ドラム、打楽器での姿勢、座り方

体幹が柔軟で、バランスがとれた姿勢だと、 腕、脚が動きやすいです。

椅子には、肩幅に足を開いて立ち、そこから ちょっと腰掛けるように座るのがおすすめです。

背中の筋に余計な緊張がなくなり、腕や脚を動かすのに抵抗がなくなります。

猫背のように背中が引っ張られていると、 肩甲骨の動きが悪く、腕の動きに損です。

バランスが悪く腰を据えていないと、脚の動きに余計な力を使って、腰を痛めます。

肩や腰など背中がかたいと、腕や肩、腰に疲労や痛みを起こしやすくなります。

椅子の高さは、膝、腿の付け根とも90°くらい、ペダルを踏み離ししやすいように合わせるといいです。

「ドラムの座り方で体の軸や重心とは?」

「パーツが動きやすく演奏しやすくなる!体を安定させるコツ」 

 

ドラムでの動きと筋力、ペダルを踏みやすい足

動きは、体の方から末端に向かいます(運動連鎖)。 

投球のように、体から手先へ動きが連なることで、先端にスピードが出たり、先で細やかな操作ができます。

腕は肩甲骨から連動して動き、脚も骨盤や背骨から大腿骨へ筋肉がつくので、体幹の中から腕や脚が動きやすいことが大切です。

演奏は、手や足が物に触れて操作することの繰り返しです。

末端に力を入れると、体から伝わる動きが生かされず、関節がかたく疲れます。

手首のしなりや足元の柔軟さがなくなり、道具のスピードを殺しダイナミクスを出せません。

手足が動きやすいためには、単純に関節全部が柔軟に屈伸しやすいことです。

腕や腿の付け根から動きやすく、手足の先まで屈伸しやすいと俊敏に反復しやすくなります。

筋トレでできた筋は、かたくすばやく収縮しません

重い過重を動かせても、俊敏に収縮弛緩せずスピードはなく反復しにくくなります。

筋力をつけると力が出る感覚がありますが、体から末端へ連なる動きを邪魔します。

力を出せるよりも余計な力が入らない方が、スピーディに動けて道具のスピードも出、衝撃も受けず疲労を遠ざけます。

 

ペダルを踏む足の動き

腿の付け根から脚が上下して、足首、足指が柔軟に屈伸、ペダルを踏み離しします。

足の底は、踏んだ感覚、ペダルの反力、反作用を利用して動きます。

膝下、足元が力まないと、筋肉が収縮弛緩しやすく反復しやすく疲れません。

「ペダルは足の裏から踏みやすくなる」
 

ドラマーに多い腕、親指、肩の痛み、腰痛、足の疲れ

腰痛

体のかたさや腿の付け根が動きにくいと、腰に負担がかかります。

柔軟な体幹と脚を動かしやすい座りが大事です。

重い物の運搬も、腰痛を起こしやすいです。

姿勢、こりや腰痛改善

足の疲れ

足を無理に動かそうと力むと、 力が入らなくてもいい筋まで収縮します(同時収縮)。

膝下に力を入れ足首を固めたまま踏むと、 筋は伸縮しにくく動きがかたく、筋肉痛になります。

降りたペダルをさらに力で踏むと、腕相撲のように動かないまま筋を強く収縮させ、とても疲労しやすいです(等張性収縮)。

足首から先が柔軟に働くことで、脚全体が動きやすくなります。

足首、足指が屈伸しやすいと、反復しやすく疲労を減らします。

演奏に慣れないうちは、力が入りがちです。

膝の痛み、ガニ股

ガニ股は脚の動きが悪く、筋肉や関節への負担が大きく、腰や膝に痛みを起こしやすくなります。

足首、膝、股関節が真っ直ぐだと、動きやすくなります。

「ドラムは座り方で叩きやさすさ、踏みやすさが変わる」

◆親指、肘の痛み

手の筋が、肘関節から指についているので、 手に負担がかかると肘を痛めます(テニス肘)。

親指に力を入れて道具を持つと、親指の付け根(腱鞘炎)や肘を痛めます

小指側からスティックを持つように手を持っていくと、余計な力が入らず、手首や腕が動きやすくなります。

親指に力を入れないと、手や手首が柔軟で衝撃も吸収して腕を痛めません。

音楽で多い体の不調 2,肘・腕 

◆肩、腕の痛み

手に力を入れて動かすと腕や肩を痛めます。

手は大きな力が入りますが、小さな力で手腕が動きやすくなります。

手に力を入れたまま動かすことは腕や肩に負担をかけ、疲労や痛みを起こします。

また、背中などかたい人は、肩甲骨の動きが悪いと腕の動きが悪く、力んで衝撃も受け腕や肩を痛めます。

40前後から四十肩、五十肩のリスクが上がり、凍結肩と言って痛みがひどく動かせなくなります。

ドラマーでなくても起こしますが、半数は打ったり、重いものを背負うなどきっかけで起こします。

腕が動かせないので、日常生活に支障をきたしますが時間が経つと寛解します。

音楽で多い体の不調、首、肩

◆持久力

・体力;発汗によるNa、水分不足に注意
・つらないために;前日の飲酒を控える、CaやMgなどミネラルを含む野菜や大豆製品を摂る
・疲労回復;クールダウンのストレッチ、耳を休める、適切な食事、睡眠
アルコールは睡眠を浅くするのでほどほどに

パーソナルトレーニング

動画と関連記事

【ドラムで踏みやすい座り方と脚の動きについて】

【椅子の座り方】

 

 

≫ Drums&Percussion

 トレーニング例 ≫ 姿勢



メルマガ登録
            

ご質問ご相談は ≫お問い合わせ 
またはメール info☆music-body.com
(☆を@に変えてお送りください)

 

ミュージシャンボディトレーナー進藤浩子

健やかに奏でたり、音楽を聴いて力をもらったり、音楽を通して幸せに生きることに貢献します。

就学前よりバイオリン、小2よりピアノ、小4よりトランペット、高校でアコースティックギター歴。 

医療系の大学卒業後長年医療に従事したのち、音楽家に体の指導やケアを行っています。

趣味は、クラッシックバレエとライブに行くこと♪

ページトップへ戻る▲