歌や演奏での緊張、あがり対策

本番前、緊張したら 心と体はつながっているので、心の状態は体に出ます。 楽しければ笑顔で飛び跳ね、怖ければ体がすくみます。 だから感情的なものを、体を使って音楽で表現できます...

詳しくはこちら

音楽家の運動、動き、練習

音楽家向けの運動、トレーニング 音楽家におすすめの運動は、体重を活かして動くもの、呼吸を伴うもので手首や肩に負担のないものです。 太極拳、ダンス、ピラティス、ジョギングなど、ア...

詳しくはこちら

音楽家のための食生活、本番や遠征

かんたんな栄養の知識 体は食べたものからできています。 食べたものの栄養素で、皮膚や骨を再生したり、動いたり考えたりするのにエネルギーを使います。 エネルギーだけでなく、潤...

詳しくはこちら

音楽環境や日常での注意点

身体的、精神的疲労を減らすために環境を整えます。 日常の中で、体にかかる負担を音楽活動への影響を最小限に食い止めるよう、配慮も必要です。 音楽をする環境 ◆譜面台 楽譜は体...

詳しくはこちら

音楽家におすすめの本

奏法に関する本 ◆『自分の音で奏でよう! ~ベルリン・フィルのホルン奏者が語る異端のアンチ・メソッド演奏論~』 ファーガス・マクウィリアム 2016 ヤマハミュージックメディ...

詳しくはこちら

ギター,ベースの姿勢、肩こり、腰痛対策

 肩こり、腰痛の一般的な原因 肩こりや腰痛は、楽器を弾かなくても起こしやすいものです。 ■ 肩こりを起こす要因 ・猫背や下を向いて首肩の後ろ側を引っ張っている ・じっとし...

詳しくはこちら

ドラム&打楽器の姿勢、手足

ドラム、打楽器での姿勢、座り方 体幹が柔軟で、バランスがとれた姿勢だと、 腕、脚が動きやすいです。 椅子には、肩幅に足を開いて立ち、そこから ちょっと腰掛けるように座るのがおす...

詳しくはこちら

ピアノの姿勢、肩こり、腰痛の原因と防ぐ座り方

ピアノの座り方は、手の動きやすさを左右するのでとても大切です。 肩こりになりやすく、気づかないうちに手の動きやすさを邪魔し、上達を妨げます。 長時間動かないでいたり、猫背で背中...

詳しくはこちら

管楽器&歌での体、手

わかりやすい呼吸のしくみ 呼吸は、肺に空気が出入りしますね。 肺の周りの胸郭(肋骨と背骨)や、底にある横隔膜が動くことで、肺に空気が出入りします。 息を吐くときは、主に横隔膜...

詳しくはこちら

バイオリン、コントラバスなど弦楽器を弾きやすい姿勢、手

バイオリン、弦楽器を弾きやすい姿勢、持ち方 腕や手を動かしやすいために、緊張のない背中で肩甲骨が動きやすい姿勢が望ましいです。 ◆腕が動きやすい座り方 椅子に座るときに、左右...

詳しくはこちら

ギター、ベースを弾きやすい手

「弾きやすくなるエレキギター講習会」6/25 ギター、ベースで手指が動きにくい状況 以下の状況だと弾きにくい、薬指小指が動きにくい、腕が疲れるなどします。 □ ネックの手首が...

詳しくはこちら