はじめまして。

ミュージシャンボディトレーナーの進藤浩子です。

19年間医療に携わった後、2011年から音楽家の方に身体指導やケアを行っています。

就学前よりバイオリン、小2よりピアノ、小4よりトランペット、高校でアコースティックギターをやっていました。

20151217_shindou086_edited

体や動きをコントロールしづらい、実力を十分発揮できない音楽家の方が、奏でやすくなるようお手伝いをしています。

体育的な指導やただ動き方の指導でなく、感覚や心理面といった“動きを身につける要素”を大事にしています。

あがりなど心理的な症状、原因や対処がわからない問題に対して、アドバイスするような解決でなく、本人による根本的な改善を目指します。

 

心技体、トータルで改善、向上して、奏でることを楽しんで、より活躍していただきたいです。

独自の能力を発揮して夢を追い続けられるよう、音楽家の方を支援してまいります。

 

音楽家専門パーソナルトレーナーになったきっかけ

交通事故をきっかけに19年やっていた歯科医を辞めた後、アロマの学校に通ったり自分が本当にやりたいことを模索していました。

広島で育ち40を過ぎ、何か平和につながることに携わりたいという思いもありました。

そんなある時、日本人初のブロードウェイダンサーの記事を読みました。 

9.11のテロ直後、救護したくてもできない。

そんな中、歌ったり踊ったりしていいのか。

ステージのあとで、48時間救援活動のあとに立ち見をしたお客さんが手紙をくれました。

「この2時間、今NYで起きていることを 忘れることができました。ありがとう」

ステージに立ってよかったと思えて、涙が出ました。 

ステージは、人々に歓びや感動を与えます。

音楽家やステージに立つ方々に元気に活躍して欲しいと思いました。

 

私自身子供の頃からずっと音楽が好きで、コンサートやライブへ行くことが大好きです。

多くの人に力を与える音楽家に元気に活躍して欲しい、痛みなく奏でられるよう力になりたいと思いました。

 

音楽は聴く人を楽しませ、希望や癒しとなって活力を与え人生を潤します。

奏でる人から思いを人に伝え、共感し分かち合います。

文化、芸術は、言葉や人種の壁を越えて人々をつなぎ、子供達を育み社会を豊かにし、豊かな未来を創造します。

 

動きやすさを教えてくれた故障とバレエ

テーピングやアロマセラピーなど療法の資格を取り、

野口体操、アレクサンダーテクニーク、フェルデンクライスなどの身体技法などの教室にたくさん参加しました。

自身、頸椎の故障や両肩の故障で腕が動かせなくなったり、足の怪我からひどい腰痛を抱え歩くことも辛く、自信を失くしたこともあります

 

アラフィフになって趣味のクラッシックバレエを再開し、

いくらストレッチを頑張っても昔の動きやすさは戻りませんでしたが、意外に簡単な方法で動きやすくなったのです。

 

また、ふとしたきっかけでPTSDを発症し、心理学や最新の脳神経学、精神科も学びました。

自分でもわからなかったトラウマを解放した経験から、脳への対処が劇的に有効なことがわかりました。

これらの経験があったからこそ、ご本人が自分で頭や体を駆使して取り組んでいただく力添えができます。

 

音楽家の方が、ご自分の望ましい方に能力を伸ばし、奏でる喜びで満ちた人生を楽しめるよう支援して参ります。

 

広島出身
日本キネシオテーピング協会認定トレーナー
パーソナルトレーナーNESTA認定
アロマセラピスト英国IFPA認定 

幼少期〜成人まで「私の子供時代」

 

💌メール講座 音楽家のためのメンタル講座

📩「音楽家のための腰痛、肩こりメール講座」

パーソナルトレーニング

ページ先頭に▲