脚を動かすのに抵抗が少なくなります。

かたい人は、体幹や足首のストレッチをお勧めします。 

 

顎を少し引いて、腿の動きを邪魔しない程度に浅く座ります。

下腹のビキニ三角形と後ろの仙骨(お尻の割れ目の上の広い骨)を意識するといいです。

上半身がリラックスして背中に張りがないと、腕と脚が動きやすい状態です。

 

重心を下げて腰を据えて座ることで、体が安定しやすくなります。

読むだけではわかりにくいですが、座る部分で体重を支えられると、上半身や脚が動きやすくなります。

背中がリラックスして余計な緊張がなく、上体をひねりやすく、肩甲骨や腕が動きやすいです。

 

ガニ股、内股の人は、座ったら足をリラックスしてペダルに置き直すと、余計な力が抜け動きやすくなります。

「ドラムの座り方で体の軸や重心とは?」

「楽器の椅子に安定する座り方ー腕が動きやすくなるコツ」

ドラムで動きやすい腕、足

叩きやすい腕

肩甲骨が動きやすいと、腕が動きやすくスピードが出ます。 

胸や背中がかたかったり猫背だと、腕が動きにくい状態で、力んで動いていても本人は自覚がありません。

スティックなどを握らず力で動かさず、手首と手が柔軟なままだと、俊敏な動きや手の細かい操作ができます。

ペダルを踏みやすい足

太ももの付け根から脚全体が上下して、足底がペダルを踏んだ感覚を利用して動きます。

ペダルの操作は主にひざ下の筋肉の収縮弛緩によりますが、腿の付け根や膝関節での動きが小さくても、脚の全ての関節が動きやすいことは大切です。

太ももが動きやすいことと、足首足指が柔軟でペダルの反力を利用して動くと、反復しやすいです。

 

足の裏全体でペダルを踏むより、くるぶしより前で踏むようにすると、足首の動きに抵抗が無くなります。

かかとから人差し指がまっすぐになるように置くと、筋肉の動きに抵抗がなく動きやすいです。

(ガニ股だと余計な力が入ります)

 

足首の屈伸運動をしておくと、動きやすくなります。

「ペダルは筋トレよりもストレッチで、バスドラムを踏みやすく」

「ドラムは足の向きで変わるーバスを踏める筋トレと座り方」 

「バスドラムを踏みやすくなる解剖学とコツ」

ドラムを叩きやすい体

叩きやすい体

ドラムや打楽器を叩くのに、体で大切なことは、かたくないことです。

一つ目の理由として、腕や足の動きやすさは、付け根の体幹に左右されます。

腕を動かすのに、背中がかたいと左右の反対側を叩きにくく、肩甲骨が動きにくく腕の動きが悪いです。

背中がかたいと腰がかたく、足を動かしにくいです。

かたいと、腕や足を余計な力で動かしてしまいます。

 

二つ目の理由は、座った体が安定しやすくなります。

安定がよくないと、ドラムで手足を動かすのに余計な力を使います。

 

人はかたさに気づきません。

痛い、痒い、暑い、冷たいなどは危険なサインとして感じますが、かたいことに気づかずに同じ姿勢のままいたり、長期間でかたくなります。

年齢とともにだんだんとかたくなり、40代に顕著になります。

力んだり、余計な力を使っていることも自覚できずに、痛みに気づきます。

筋トレ

動きにくいと「力が足らない、筋力をつけよう」と考えがちです。

演奏での動きやすさは、ベンチプレスを動かすような、大きな力ではありません。

 

すでに身につけた動きを、神経系の命令や調節で、たくさんの筋肉をコントロールして自動でパーツを動かします。

どこかが滑らかな動きを邪魔していると、動きにくくなります。

 

