歌や演奏しやすい体に

 

超簡単な柔軟

呼吸しながらトレーニング

※現在募集を中止しています。

歌や演奏での動きやすさは、筋力アップや角度をがんばるストレッチではありません。

その場でパーツを使いやすい体を目指して、簡単な動きでかたさを無くしたり、動きにくさを解消します。

 □肩こり
 □腰痛
 □姿勢よく
 □呼吸しやすく
 □手足を動きやすく
 □緊張しやすい
 □疲れやすく整体にかかりっきり

《超簡単な柔軟クラス》

きついストレッチではなく、とても簡単な柔軟体操や単純な屈伸運動です。

動きにくい胸郭、背、肩を簡単な動きでほぐし、かたさをなくしリラックスさせます。

足の簡単な動きで筋肉を伸び縮みしやすく、動きやすくなります。

ピアノ、ギター、ベース、弦楽器の方におすすめです。 

 

《呼吸しながらトレーニングクラス》

頑張る運動ではなく、呼吸しながら気持ちよくストレッチしたり、お腹のインナーマッスルを鍛えます。

体幹の筋肉を強くかつ柔軟に動かせて、安定した姿勢から手足を動きやすくします。

ドラム、歌や吹奏楽、姿勢のよくない方におすすめです。 

 これらの運動のメリット

簡単でいつでもできる

寝っ転がってやったり立ったままできるもので、スポーツ施設に通わずいつでもできます。

きつく難しいもの、時間がかかるものは続きませんが、簡単で少しで効果が高いエクササイズです。 

こりや腰痛、疲労を減らし、無理なく柔軟になって、日常での運動効率が上がります。 

 

歌や演奏しやすくなる

自分では気づかない動きにくさ、かたさを取り除いて、力みにくくなります。

体側から末端にかけて動かすことで骨盤、脊椎や肩甲骨など骨格の連なりを適切にし、柔軟になります。

体幹のインナーマッスルを鍛えて、姿勢に無理がなく呼吸しやすくなります。

強くかつ柔軟に体を支えられることで、手足が動きやすく背中や腰の負担が減ります。

整体に行って一時的に解消するより、自分で動きやすくなれる方が歌や演奏のパフォーマンスをあげます。  

 

心身のリラックスと健康

呼吸しながら集中して行うのでストレスが減り、心身ともリラックスします。

緊張するシーンでもコントロールしやすくなります。 

呼吸をたくさんすることで、心肺機能を活発にし、全身の循環をよくします。

講習案内

  柔軟クラス トレーニングクラス
平日

10/10(火)17:30〜18:30 終了

 

休日

10/7(土)11:00〜12:00 終了

 

参加費    
定員 6名  6名

 

・単発可、平日休日混合可
・どちらのクラスを先に受けても可

希望者には、終了後20分の個人相談承ります(要予約)

場所 ※笹塚改め大久保
大久保 新宿BMTスタジオA
新宿区北新宿1-13-19 弘林ビルB1F 
JR中央線 大久保駅 北口 徒歩4分 ピアノあり

参加者のご感想 

永井様 30代 歌
 
緊張等のストレスが原因で痙攣性発声障害になり、大好きな歌を上手く歌えずに悩んでいました。
 
そんな時、偶然見つけた先生のレッスンは、自分を大切にできる癒やしの時間になりました。
 
難しいことは分かりませんが、自分のペースでゆっくりと気持ち良くストレッチをして、少しずつ少しずつ身体が自由になっていくのを感じました。
 
それと同時に、ガチガチに固まっていた頭もほぐれ、ふわっと軽くなりました。
 
レッスン後には相談のお時間もいただき、プライベートの悩みやら何やら、色々と話を聞いていただきました。
 
いつも「○○しなければ!」と無意識に思って自分を責めてしまう癖がありますが、先生の優しくて少し天然?な可愛らしいお人柄のお陰で、自分を素直に認めて「好きなことをしていいんだ!」と思い、ほっこりして元気になれました。
 
どうもありがとうございました。
S様 打楽器、歌

最初のレッスンから2週間が過ぎて、体感している効果は3点です。

右肩の痛みや違和感をラクにするストレッチができるようになった
・ちょっとした隙間時間にストレッチや呼吸、姿勢を意識するようになり、リラックスしやすくなった
・歌う時に、口の開け方と発声に注意するようになった

翌日にレッスン内容を振り返りができるように、メールで補足説明をしていただけたのがとても良かったです。

色々と勉強になりました。ありがとうございます。

S.K様 40代 ジャズピアノ

やっているときは、ゆるやかな体操だったので効果が分からなかったのですが、家に帰ってから、効き目があったことを実感しております。

教えていただいたストレッチなどは、どれも簡単に手軽に毎日家で継続できるものばかりでした。

姿勢もよくなり肩も軽くなりました。

R.K様 40代 箏講師

始めに「卓球ラリーを」と言われた時には一体何をどうししてよいやら全くわかりませんでしたが、最後に同じ動作をした時に、その意味がわかりました。

身体の動きが軽く感じられました。

身体を緩める、というとついついストレッチのような動きを想像してしまうのですが、
動かさない=固くなる、
動かす=緩むということで、わざわざ引っ張って伸ばすまでの必要はないということなのですね

教えていただいた動作を、楽器を弾く時だけでなく、日常生活の中に取り入れてこまめに「動かす」という
動作を増やしてみようと思います。

お申し込み

プライバシーポリシーキャンセルポリシーご確認、ご了承の上、記入し送信してください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

参加ご希望日

年齢、楽器、お体で気になっていること等ご記入ください

ページトップへ戻る▲