ミッション

自分の好きな音楽を奏でることは、生きている喜びを体で感じられることです。

自分の体で音楽を楽しむことで、自分らしい音楽、自分らしい人生は磨かれます。

健やかに奏でたり、音楽を聴いて力をもらったり、音楽を通して幸せに生きることに貢献します。20151217_shindou086_edited

プロフィール 

就学前よりバイオリン、小2よりピアノ、小4よりトランペット、高校でアコースティックギター歴。 

医療系の大学卒業後、長年医療に従事したのち、音楽家に体の指導やケアを行っている。

医療、スポーツ、舞踊、療法や身体技法など、 垣根を越えて動きやすさを追求。

感情的なものを体を通して音楽で表現するまで、 運動生理や心理、物理的な観点などから動きを考察。

演奏での動きを見る目に、右に出るものはいない。 

自身の両肩の故障や、両足の怪我、腰痛を乗り越え、アラフィフにして趣味のクラッシックバレエを再開。

動けなさを痛感した後、動けるようになった経験から筋力や可動域より、屈伸しやすさや練習法を重視する。 

簡単なエクササイズで、動きやすい体幹、手足にし、余計な力みを無くして音楽が溢れ出る体へ導く。 

東京芸大出身演奏家、ジュリアード音楽院プレカレッジ卒業生、バークリー音大出身音楽学校講師を始め、愛好家までパーソナルに指導。 

約半数が音楽学校や楽器教室で教える講師。
「指が軽く動かせるようになった。力が入っていることすらわからなかった。」

「吹きやすくなって音色が変わった。」など指導者やベテランプレイヤーの声。

また“楽屋トレーナー”として小さなライブハウスから日本武道館まで、有名無名問わず楽屋で体ケアにあたる。

のどの不調から外傷まで、ほとんどのミュージシャンにリピートされている。 

日本キネシオテーピング協会認定トレーナー
パーソナルトレーナーNESTA認定
アロマセラピスト英国IFPA認定 
広島出身

 

音楽には力があるから、音楽家を支える

交通事故がきっかけで医療職を辞めた後、自分が本当にやりたいことを模索しつつ、40になって平和につながることに携わりたいという思いもありました。

ある時、日本人初のブロードウェイダンサーの記事を読みました。

9.11のテロ直後、救護したくてもできない。
そんな中歌ったり踊ったりしていいのか。
ステージのあとで、48時間救援活動のあと、立ち見をしたお客さんが手紙をくれました。

「2時間、今NYで起きていることを 忘れることができました。ありがとう」

音楽やステージは、人に力を与えます。
音楽家やステージに立つプレイヤーに、元気に活動してもらいたいと思いました。

音楽は、社会に必ずしも必要なものではないかもしれません。

でも世の中や個人がどんな状況でも、音楽を聴いて楽しくなったり癒されたりすることは必要だと思います。

私自身、ずっと音楽を楽しみ、ライブやコンサートへ行くことが好きです。

体を使って、音楽で表現するまで、どうしたら痛めず表現しやすくなるのだろうか。

アレクサンダーテクニークや野口体操など身体技法の教室、療法系、トレーニング系の講座にたくさん参加しました。

頸椎の故障で手のしびれや腕を重く感じた経験や、両膝の怪我で一歩も歩けなくなったあと、ひどい腰痛にもなりました。

右肩の故障では「痛くなくなるのなら右腕を切り落としてしまいたい」とも思いました。

手を動かせない、歩くことすらまともにできないことは、踊っていた自分にとってみじめで引きこもりました。

そんな中、ある曲を毎晩聴いていたのが唯一の慰めでした。

動けなくなったからこそ痛みや、本当に動けるようになる感覚や方法がわかりました。

ひきこもったからこそ、体を動かせて好きなことをすることは、生きる上で大切と強く思います

音楽を奏でたり聴くことは、自分らしく生きて、人と共感できることだと思います。

痛めることなく、楽しく奏でて欲しい。
一人でも多くの人に音楽を楽しんで欲しいと思います。 

 

幼少期〜成人まで「私の子供時代」
楽屋で見たトレーナー〜今「楽屋トレーナーまでの裏側」


メルマガ登録
            

ご質問ご相談は ≫お問い合わせ 
またはメール info☆music-body.com
(☆を@に変えてお送りください)

友だち追加

ページトップへ戻る▲