わかりやすい呼吸のしくみ

呼吸は、肺に空気が出入りしますね。

肺の周りの胸郭(肋骨と背骨)や底にある横隔膜が動いて、容積が変わります。

息を吸うときは、横隔膜が下がって平らになり、胸郭が前上方にふくらんで容積が増し空気が入ります(図左Inspiration)。

吐くときは、横隔膜が胸郭内に上がり肋骨が下がり、胸郭の容積が小さくなって空気が出ます(図右Expretion)。

 

たっぷり呼吸できると、歌や管楽器の技術の幅を広げます。 

歌、吹奏楽で呼吸しやすい

呼吸しやすい姿勢、立ち方、座り方

両足をほぼ腰幅に開いて、かかとから人差し指を結ぶラインを左右平行にします。

足が外向きで立つのと比べて、足、背中の緊張がなくなります。

(ばんざいをしてみて、背中の張りが減り腕が上がりやすいのを確かめられます。筋肉が多い人は顕著に差が出ます。)

 

足が外向きで立つと、足や背中に力が入り呼吸に不利で腹圧を上げられません。

リラックスして立つと体幹のアウターマッスルが緊張せず、体を支える深層筋が働きやすくなります。

靴や立ち方で、息しやすさは変わります。

《呼吸しやすい姿勢、立ち方、座り方》

呼吸しやすい体

たくさんの息や発声しやすいのは、ふくらみやすい体幹や、空気が通りやすい気管、首です。

鳥かごのような胸郭が前後左右にふくらみやすく横隔膜が下がりやすいように、お腹や胸、背中がかたくないことが大切です

首がリラックスしてかたくないと、息が通りやすくのど、鼻腔などの振動を邪魔しません

 

歌ったり管楽器で吹くとき、息をコントロールしているのはお腹です。

よりたくさん吐くには、腹部の筋が収縮して腹腔内圧によって横隔膜を押し上げたり、肋間筋だけでなく背中や腰の筋が収縮して胸郭を絞めるのを助けます。 

背中がかたくなく使えると、腰痛を起こしません。

「歌や吹奏楽では腹式呼吸で音が出やすくなる」 

息しにくくなるのは

■ 猫背、腕で脇を絞める
■ 顎を突き出す
■ 首がかたい、肩が力む

■ 背中がかたい→腰痛を起こしやすい
■ X脚やO脚→姿勢もよくない

■ 食べ過ぎ、飲み過ぎ
■ 手が力む→顔、口まで力が入る
マイクはグーに握らず、指先で持つか人差し指を伸ばす

ストレッチ、トレーニングのコツ

□ 首、肩のストレッチー気管や頚椎を折らず、周りをゆっくり伸ばしてかたさをとります。

□ 胸、背中ー動きにくい肋骨を腕を使ってストレッチ、肋骨や背骨同士の間を開きます。

力を入れたり早くやらない。大きな角度や回数やるよりも、背骨を伸ばして確実にストレッチを。

□ 楽器や発声練習で最後まで息を吐いたり、深層筋を鍛えるトレーニングで吐き切ることでインナーマッスルが鍛えられ呼気が続きます。

□ 腹筋、背筋の一般的な筋トレは、腹壁や筋肉をかたくするのでおすすめしません 

《歌、吹奏楽での上半身のウォーミングアップ 》

歌いやすくなるコツとケア

「歌うための発声のしくみ」

「ハミングでの発声練習」

「滑舌よく発声しやすくなるーあめんぼの歌」

「ライブで声が不調なとき体と喉のケア」

「プロの声の障害〜メカニズムと治療法」

「歌や吹奏楽では腹式呼吸で音が出やすくなる」

「英語の発音をよくすると、歌が上手くなる」

管楽器で運指しにくい手

指が自然に丸まらず、指が伸びて手がパッと開いたり指関節がへこんだりします。

・手首がひどく折れている
・親指側を伸ばしている→他の指がバタつく
・親指に力が入っている
・力んで息を出すことで手にも力が入る

関連ページ、記事

パーソナルトレーニング 

≫ 呼吸 ≫  ≫ 管楽器

メルマガ登録 

 

ページ先頭に▲