歌や演奏しやすい体とは

歌や演奏しやすいためには、かたくない体で、パーツが動きやすい状態です。

歌や演奏しやすい体とは、筋力があることでも大きな関節可動域があることでもありません。

演奏では身につけた動き、神経回路で、手足の屈伸など体の構造を活かして動きます。

 

弾きにくいと自分でも気づかないうちに力み、手や手首がかたくなって細かい操作をしにくくなります。

人は自分のかたさを自覚せず、動きにくさを「力不足、力が必要」と考えがちで

身につけた動きが、本人には普通に思えるので、力みに気づけず疲れます。 

 

演奏は、手や足が物に触れて操作することの繰り返しです。

筋力よりも、単純に関節が屈伸しやすいと、指や腕は動きやすくなります。

 

動きは、体の方から末端に向かいます(運動連鎖)。 

投球のように体側から手先へ動きが連なり、手先で細やかなコントロールをします。

かたくなく体幹から腕や脚が動きやすく、末端を軽く動かせる方が、効率的で疲労を遠ざけます。 

 

思うようにパーツが動きやすい状態、筋肉の収縮弛緩を邪魔しない体や奏法が望ましいです。

猫背など、よくない姿勢やガニ股、内股だと背中が張り、肩や足の付け根が動きにくい状態です。

姿勢が良くてもかたいと腕や足を動かすのに不利で、肩こりや腰痛を起こします。

演奏で動くメカニズム

私たちが動けるのは、重力による運動エネルギー神経系によるコントロールのおかげです。 

動きのもと

私たちが動くもとになっているのは、重さで、地球から引っ張られる重力があるから動けます。

筋力だけでなく進行方向に動いたり、関節で切り返して反復したり、運動エネルギーと体の動きやすい造りで効率よく動きます。

重力ゆえの運動エネルギー、重力と書いて「動」きます。

 

体や重い頭を適切に支えていないと、自らの重みで姿勢が悪くなったり、足腰や肩に負担がかかります。

体幹の深層筋で適切に支えたり、重力に抗って動ける体幹の強さや柔軟さが必要です。 

演奏の動きのコントロール

演奏で手足を動かしてるのは神経系で、身につけた神経回路を元に、自動でコントロールして手足を動かします

脳や脊椎(背骨の中にある神経)から動く命令が神経を伝って、筋肉を動かします。

筋肉や関節にある動きのセンサーや楽器に当たった感触を、 脳や脊椎にフィードバックしながら動きをコントロールします(神経筋制御)。

 

奏法の身につけ方や、手に力を入れず屈伸しやすく、かたくない体であることは大事です。

力まないることで、いい神経系で動きやすさを保って演奏できます。

「演奏で動くメカニズムー筋トレが演奏に効果あるか?」

体とテンポ

振り子のように、重さがあって動きやすい状態は、反復運動でテンポをキープします。

体も重さがあるから動けて、関節や道具は反復します。

力まないと、筋肉が収縮弛緩しやすく反復しやすいです。

 

テンポにのって軽く頭や手、足を動かして、拍を体に溶け込ませましょう。

クリックの一定の枠に音をあてはめるのではなく、自分のテンポ感(音楽と動き)で音を出します。

テンポが正確でノっていれば、グルーヴ、ズレます。

体から出るリズムは曲の中で生き生きします。

歌や演奏前のストレッチ 

ウォーミングアップをする理由

走ったり運動する前にウォーミングアップをしておくと、動きやすくなりますね。

歌や演奏前にも軽く体を動かしておくことで、楽器に構えやすく手足の動きの抵抗が減り、呼吸しやすくなります。

人は自分のかたさを自覚しません

痛い、痒い、暑い、寒いというサインは気付きますが、動きにくさに気付かずそのまま歌や演奏してしまいます。

 

筋や関節は、動かないでいるとかたくなる性質があります(固化)。

軽く動かすと、筋が収縮しやすく関節内が滑りやすくなります(軟化)。

静置すると、またかたくなります(揺変性、再凝固現象)。

 

長時間、同じ姿勢でいると、動かない部分はかたくなり、楽器の負担も局所にかかります。

一時間に一回は楽器から離れ、体を動かして肩こりなど予防を。

緊張する場面や寒い季節は、体や手がかたくなるので、歌や演奏前に動かしたり温めたりしましょう。 

ウォーミングアップの方法

首、体幹、腕、脚の付け根を、力を使わず立体的に無理のない速度、角度で動かします。

足首を回したり、肘から先、手は軽くほぐします。

筋肉が収縮しやすく関節がなめらかに動けるようにして、動きが適切に伝わるようにします。 

 

よくやられている手首や指を引っ張って伸ばすストレッチは、伸びて気持ちがよくても動きがよくなるとは限りません。

過度に引っ張って、筋が伸びて収縮しにくくなったり、偏った方向に引っ張ることで不均衡な動きをさせてしまいます。

《演奏前によくやられている手首、指、腕のストレッチ効果は?》

ただし、クラッシックのピアニストで、力が入らないようにわざとしている方はいらっしゃいます。 

音楽家向けの運動

音楽家におすすめの運動は、体重を活かして動くもの、呼吸を伴うもので手首や肩に負担のないものです。

太極拳、ダンス、ピラティス、ジョギングなど荷重をかけず、体を支えて手足を動かす運動が望ましいです。

 

体がかたいと腕や足の付け根の動きが悪く、手足が動きにくい状態です。

楽器の重みの負担や運搬の負担、加齢で柔軟さが落ちると、肩こり、腰痛を起こしやすく呼吸もしにくくなります。

肩こりや腰痛を遠ざけるために、重力に抗って動ける体幹の可動性が必要です。

 

私たちは、動けるということを、力や関節可動域が大きいことと考えがちです。

筋トレでできた筋はかたく重い過重を動かせても、素早く収縮する俊敏性はなくなります。

角度が大きな柔軟性よりも、動けるためには、筋肉がキチンと伸び縮みして屈伸したり体が動けることの方が大事です。

「演奏のために筋トレしたらダメな訳、イチロー選手に学ぶ」 

歌や演奏しやすくなる柔軟とトレーニング教室


メルマガ登録 

ページ先頭に▲