初心者でまだ動きが身についていないと、力が入りやすいのは普通です。

40前後から、かたさが増して動きにくさが増すと、気づかないうちに力んで疲れやすく、痛めやすいです。

力まず動ける方が、俊敏で、柔軟な手や足元で衝撃も受けず、疲労や故障を遠ざけます。

「ダイナミクスのヒント、大きいドラマーの音が大きいわけ」

「ドラムのための筋肉学ー自分を支える力、インナーマッスル」

「ドラムで腕や足が疲れない筋肉学」

「演奏で動くメカニズムー筋トレがドラムに効果あるか?」

ストレッチ

叩く前に適切にウォーミングアップすると、筋肉が伸び縮みしやすくなって、動きやすくなります。

スティックを持ってストレッチをすると、手の力で腕や肩がかたくなります。

スティック持たずに肩のストレッチをすると、背中の筋肉がよく動いてほぐれ、肩甲骨と腕が動きやすくなります。

 

足首をしっかり屈伸しておくと、ペダルで反復しやすくなります。

手の小さな筋肉は、引っ張って伸ばしてしまうと収縮しにくく、脱力してしまいます。

「演奏前にストレッチするほどいいか?ー演奏に必要な柔軟さとは」

音楽家の運動ー演奏前のストレッチ

体力

・体力;発汗によるNa、水分不足に注意、栄養のある食事、睡眠

・つらないために;前日の飲酒を控える、CaやMgなどミネラルを含む野菜や大豆製品を摂る

・疲労回復;クールダウンのストレッチ、耳を休める、アルコールは睡眠を浅くするのでほどほどに

ドラマーに多い痛み

腰痛

体幹のかたさやよくない姿勢だと、腰に負担がかかります。

骨盤から背中の筋肉が伸びやかに動けることや、足を動かせることが大切です。

重い物の運搬も、腰痛を起こしやすいです。

姿勢、こりや腰痛改善 

足の疲れ

足を無理に動かそうと力むと、 力が入らなくてもいい筋まで収縮しかたくなります(同時収縮)。

膝下に力を入れ足首を固めたまま踏むと、 筋は伸縮しにくく動きがかたく、筋肉痛になります。

降りたペダルをさらに力で踏むと、腕相撲のように動かないまま筋を強く収縮させとても疲労します(等張性収縮)。

演奏に慣れないうちは、力が入りがちです。 

ガニ股

ガニ股、内股は脚の筋肉の動きが悪く、筋肉や関節へ負担がかかります。

ペダルに置くとき、膝の中央と足首の中央を真っ直ぐにします。

《ガニ股を直すエクササイズ》
ちなみにX脚の解消法も同じ。

 

親指、肘の痛み、腱鞘炎

手の筋が、肘関節から指についているので、 手に負担がかかると肘を痛めます(テニス肘)。

親指に力を入れて道具を持つと、親指の付け根(腱鞘炎)や肘を痛めます。 

 

小指側からスティックを持つように手を持っていくと、強い力が入らず、手首や腕が動きやすくなります。

親指に力を入れないと、手や手首が柔軟で衝撃も吸収するので、腕を痛めません。

音楽で多い体の不調 2,肘・腕   

肩、腕の痛み

手に力を入れて動かすと、腕や肩を痛めます。

手は大きな力が入りますが、力を入れて動かすと手首や腕がかたく、腕や肩に疲労や痛みを起こします。

 

背中がかたい人は、肩(肩甲骨から腕)の動きが悪く、力んで衝撃も受け腕や肩を痛めます。

ドラム演奏では、筋力アップより関節全部が屈伸しやすいほうが、俊敏で、望ましいです。

 

40前後から四十肩、五十肩のリスクが上がり、凍結肩と言って痛みがひどく動かせなくなります。

ドラマーでなくても起こしますが、半数は打ったり重いものを背負うなどのきっかけで起こします。

腕が動かせないので、日常生活に支障をきたしますが、時間が経つと寛解します。

音楽で多い体の不調、首、肩

動画と関連記事

《ドラムで踏みやすい座り方と脚の動きについて》

《椅子の座り方》

 

《肩のウォーミングアップ》

柔軟にした後、腕を真横より少し前で脇の下にイチゴのヘタの付いていないほうを挟むぐらいあけて見てください。

肩甲骨周りに抵抗がない状態がわかります。

 

≫ Drums&Percussion記事

パーソナルトレーニング

柔軟、コアトレーニング教室

メルマガ登録で、講習優待や限定動画ほか♪

メルマガ登録 

 

ページ先頭に▲